« January 2004 | Main | March 2004 »

9 posts from February 2004

ストレンジデイズNo.55

クイーン特集です。
記事の内容は、こちらのリンクからご覧ください。

http://www.strange-ds.com/bndata/No.55.html

今日、私も立ち読みしました(立ち読みで終わりかい?)。
読めば面白いだろうけど、ファンなら知ってることだらけのような気がしないでもなかったような。
ディスコグラフィーの写真などは豊富でしたが、980円は高いです。

SlipknotとStone Sour

Slipknot(つづりは"SlipKnoT"が正しいのかな?)というバンド名は聞いたことがあったけど、まさかこういうルックスだとは思いませんでした。 SlipKnoT (ロードランナーのサイト) ステキ(笑)。←ほんとうにそう思う人、果たして何人? しかし、この人たちの中には、いつもこうではなくたまに別の顔をしてる人もいます。 というか、現SlipKnoTのメンバーのCorey TaylorとJames Rootは、SlipKnoT加入前はStone Sourとして活動していたらしいですね。 それで今回のは一時的なリユニオンっていうか、そういう活動だったんでしょうか? Stone Sour (これもロードランナーのサイト) 音を聴いたことがあるのはStone Sourのみなんですけど、SlipKnoTのほうってどんな音なんでしょう。 KISSのルックスを見て暴力的な音楽を想像した私でした。 それはみごとに裏切られたので、そういう裏切りを期待してるんですが。 などと、ふと気になったので書いてみました(笑)。

シンコーミュージック発:QUEEN特集

なにげなくシンコーミュージックのサイトへ行ってみたら、TOPにQUEENロゴのリンク。
何かと思ったら、クイーンの出版物の特集でした。

「QUEEN JEWES」のヒットに便乗したクイーン作戦かよー。まったくもう。
もし興味があれば見てみてください。

http://www.shinko-music.co.jp/bs/special/queen/

今年は活動的なJerry Cantrell

2004/2/9にMTV.COMで報道されたジェリー・カントレルのニュースです。
(自分用のメモとして)→れ~くんのサイトに訳文あります!

Jerry Cantrell To Jam With Alice In Chains Bandmates

Guitarist also gigging with Camp Freddy, will help celebrate Jimi

After enduring the overdose of his bandmate and severing ties with his label, former Alice in Chains guitarist Jerry Cantrell is putting his life back together and enjoying the reconstruction.

"The past couple of years have been rough,"

Cantrell admitted. And how. Alice in Chains singer Layne Staley died on the first date of Cantrell's tour in support of his 2002 album, Degradation Trip, which meant the end of Alice in Chains (see "Layne Staley Died From Mix Of Heroin, Cocaine, Report Says"). "It was a lot to get used to," Cantrell said, "but I'm in a much different space now."

A far more productive one, too. Since Cantrell moved from Seattle to Los Angeles eight months ago, he has written several new songs, recorded with numerous other high-profile rockers and played with some of his favorite musicians. He's also been in communication with former Chains bassist Mike Inez and drummer Sean Kinney, and plans to jam with them later this month.

"We don't have any expectations," he stressed. "We're gonna get in a room, have a little fun and see what goes down. Anything's possible."

Inez and Kinney performed on Cantrell's 1998 solo album, Boggy Depot, but haven't played with him since Alice disbanded. Cantrell was busy working on other solo material with other musicians, but that wasn't the only reason for the separation.

"I was kinda waiting to see if the Alice thing would ever materialize again," he said. "But I really miss playing with those guys."

Even if nothing magical happens with Inez and Kinney, if the last six months are any indication, Cantrell will remain busy. A top priority is writing new material and figuring out what to do with the tunes he wrote last year, which he said are unlike anything he's previously recorded. "It's really its own thing," he said. "I'm not sure which direction I'm gonna go with them, but the music's great. It's definitely a next chapter, which is satisfying."

