« December 2003 | Main | February 2004 »

14 posts from January 2004

Sloth

Slothってバンドをご存知ですか? 最近"Someday"という曲をラジオで耳にするようになって、割と好きかもと思いサイト検索してみました。 サイト内にはいるといきなり音が。 彼らが比較的最近リリースした"Dead Generation"というアルバムの曲がずっと流れています。フル・レングスあり、イントロ少しだけの曲あり。 ずっと聴いていたんですが、幾分やかましめかもしれないけど気に入りました。 私が最初に入るのはまずヴォーカリストの声からなんですけど、このバンドもヴォーカルの人の声がいいと思います。 曲によって微妙に声が違って聴こえるのが面白いです。 "You Can't Look Away"はまるでチャド・クルーガーみたいに聴こえるし、"Broken Crutch"の一番最初のところ(だけ)はほんのちょっぴりレインぽいし。 彼らのニューアルバムも2003年9月リリースで、しかも以前Fuelとツアーを行っていたらしいです。 こういう「一緒にツアーをしてたバンド同士」という縁が最近やたら多いです。どこかでリンクしてます。 聴いてみたい方はこちらに行ってみてね。 "Someday" "Dead Generation" "Broken Crutch" はフルレングスで聴けます。 http://flashtracking.com/sloth/ 髪がドレッドの人が2人いるみたい。なんか不思議な感じ。まぁルックスは関係ないけど。

いろいろ選局

Retro Radio

The Outfield - Your Love
聴いた覚えのある曲。これ、いつかの産業NIGHTでかかりませんでしたか?
The Jam - Town Called Malice
当時ラジオでよく聴いたかな。関係ないけど、昔「JAM」って雑誌もあったぞ。
Paul Young - Come Back And Stay
個人的に好んでは聴かなかったけれど、印象深いですねぇ。
Tears For Fears - Everybody Wants To Rule The World
なんとなく落ち着く曲ですが、どうしてもノエビアとかそっちを思い出しますよう。フレディバージョンの"I Was Born To Love You"とともに。
Duran Duran - Girls On Film
Duran Duranの曲はなんとなく雰囲気が一緒でそれほど魅力を感じなかったんです。だけど、PVを観てからだいぶ印象が変わりました。これ、ちょっとやらしかったですよね(笑)。さすがG&C。
Inxs - What You Need
SAXの使われ方がよいですね。ふと気になってマイケル・ハッチェンスの誕生日を調べたら、1960/1/22生まれでした。生きていれば44歳だったのね。

Dance
操作ミスで突然Dance曲が流れ出して大笑い。でも知ってる曲だったからそのまま聴いています。

KC & The Sunshine Band - Shake Your Booty
雰囲気が"That's The Way"とあんまり変わんないのよね(笑)。
Lips Inc. - Funkytown
不思議No.1ヒット。しかも4週連続。完全なる一発屋でしたね。他に"Rock It"ってシングルも出してましたが。
Miracles - Love Machine
モー娘。の曲とは違います。この時代のソウルって心地よいわ。
Walter Murphy - A Fifth Of Beethoven
前の曲と時代が続いてるんじゃないかー?古いぞ。でも懐かしいぞ。
Kool & The Gang - Celebration
ぜったいリミックスだ。私の知ってる"Celebration"よりドラムがリズミカル&歓声がうるさい(笑)。

Metal Rock
おおーい、GotRadioのサイトを開いただけでプレーヤーには触っていないのに、なんで突然チャンネルまで変わっちゃうのぉ(笑)。でもなりゆきに任せよう。

