« 通勤音楽+帰宅音楽 | Main | 命日 »

懐かしい曲(NetRadio)

今日はLAUNCHの80's Hitsを聴いています。
懐かしい曲の連続で、まだ練馬区に住んでいた頃を思い出したりして。

Tears For Fears - Shout
Crowded House - Don't Dream It's Over
Billy Idol - Eyes Without A Face
Heart - These Dreams
Bryan Adams - Heaven
Pet Shop Boys - West End Girls
Whitesnake - Hear I Go Again
Huey Lewis & The News - The Power Of Love
U2 - Where The Streets Have No Name
Chicago - Will You Still Love Me?
Fleetwood Mac - Little Lies

正直に言ってしまうと、U2はほとんど聴いてません。
アルバムは1枚も持ってないし、彼らがNO.1を取るほどブレイクした頃にも全く反応しませんでした。
"New Years Day"の頃はよくラジオで耳にしてましたし、一時は"War"は聴いてみたいな、とは思いましたが、トータル的には好きというタイプの音ではなかったからそのまんま。
そして、姉妹が誰も反応しなかったことも大きく影響し、今までずっと避けてしまったアーティストの1つです。
上の曲は、タイトルを見てもぴんとこなかったけど、聴いてて「あ、ニュースステーションのオープニングか」と思いました。鈍くてすみませんねぇ。

世界的には売れまくったバンドが自分には不得意というパターンがよくあります。
例えばボン・ジョヴィとか(笑)←これ言うと不思議がられるんだけど、ま、いいぢゃん。
そしてU2。私にしてみれば、別に聴かなくてもいい存在。
ファンの人怒らないで。
私が聴いてる音楽を「取るに足らない音楽だ」と思ってる人がたぶんたくさんいるはずだから。
人の嗜好ってどこでどう生まれてくるもんなのでしょう。不思議です。

その後。 Cyndi Lauper - Time After Time Naked Eyes - Always Something There To Remind Me Men At Work - Down Under Belinda Carlisle - Heaven Is A Place On Earth Robert Palmer - Addicted To Love Peter Gabriel - In Your Eyes Bon Jovi - You Give Love A Bad Name 苦手と思ってるアーティストが再び出てきたところで(笑)ちょっとブレイク。 人間、いや、そんなに範囲を広げてはいけないわ、「私は」にしよう。 私は、嫌いと思ってるとどんどん嫌いになっていくほうです。どこまでも嫌いになれます。 Bon Joviはそんな私の思い込みの強さゆえに嫌いになられてしまったアーティストだと思います。 では逆に、好きと思えば好きになれるのか。それは難しいかも。 嫌いと思っているうちに、どこが嫌いかの分析をしはじめて、その部分を徹底的に嫌いになってしまう(らしい)のでそれを直すのが難しいんです。 それを直すことは、今までの自分を否定しているとでも思ってしまうんでしょうかね。 簡単なことのように思えなくもないんですけど、頑固なんです。 そしてその後 Wham! - Careless Whisper Wang Chung - Everybody Have Fun Tonight Def Leppard - Love Bites Joan Jett & The Blackhearts - I Love Rock N' Roll Foreigner - I Want To Know What Love Is この選曲、数曲を除けば自宅にあるCDで作れそう・・・。

« 通勤音楽+帰宅音楽 | Main | 命日 »

Comments

ふふ、U2は確かに好きじゃなかった。(^^;
世間に騒がれても…だめだった。
わたし的には重過ぎた。(のが原因か?)
だけどね、ボン・ジョビは、実は好きだったの、わたし。
いまでこそ、ジョンも大人になったけど…
いたずらっ子のジョン(小牧ゆかにせまってたよね?Rock TVで)とか
こいつ?と思いながら、憎めなかったよ。
実力以上(?)に人気を取ったのには、????って思ったけどね。
最初の頃は好きだった。
去年にはベストも買ったくらいなんだよ。(懐かしくてね)

The comments to this entry are closed.

« 通勤音楽+帰宅音楽 | Main | 命日 »