One of the tracks features vocals by Cantrell's friend, Filter frontman Richard Patrick. After the recording, Patrick returned the favor by having Cantrell record guitar riffs that may end up on the next Filter album.

Cantrell is also excited about "Ashes to Ashes," a track he recorded last November with Damageplan, the brutal metal band consisting of former Pantera guitarist Dimebag Darrell and drummer Vinnie Paul (see "Damageplan Put Pantera Behind Them With New Found Power"). The song, submitted for the "Punisher" film soundtrack, features Cantrell on vocals alongside Damageplan singer Patrick Lachman, Cantrell said.

"It happened around Thanksgiving," he recalled. "I went hunting with my dad and brother, and we bagged a deer and then headed down to Dallas. I always give Darrell some of my kill, and we ended up hanging out. He had a tune he wanted me to check out, and it was great. So he said, 'We don't have any vocals on this. Why don't you try to throw something down?' I was really tired 'cause it was like 6 a.m., but he was really persistent. So I threw something down and it became this great track that sounds like Pantera crossed with Alice in Chains."

Visiting another musical dimension, Cantrell entered the studio two weeks ago with veteran rockers Heart to record a solo for "Fallen Ones," scheduled to appear on the group's upcoming album. "The song is really rocking and soulful, and that was fun," he said. "They guested on [Alice in Chains' 1992 EP] Sap, so we've been friends for a long time."

Cantrell recently played two gigs with supergroup cover band Camp Freddy, which also features Jane's Addiction guitarist Dave Navarro, former Guns N' Roses drummer Matt Sorum, Red Hot Chili Peppers drummer Chad Smith and Cult guitarist Billy Duffy. The experience inspired Cantrell to schedule a jam session with Smith and talk to Duffy about forming their own cover band.

Camp Freddy played at a Houston Super Bowl party, and earlier that day Cantrell did a solo show as part of Sammy Hagar's Super Bash.

On February 22 in Seattle, Cantrell will help celebrate the music of Jimi Hendrix. The guitarist will join Mitch Mitchell of the Jimi Hendrix Experience and Billy Cox of Hendrix's Band of Gypsies for versions of "Hey Joe," "Manic Depression," "Spanish Castle Magic" and "Stone Free," the latter of which will feature vocals by Bad Company's Paul Rodgers.

Later this year, Columbia Records plans to release a double-disc "essential" Alice in Chains compilation, which will likely mean more performance and promotion obligations for Cantrell.

"The funny thing is, I didn't plan to be this busy, it's just happening," Cantrell said. "I actually slated some time to chill out in my new hometown and write. But all these opportunities have presented themselves just from hanging out with my buddies. It's a great thing, and I'm really happy to be in the space I'm at."
by Jon Wiederhorn

決定してるTour Date:
02.22.04  Paramount   Seattle(WA) 
02.24.04  Roseland Theater and Grill - Theater   Portland(OR) 
02.26.04  Warfield   San Francisco(CA)

最近聴いた音楽

Second Coming
日本ではほぼ無名。最近「日本では無名なバンド」がかなり好きかもです(笑)。
かつてレインと一緒に活動していたことがあるメンバーがいるバンドです。
このアルバムは実は前に書いてたAPCと同時期に頂きまして、最初にこっちを聴いてたのですが感想が後になってしまいました。

彼らのファーストアルバム。だけど、ファースト・アルバムのレベルはかなり高い。(そりゃ、メンバーの活動歴を考えれば納得なのですが。)まずは声。GODSMACKほど低くはないけど低音で、かなり深みのある声。最初の曲で「!」って感じでした(「キタキタ?」って感じね(笑))。何度か聴いてますが、ハードな曲もそうじゃない曲もなかなか、いえ、すごく良いです。"13"も試聴した限りではすごい良くて、日本でそう簡単に手に入らないのが悲しいところ。11曲しかないはずなのに、聴いたあとの充実感が14曲分くらいある(笑)。

