« Similar Artistsで拡がる世界 | Main | テレビからSteve Vai »

今日はTNT

週末にいくつか新しい音を聴かせていただくことができました。(該当者の方々、ありがとう)
なのにまたちょっと耳が詰まりだしたんで、通勤には音を持ち歩けません。
なので自宅で一枚ずつ、じっくり聴かせていただきますね。

今日はTNTの "My Religion"を。
トニー・ハーネルの声とロニー・ル・テクロのギターの組み合わせを聴くとほんと懐かしくて10年すぐ戻っちゃう。
あ、過去の人にしちゃいけませんね。彼らは現役なんですから(笑)。
自分がTNTをよく聴いてたのは10年以上も前なので、新譜なのに懐かしさのほうを強く感じます。

おしょうさんから「Realized Fantasiesの頃のTNTっぽい」とは聞いてましたが、音の雰囲気がそんな感じですね。
他のアルバムもキャッチーな曲が多いですけど、 "Realized Fantasies" は他のアルバムよりももっとポップな感じでした。北欧度が少し薄かったかな。
でもあのアルバムは好きでしたよ。自分で買ったわけじゃなくてある人に聴かせてもらったんですが、持ち主より気に入って聴いてたかも(笑)。

新しい音楽に刺激を受けつつも、こういう、昔馴染みのバンドの曲を聴くと何故かほっとします。
それは自分が保守的だから、というより、年を重ねても現役で(ま、彼らは解散・活動休止などしてますけどね)いてくれることに自分が勇気付けられるっていうか、そういうのに近いかな。

« Similar Artistsで拡がる世界 | Main | テレビからSteve Vai »

Comments

「Realized Fantasies」もそれ以前のアルバムも未だによく聴いています。それに加えてこの新譜だったのでかなりTNTから朝が始まるって日がありました。
もっと活動してくれるといいのになと思いますけど、向こうでもちょっと苦戦なのかもしれないですね。。
ただ、ライブでトニー・ハーネルがサビの部分を観客に歌わせるのは控えめにして欲しいですけど(^^;
昔馴染みのバンドに勇気付けられるって感じよく分かります。George Michaelもそうだし、結構長いつきあいのアーチスト多いです。自分の方がそのバンドについていけなくなると寂しいですが、一緒に年を重ねられるっていいなと思います。

>ただ、ライブでトニー・ハーネルがサビの部分を観客に歌わせるのは控えめにして欲しいですけど(^^;
これは実際そういう目にあったので同意見です(笑)。
私はドン・ドッケンにもそれと同じことを言いたい。
今は、すごい多毛なトニー・ハーネルの写真を見つつ "Intuition" を聴いてます。
良いですよね、このアルバムもー。
一度聴くと続けて聴きたくなる気持ち、すごくよくわかる。
北欧系ってある意味、歌謡曲(演歌?)に近いノリだよなぁ・・・(笑)。
だから好きなのかも。
私、歌謡曲大好きなんで(^_^)。

The comments to this entry are closed.

« Similar Artistsで拡がる世界 | Main | テレビからSteve Vai »