Dream Theater - The Crimson Sunrise
好きっぽい音だから許してあげよう、と思ったらドリーム・シアターでした。

しばらく聴いてみたけどダメだ?。なんかデスダミ声が多くって(笑)。ちょっとチャンネル変えてみた。

Rockin' 80's

Night Ranger - Don't Tell Me You Love Me
おお、産業ROCKの雄、って勝手に決めてる。
Motley Crue - Dr. Feelgood
彼らも再結成するそうですねー。なんだかんだいって、彼らを見たのはシアター・オブ・ペインの頃、たった1回のみ。
Winger - Headed For A Heartbreak
キップ・ウィンガーは一度観てみたい。オリジナル・メンバーで再結成しない?
Scorpions - Rock You Like A Hurricane
Scorpionsってポップですよね。
Aldo Nova - Fantasy
懐かしい?(笑)。この頃のキーボード&コーラスってみんなこんな感じでしたね。
Winger - Seventeen
「17」とか「16」とか多いですよねタイトルに(笑)。Rock界ってこの年齢好きなの?
Whitesnake - Still Of The Night
こういう盛り上がり方の曲は好きですね。この時既にスーパーバンドだったけど、その後Vaiが加入するとは・・・
ちょっとブルージーな初期Whitesnakeも好きでした。ミッキー・ムーディとバーニー・マースデンの頃ね。

80Sが聴きたい

曲を早送りできるラジオ局でいろいろ聴いています。

A FLOCK OF EIGHTIES
AccuRadioの中の番組の1つ。聴いてみたら(音は悪いけど)懐かしさ満点でした。
Greg Kihn Band の"The Breakup Song"が聴きたい!と思ったのは私だけだろう(笑)。

JOURNEY - WHO'S CRYING NOW
MICHAEL JACKSON - THRILLER
GREG KIHN BAND - JEOPARDY
THE KNACK - MY SHARONA
MADONNA - JUSTIFY MY LOVE
PRETENDERS - MESSAGE OF LOVE

GotRadio's Classic Hits & Retro Radio

Michael McDonald - I Keep Forgettin'
懐かしいー。リアルタイムでしか聴いたことないかも。このアダルトコンテンポラリーな感じがよかった。
Naked Eyes - Always Something There To Remind Me
私は"Promises, Promises"が好きでしたー。全体的に曲は暗めだけどこれは明るめだったっけ。カヴァーだもんね。
Taco - Puttin' On The Ritz
踊るリッツの夜。TacoとGary Newmanの区別がついてないかも。なんとなく似てる気がしません?
Thomas Dolby - She Blinded Me With Science
この人の曲もひとクセあったな。Tom DolbyのクレジットでForeigner 4 にも参加。
Gary Newman - Cars
ううぅ、前の曲を数曲進めてるうちにこの曲まで飛んでしまった・・・聴きたかった。
Spandau Ballet - Gold
どうしてもふんどし姿を思い出すよう。
Devo - Whip It
ムチで叩くPVだったっけ。
David Bowie - Modern Love
"Let's Dance"の頃だったよね、この曲。そういえば昨日BS2でボウイを見ました。
Romeo Void - A Girl In Trouble
この曲、知ってるわけじゃないんだけど、出だしがあまりにも「ワン・ナイト・カーニバル」だったのでつい反応。
The Fixx - Saved By Zero
これも懐かしいです。
Toni Basil - Mickey
こういう曲が1位になっちゃうんだからさすがアメリカ、と思いました。
Duran Duran - Save A Prayer
来日公演で演奏されなかった曲。意外とこの曲のファンは多いのね。
A Flock Of Seagulls - Wishing (If I Had A Photograph)
当時聴いたと思うんだけど忘れてる。私は"I Ran"が好きだったから、それしか覚えてないや。
Romantics - Talking In Your Sleep
この辺の曲は「トロと旅する」でもよく流れます。この人たちと一緒に覚えているのがカッティング・クルー。なんでだ。
Oxo - Whirly Girl
うあー、聴いたことあるこれ。かなり懐かしい。(1983年2月にチャートインしたような曲です。確かジャケットもOXOの字だったような。)
Tears For Fears - Head Over Heals
イントロと歌いだしの音の落差が好きです。
Howard Jones - What Is Love?
この頃、思い切り若かったですね。髪形とか(笑)。
Thompson Twins - Hold Me Now
長いだけのリミックスは許せない(笑)。なのにそれをもってる私って・・・。これは簡潔バージョン。
Cutting Crew - I Just Died In Your Arms
出ましたね、こっちも。
Joan Jett & The Blackhearts - Do Ya Wanna Touch
そういえばこんな曲もあったっけ。ボクシングのグローブで殴るPVじゃなかったっけ?
Frankie Goes To Hollywood - Relax
ちょっと前にCMでも流れてましたね。1980年代前半を象徴してる音。
Men At Work - Overkill
Saxといえばここも思い出す。一時ですけど売れましたよね、彼らも。
A Flock Of Seagulls - I Ran
ちょうどよく出てきました。しかし、ラジオのクレジットに最初の"A"がないのが非常に気になるんですけど。
ABC - The Look Of Love
ああ、大顔連・・・・(意味不明)
The Fixx - One Thing Lead To Another
こっちの曲のが好きでした。
Queen & David Bowie - Under Pressure
この曲、リミックスみたい。何バージョン?知ってるのと違う。
Naked Eyes - Promises, Promises
20年経ってるんだー・・・
Elvis Costello - Veronica
小倉さんが出てくると思っちゃったよ、っていまは違うテーマソングです(同じくElvisだけど)。
Alan Parsons Project - Games People Play
アラン・パーソンズ・プロジェクトとの出会いの曲。