聴いててふとBig Wreckを思い出したんですが、その理由は曲と声だったみたいです。そう思ったのは"Song"を聴いている時でした。サビのところ、Big Wreckの曲とかぶるんです(雰囲気がね)。リリースは彼ら(Second Coming)のほうが早かったけど。

Hoobastank - The Reason
聴いたことのある曲は2曲目の"Out Of Control"のみ。その曲の印象から、きっと明るくて元気のいいRockが続くんだろうって想像してましたが、意外とマイナー調の曲多し。(だけどそのほうが私好みだったりする。)時々、胸にしみるようなぐっとくる曲を織り交ぜてあり、アルバムの構成がうまいな、と思いました。声の雰囲気はTraptっぽいよね。

COLDの新ギタリスト決定

【ちょっと音楽ニュース】

BLABBERMOUTH.NETによると、COLDから脱退したTerry Balsamoに代わる新ギタリストが決定したようです。

COLD have announced the addition of guitarist Eddie Rendini (ex-DARWIN'S WAITING ROOM) to the group's ranks. Rendini joins the band as the replacement for Terry Balsamo, who recently left COLD to hook up with EVANESCENCE.

"I just wanted to thank everyone for this amazing welcome into an amazing family!" Eddie said in a statement posted on COLD's official message board. "Destiny has a funny way of working itself out… and it was just meant to be that I would be writing and performing with these brilliant musicians. So, I would just like to take this opportunity to let you all know that I will do the very best that I can to not let you guys down.. and thanks for the very warm extended welcome. With every page that is turned.. there is a new one that follows.. And the story does not end here! Scooter, Kelly, Jeremy, Sam and I… we're gonna blow this shit up! Thanks again!"

As previously reported, EVANESCENCE singer Amy Lee announced last month that Balsamo had officially replaced Ben Moody ? who left EVANESCENCE in October ? adding that Balsamo had elected to quit COLD because he was unhappy over frontman Scooter Ward's recent trips to a rehabilitation facility. She subsequently apologized to COLD, stating in an online posting, "It was not my place to make any statements about the status of COLD ? COLD is not my band. I've never claimed to be perfect, and I'm not too proud to admit when I'm wrong. To the band: Sorry guys, I didn't mean to hurt anything for you. I'm new at this and I still sometimes forget that the world is listening."

In other news, an early COLD recording, made while the band were still calling themselves GRUNDIG, has been made available for download at this location. The six-song recording, dubbed "Live At Furies", was reportedly made during the "heavy grunge era" and bears little resemblance to the band that released last year's critically acclaimed "Year of the Spider" CD.

原文で載せず、訳して適当に短くまとめろって?・・・そうだよね(笑)。
とりあえず、あとで訂正するかも。

QUEENのアルバムがNO.1

みなさんもご存知のことかと思いますが、QUEENの日本での最新ベストアルバムが、オリコンで初登場1位を獲得したもようです。「プライド効果」というのがちょっと納得できませんが、事実として受け止めましょう。
以下は、QUEENのサイトのニュースページからの引用です。

『クイーン/ジュエルズ』がオリコンALBUM TOP100(2月9日付アルバム総合チャート)で初登場No.1を獲得!!

クイーンのアルバムが1位となるのは、なんと27年前の『華麗なるレース』以来のことです。ファンの皆様の熱い応援に心から感謝いたします。そしてこれからも変らぬご支援をよろしくお願いいたします。

ブライアン・メイ喜びのコメント

I am absolutely thrilled to hear how well Queen Jewels is doing.
Well done out there!! It has all happened very fast.
I think initially we were a little reticent about putting another compilation out - we worry that our fans will think we are trying to take money of them but after a while we realised that we may be communicating with a totally new audience.
This seems to have happened, and it's a very exciting thought.
We were always conscious that as an international act we were very big in Japan,but as a domestic act we were very small!!!
It is a privilege to be considered alongside the important Japanese acts.