Amy Leeが謝罪

【ちょっと音楽ニュース】

この前、COLDのテリー・バルサモがEVANESCENCEに正式加入したニュースがありましたが、その時ヴォーカルのAmy LeeがCOLDのことを語ったことについて、彼女がCOLDのオフィシャルBBSで謝罪したそうです。
相変わらず今の時間は接続不可能(昼間だけしかアクセスできないのでは?>COLDのサイト)なので、実ログを確認することはできませんが、Amyの発言にはかなりの非難が飛んでいたので、それについての謝罪、と思われます。
記事は以下のとおりです。(英文記事拝借・・・BLABBERMOUTH.NETより)

EVANESCENCE singer Amy Lee has apologized online for disparaging remarks she made about COLD last week, when she revealed that COLD's former guitarist Terry Balsamo had permanently joined her band. Writing to COLD's official message board, Lee said, "Dear COLD fans, I'm sure the last thing you want to hear right now is more of me running my mouth, so I'm going to make this short and simple. It was not my place to make any statements about the status of COLD ? COLD is not my band. I apologize. I've never claimed to be perfect and I'm not too proud to admit when I'm wrong. To the band: Sorry guys, I didn't mean to hurt anything for you. I'm new at this and I still sometimes forget that the world is listening." In a separate posting to the EVANESCENCE forum EvBoard.com, Lee wrote, "In an interview recently I spoke out of turn about the status of COLD. I just wanted to say that really sucked of me. I didn't realize that COLD hadn't made any statements about the future of their band and we don't really know anyway. COLD's fans hate me now. My bad. If you're a COLD fan, I left an official apology at the COLD website. Sometimes you forget you have a microphone in your hand."

RADIO

The EDGE FM.net
RealOnePlayerの起動が遅くてPODのWill Youを聴き損ねた。ちっ。

Linkin Park - Breaking The Habit
聴きやすく、明るめ。いい感じ。
Nonpoint - What A Day
ちょっとうるさいかも・・・
Red Hot Chilli Peppers -The Zephyr Song
これ、普通の曲ですね。ちょっと懐かしい感じ。
Cheville - Redここのヴォーカルもちょっと声が震えてる系です。(Trapt系ね)
Stereomud - Steppin Away
ここもちょっぴり注目しているところです。
Jerry Cantrell - What It Takes
すでに懐かしさを覚えてしまった・・・また聴きたくなりました。

Jerry Cantrell - Dying Inside
ここからちょっとパソで作業中のため聴いてないんですが、Jerryが(連続はしてないけど)複数かかってる。
早く作業終えて聴かなくちゃ(笑)。

・・・聴くのは「プライド」後になりそう。

今朝1:00過ぎのAFN

この時間帯、たしかAlternative Rockを流してくれてる時間だと思ったのですが、Power Rock Todayを聴きつつ興味のない話題の時はチューニングを替えてこちらを聴いていました。 そしたら、Fuelの"Falls On Me"とColdの"Suffocate"とStaindの"How About You"とAlice In Chainsの"Grind"が流れていました。そのほかにも、聴いたことあるけどタイトルとバンド名が浮かんでこない、という曲ばかり。Net Radioで聴いている音楽となんら変わらず、ただタイトル表示してくれないだけ。音に関しては、いちおうステレオのNet Radioのほうがいいかもしれません。ぼーっと聞き流すだけならこっちもいいかな。 たまには聴いてみようと思いました。 今朝、J-WAVEを聴いていたら、"I Was Born To Love You"が流れていました。この曲の間に応募御待ちしています、というクイズだったのですが、そのクイズの商品が「ソラリス」DVD。去年日本で公開された、ソダーバーグ&ジョージ・クルーニーのあれです。ちょうど今、そのDVDをお借りしているのですが、「ソラリス」といえば「惑星ソラリス」につながり、私の好きなタルコフスキーに行き着くのです。クイーンとタルコフスキーでちょっと朝の目覚めがいい(^_^)。 ところで、クイーンの"I Was Born To Love You"とフレディ・マーキュリーの"I Was Born To Love You"のフレディの声は同じものです。味付け&演奏を残る3人が担当し、"Made In Heaven"に収録したのがクイーンバージョンです。「プライド」で流れているのはクイーンバージョンの方です。 かつて「ノエビア」のCMで流れていたのは"Mr. Bad Guy"に入っていたフレディ・マーキュリーバージョンです。 ちょっと前にキリンだかのCMで流れていたのはクイーンバージョンです。 と、しつこく書いちゃいましたが、なんだかそういう「○○バージョン」というのにファンはやたらこだわるようです。 私も同じだったようです(笑)。

On the Net Radio

Gotradio - Rock Room

Adema - Promises
声にいまひとつパンチが足りない(うう、死語くさぃ)ような気もしますけど、メロディアスで聴きやすい曲。

Limp Bizkit - Eat You Alive
このバンドの音を聴いたことがなかったため、最初の印象は(ほんとに最初のとこだけど)「メタリカっぽい」と思ってしまいました。ずっと聴いてると全然そうじゃないんだけど。

Metallica - Enter Sandman
と思っていたら、メタリカが流れた・・・何故私がそんなことを言ったのがわかったの(笑)?

Godsmack - Serenity
アリスチルドレンを全く追っかけてなかった私にとって、去年はじめて聞いたGodsmackのはじめての曲でした。

3 Doors Down - Here Without You
チャートの上位に上り詰めたヒット曲。アコースティックでメロディアスです。(チャートヒットって、そういう曲が多いのよね。)

Hoobastank - Remember Me
はじまりがStaindの曲かと思ったけど違った(笑)。"Out Of Control"っぽい、と思い出したら、それも彼らの曲だった(笑)。それはあたりまえ。

Live - Heaven
実は彼らの曲とは相性が悪いとずっと思っていたのですが、これはすんなり聴けました。声が苦手だなぁ、と思っていても自然と聴けることがあるよね。私の場合、ジョン・ボン・ジョヴィとロビン・ザンダーがこれに当たります。苦手だったのよ。

Ill Nino - How Can I Live
ちょっぴりラテンな雰囲気をもったハードロック(ラウド・ミュージックって言うのか?)で彼らは気に入っています。
アルバム「Confession」聴いてみたいです。ロードランナーのサイトで"This Time's For Real"が聴けます。

Cold - Stupid Girl
COLDの"Year Of The Spider"のシングルカット曲。ビデオクリップもあるけど、彼らは決してルックスはよくないので、そういうのには期待しちゃいけません。

Nickelback - Figured You Out
いままで聴いてきた曲と並べるとラウドじゃないですねー、彼らは。やっぱ、インパクト薄い。

Fuel - Million Miles
最近ここによく名前が出てくるバンド(笑)の、メロディアスな曲。基本的にこういう感じの曲が得意なんでしょうね。

Limp Bizkit - Behind Blue Eyes
お、この曲いいです。ハードな彼らもいいが、こういうアコースティックな感じもいいぞ。
(収録されているアルバムが去年出た"RESULTS MAY VARY"でした。メモメモ(笑)。)