『クイーン/ジュエルズ』が売れているとうことを聞いて凄く感動してる。すばらしいよ!
すべてがものすごいスピードで動いたね。「新しいクイーンのコンピレーション」というアルバムの企画を最初に聞いた時は、実はちょっと戸惑ったんだ。僕等のファンから“クイーンが金儲けのために新しいコンピを出そうとしている”と思われることが心配だったから。でも気づいたんだ。これによって全く新しいファンに出会えるかも知れないってことに。そして、どうやらそうなったらしいね。すごくエキサイティングだよ。僕等は常々クイーンが日本で海外のアーティストとしては大きな存在であることは知っていたけど、日本のアーティストを含めた音楽シーンでは小さな存在だと思っていた。(海外のアーティストが)日本のビッグ・アーティスト達と肩を並べるなんて名誉なことだよ。

ついでに、その前のニュース。
★「メイド・イン・ヘヴン」のジャケット違い2ヴァージョンを3月31日に同時発売!

日本のクイーン・ファンへ、クイーンからの贈り物。
メイド・イン・ヘヴンの別ヴァージョン・ジャケットを紙ジャケでリリース!
(※内容はTOCP-67355と同一内容です。)

TOCP-67355 イギリス・オリジナル・LP 1st ヴァージョン(サン・ダウン・ヴァージョン)夕暮れヴァージョン
TOCP-67390 イギリス・オリジナル・LP 2nd ヴァージョン(サン・ライズ・ヴァージョン)朝日ヴァージョン(CDと同一)

この、「夕暮れヴァージョン」と「朝日ヴァージョン」はですね、恐らく、私が持っている1995年発売のシングル、"Heaven For Everyone" のジャケットに似たりよったりのものと思われます。
参考までに、これがそのジャケット写真。

g

色変えただけ?

APC

A Perfect Circle - Mea De Noms

今までラジオで数曲耳にしているものの、今回のが初・フルレングスAPCでした。れ~くんありがとう。Second Comingより先に感想を書いちゃう私を許して(笑)。

去年の春まで私の音楽の世界はかなり守りに入っていて、新しいアーティストに手をつけないどころか、昔から活動しているアーティストもよく知らない状態でした。音楽番組聴いてない、音楽誌見てない、CDショップに行ってない。好きなアーティストの情報だけはネットでチェックする、そういう感じだったのですよ。
だから、実はTOOLもよく知らず、そんなんだからAPCって何?状態だったことも割と最近の話。KISSのトリビュートで彼(メイナード)が歌っていたらしいのも、去年久しぶりにアルバムをチェックして発覚したのです。ああ、なんてことだ(笑)。

聴いててちょっとしんみりしちゃった。こういう雰囲気だったんですね、このアルバム。
"Thirteenth Step"も聴いてみたいです。(ジャケットの虫らしき黄色い物にはちょっと固まってしまったけど(笑))。

思い入れ

Alice In Chains - Alice In Chains

MDへのタイトル入力のためにAliceを聴いていました。入力が終わるまでの間だけ聴いて次の曲へという感じのかなり飛ばし聴きモード。だけどやっぱり素通りできなくて、最初に戻って聴いています。レインの声、やっぱいいです。
QUEENもそうなんですけど、ALICEもメンバー全員で演奏している姿を想像しながら聴いてしまいます。メンバー4人がいつでも一緒にいて欲しいという私の思いも手伝ってるみたい。

Damageplanのアルバムの曲にジェリーがゲスト参加しているようですが、それらしき曲は2/10で発売される本国盤には入っていないようです。一方、2/11に発売される日本盤には入っているらしい。(これってどうして?)たまたまラジオでDamageplanの"NEW FOUND POWER"の中の曲"Breathing New Life"を聴きましたがなかなかよかったので購入を考えているところです。
今年もまたラジオで新しい人たちに出会っているので、どれを先に買おうかなと悩む悩む。ジェリーが活動を再開したらもっと悩む(でも最優先かな)。

« January 2004 | Main | March 2004 »