Incubus - Wish You Were Here
やっぱタイトル間違えてたのね(ラジオの方。おかしいと思って確認しました)。

Terry BalsamoがEVANESCENCEのギタリストに

【ちょっと音楽ニュース】

EVANESCENCEのツアーにサポートとして参加していたCOLDのTerry BalsamoがEVANESCENCEの正式なギタリストになったと、ヴォーカルのAmy LeeがUndercover Newsに話したそうです。
Undercover Newsの記事はこちら
MTVのニュースはこちら

それにしても気になるのが、COLDのヴォーカリスト、Scooter Wardについて彼女が語っていること。『彼はリハビリを繰り返していて(何の?ドラッグ?それともアルコール?)、そのせいでCOLDは活動できなくて、ずっとこんな感じだから他のギタリストを雇っても新しいアルバムは作れないだろう』みたいなことを言ってる。だからTerryは自分たちと一緒にやることを決めた、らしいけれど、この「COLDはもうおしまい」とも取れる発言は、COLDファンの怒りを買っています。

最近まで見れなかったCOLDのオフィシャルサイトは、午前中までダメだったけど今日の午後突然見れるようになりました。そのサイトにはこのNEWSは載っていませんが、BBSでファンが意見交換&交流してます。MTVのNEWSには「COLD側のSporkspersonが、COLDは解散していないと言っている」と書いてあるけど、Terryのことについては特に触れられていないので、おそらくこれは正しい情報だと思われます。Scooterの情報については、ちょっと心配です。ウソならいいけど、バンド活動停止中は事実だから・・・

Terryが脱退しても、バンド活動は止めないで欲しいと思います。

産業系

Trapt - Trapt

よく知ってる1曲目、5曲目以外で聴いた覚えがあったのは2曲目。まだ聴きこんでないのでこれは最初の印象ですが、とにかく声がウルウル系という感じ。(うーん、うまく伝わらないでしょうこれでは(笑)。)そして、前半部分はポップで聴きやすい感じで流れていくんだけど、"ECHO" あたりから雰囲気変わってきます。最後の最後にちょっぴりダークな音が入ってた。聴きながら「この人たちRUSH好きかも」と思ったり(どの辺で?といわれると困っちゃうんだけど)、彼等のバックグラウンドを知らず知らずのうちに探してる私。だけどそんな予想はハズレてるんだろうなぁ(笑)。

このアルバムもMIXはアンディ・ウォレス。だけど、Fuelのそれとは異なる音作り。
Mちゃんが、ベース効かせないと軽くてカコワルイ音です、といってた理由がちょっぴり理解。軽快といえば聴こえがいいよね(笑)。

Fuel - Natural Selection

いまは『一日1回 Natural Selection』 な、Natural Selection月間なので(笑)。
以前のように、CDをちょっとずつ買ってそれをたっぷり聴いてあげたほうが、思い入れも音に対する愛情も強くなりそうな気がして。それにお金ないしね。

amazonの「ミュージックのおすすめ」

実は昨日書いて投稿したはずだったのに、何故か残ってなかったログ。 気を取り直してもう一度。 アマゾンでお買い物をしてる人はわかると思いますが、過去に自分が購入した物や検索した物、持ってるとか興味ないとかの情報入力で、勝手に「おすすめリスト」が作られていきます。でも、これが意外と的を射てる! 私への「ミュージックおすすめ」、今の上位15組はこんな感じです。 Three Days Grace / Sevendust / Alice In Chains / Smile Empty Soul / Saliva / Hoobastank / Puddle Of Mudd / 3 Doors Down / BREAKING BENJAMIN / Socialburn / TRUSTcompany / Default / 40 Below Summer / Audiovent / DOPE あ、昨日15位はDie Tryingだったのに、今日はDOPE。何故?一応順位変わってるんだ。 Aliceのおすすめは私が持っていない「グレイテスト・ヒッツ」に対して。他は「持ってる」入力&評価もしてる(笑)。 これらのアーティストは、私がよく聴くModern Rock系のラジオで流れる人たちばかり。しかも、確かに Three Days Grace とか Smile Empty Soul とかに興味を持ったこともある。なんで知ってるの?なんて思っていたけど、これはかつて選んだり購入したりしたアーティストのアルバムの「あわせて買いたい」や「このCDを買った人はこんなCDも買っています」に一緒に名を連ねている人たちが順不同に並んでるだけみたいです。単純といえば単純。 ちなみに、Three Days Graceはかつて選んだけど購入しなかったTraptの「このCDを買った人はこんなCDも買っています」に入ってて、SocialburnとSmile Empty SoulとDefaultは Fuel の「このCDを?」に並んでて、SevendustはCOLDの「このCDを?」に並んでいます。うまくつながってる。おんなじ路線なんでしょうね。 いま興味があるのは "Three Days Grace"。聴いてみたい。

QUEEN JEWELS発売

【ちょっと音楽ニュース】

フジテレビの月9ドラマ「プライド」のテーマ曲&挿入曲を含むクイーンの代表曲を収録したベストアルバム「クイーン ジュエルズ」が2004年1月28日日本独占発売されるそうです。
日本独占発売=日本のみの企画物、ということです。
税込みで2548円。コピーコントロールCDです。(東芝だからね)
収録曲目は以下のとおり。今後「プライド」で使われる曲もわかります。

1. I WAS BORN TO LOVE YOU / ボーン・トゥ・ラヴ・ユー <ドラマテーマ曲>
2. WE WILL ROCK YOU / ウイ・ウィル・ロック・ユー <ドラマ挿入曲>
3. WE ARE THE CHAMPIONS / 伝説のチャンピオン <ドラマ挿入曲>
4. DON'T STOP ME NOW / ドント・ストップ・ミー・ナウ <ドラマ挿入曲>
5. TOO MUCH LOVE WILL KILL YOU / トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー <ドラマ挿入曲>
6. LET ME LIVE / レット・ミー・リヴ <ドラマ挿入曲>
7. YOU'RE MY BEST FRIEND / マイ・ベスト・フレンド <ドラマ挿入曲>
8. UNDER PRESSURE / アンダー・プレッシャー
9. RADIO GA GA / RADIO GA GA
11. KILLER QUEEN / キラー・クイーン
12. ANOTHER ONE BITES THE DUST / 地獄へ道づれ
13. CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE / 愛という名の欲望
14. FLASH / フラッシュのテーマ
15. THE SHOW MUST GO ON / ショウ・マスト・ゴー・オン
16. BOHEMIAN RHAPSODY / ボヘミアン・ラプソディ <ドラマ挿入曲>

詳しくはこちらのページを。曲ごとの解説もあります。

洗濯日和

FUEL - Natural Selection

NaturalSelection.jpg今日は何をしているでもなく、3連休の初日をぶらぶらと自宅で過ごしています。今年になってからはじめての洗濯と、初めての燃えないゴミの日(笑)。そして、久しぶりの「てるてる家族」。冬子ちゃんが宝塚に合格したのはびっくりだなー。厳しいのはこれからだと思うけど。
聴いてる音楽とまったく関係のない話ですんませーん(笑)。

んじゃ、音の話。
前から知ってる "Falls On Me" はさわやか系でいいですね。何度リピートしても飽きないです。
その次の "These Things"については、HPに
"I didn't plan for it to sound like a Pink Floyd song."と書かれているんですよ。
えっ、Pink Floyd のような音?と思ってたんですけど、何度目かに聴いた時「これって雰囲気が "Comfortably Numb"?」と思うところがあったりして。それから思い出すのは、QUEENSRYCHEの "Empire" の中の曲と、STEVE VAIが作ったDavid Lee Roth Bandの曲だったりします。

VH1/MTVのサイトで彼等のことを調べるとBIOに『Featuring engaging singer Brett Scallions (b. 21 December 1971), Carl Bell (b. 9 January 1967; guitar), Jeff Abercrombie (b. 8 January 1969; bass) and Kevin Miller (b. 6 September 1962; drums) 』と書いてあるんですが、"engaging singer"って何?と思ったら

engaging 【形容詞】魅力のある、人を引き付ける、愛きょうのある、愛想の良い、(笑顔が)すてきな

って意味だったんですね。なるほど、イケメン・ヴォーカルは魅力のある人だった(笑)。
それから、Carlは昨日、Jeffはおととい誕生日だったようです。ほよーん。

ALICE IN CHAINS - SAP
Mark Armの声ってどんなんだっけ?の確認。昨日のタモリ倶楽部が相当影響されてます(笑)。でもやっぱ、レインやジェリーの声のほうがいいなぁ。

COLD - YEAR OF THE SPIDER
スクーターの声もいいんですよね、ってまた聴いてます。

今年最初に買ったCD

FUEL - NATURAL SELECTION

NaturalSelection.jpgほとんどの曲を作っているのは、ギタリストのCarl Bellらしい。このアルバムも1曲を除きすべて彼が作ってる。彼はプロデュースにも加わっているし、いわばこのバンドの頭脳なんでしょう。しかし、Coldといい、最近スキン・ヘッドの人に縁があるなぁ(笑)。このバンドには2人もいるぞ。

いま気に入っているのは "Down Inside Of You" "Million Miles" "Falls On Me" "These Things" "Won't Back Down" "Running Away"あたり。キャッチーなメロディで、産業系が好きな人は多分好き。
"These Things" はFuelの曲の中でもちょっと異質らしい。ちょっと陰のある雰囲気のこの曲、なんだか懐かしい雰囲気。ちょっと古臭い感じがするけどけっこう好き。その次の "Won't Back Down (Bring You Hell Remix)" はいきなりかっこいいし。今はどの曲も聴くのが楽しいという感じ。

彼等のサイトhttp://www.fuelweb.com/に行くと、"Falls On Me" "Quarter" "Most Of All" "Million Miles" "Die Like This"の順で鳴ってます。
好みかどうかはこれらの曲だけでわかるでしょう。

Net Radio

GotRadio's Rock

FUEL - Falls On Me
 去年ラジオでよく聴いてて、気に入ったけどCDを買うまで至らなかった曲。曲を聴くとやっぱり欲しくなる。
INCUBUS - Wish You Were Here
 あ、Incubusっぽい声って思った(笑)。自分の中にはまだ浸透してないけど、少しずつ覚えて、なじんできてる音。
AUDIOSLAVE - I Am The Highway
 じわじわと心の隙間に入ってくるクリス・コーネルの声って、やっぱ魅力的なのね。
LIMP BIZKIT - My Way
 サビのとこ、聴いたことがありました。好きでも嫌いでもないかなぁ。
ATARIS - Boys Of Summer
 ちょっと全体にロック色が濃くて、ドン・ヘンリーのあれとは雰囲気が違うけど、悪くない。
KORN - Did My Time
 これを聴くと一気に夏を思い出します。個人的にはかなり好きな曲で、KORNのアルバム欲しいかも(笑)。
TRAPT - Still Frame
 彼らの音は聴きやすいというか、ちょっとポップですよね。アルバムを聴いてみたいと思っているバンドのひとつ。
TAPROOT - Mine
 ひとつ前のバンド名と非常に良く似ててまぎわらしい(アナグラム?)。この曲もよく聴きます。ハモるんですが、ちょっと和音が和音じゃないような微妙さ。
FUEL- Hemmorage (In My Hands)
 彼らの曲はラジオで流れる曲がだいたい決まってるんですけど、この曲もよく聴きます。聴いたことのない人にはなんだかよくわからないと思うけど、彼らはこういう系が得意だと思う。明るい曲より暗めの曲。
P.O.D. - Will You
 この曲は聴きやすいという印象が。でも他の曲はこの曲とはちょっと雰囲気が違ってた。
 最近(でもないけど)、マトリックス・リローデッドでも彼らの曲が使われていましたっけ。
3 DOORS DOWN - Here Without You
 こういう曲だとシングルヒットしてしまうのよねぇ。嫌いじゃないけど。
ADEMA - Promises
 好きな感じの音です。彼らアリスをカヴァーしてるんですよね確か。聴いてみたいな。
TRAPT - Headstrong
 イントロやサビより、それをつなぐ部分が好きだなぁ。ちょっとリズムのきざみ方が変わるとことか。

« December 2003 | Main | February 2004 »