« July 2004 | Main | September 2004 »

5 posts from August 2004

QUEEN関連、今後の発売予定

こないだe+からきてたメールで知った(だって公式サイトは更新されてないもん)のですが、QUEENのディスクが発売される予定になってるようです。

DVD
オン・ファイアー/1982(10/27発売予定) 5800円
1982年6月5日、英国ミルトンキーンズにて行われた「ザ・ホット・スペース・ツアー」の最終日を飾るライヴ、だそうです。CDも同時発売です。CDは3670円(CCCD)。
「ホット・スペース」ツアー、微妙に見たい気もします。なぜなら、西武球場のライヴに行っておきながら、どんなライヴだったかの記憶が全くないから。あうー。

CD
クイーン・プラチナム・コレクション(10/27発売予定) 4700円 (CCCD)
グレイテスト・ヒッツ1?3をセットにしたプラチナム・コレクション。かつて発売されていたものの再発ですが、期間生産限定盤。日本盤のみのリマスター音源使用のリニューアル盤。

同時にすべてのライヴ盤が紙ジャケで再発されるようです。
「ライヴ・キラーズ」 3670円
「ライヴ・マジック」 2600円
「クイーン・ライヴ!!ウェンブリー1986」 3670円
(3670円のは2枚組)

真のコレクターさんはこっち買うんだろうなぁ。(リンク先は東芝EMIのページより面白かったのでこちらを採用)
ほとんどダブるけど(笑)、デジタル・リマスター版は欲しいよ。
薄い字で書いてあるコメント『(フラッシュ・ゴードンまでTV-CMに使われていたのは、とんでもないですね)。』って何を言いたかったのだろう。
それから、「クイーン」と「クィーン」で書かれているけど、どっちなのよ(笑)。

Make Yourself

Makeyourself.gif

1999年発売のアルバム。
1999年あたりはあまり音楽に関心がなくて、世間でどんな音楽がヒットしてるとか、どんなバンドが活躍してるとか、そういうことを追わない年でしたね。仕事がきつかったし(この年?翌年にかけてです、毎日終電や時々深夜残業だったのは)。だから、今改めてこのアルバムの評価なんかをネットで探すと、日本でもわりとヒットしたアルバムであることがわかり「へぇーそうなんだー」なんて感心しています。

以前から "Pardon Me" はよく聴いてたけど、ここ最近のネットラジオ→MD録音でたまたま録音されていた "Stellar" や、たまたま聴いた "Drive" が気に入ったのが購入するきっかけでした。

それにしても、去年から今年出会った私にはなじみのなかったバンドが、日本でいったいどの程度の人気なのか、ほんとに全くわからない・・・・

今日の発見

これってもしかして・・・

s4d.jpg

ヴォーカリスト抜きのSpys4darwinの最近の姿?(ネタ元はHEARTのオフィシャルサイトです。)たぶん、ショーンとクリスがHEARTのツアーを観に来たんでしょうね(想像)。

Spys4darwinは確か解散はしてないはずなんでこんな写真見ると「復活?」なんて思っちゃったりして。
いやそれより、ジェリーを交えてのセッションはどうしたんだい?あと、ジェリーがHEARTのツアーで一瞬ゲスト参加したみたいだけど、その写真を希望。

Rick Jamesといえば

思い出すのは"Super Freak"ですが、MC Hammerの"U Can't Touch This"の元ネタになった曲ですね。
その彼が亡くなったそうです。(ロイターの記事
自然死、だそうです。56歳で早すぎる死です。

参考:英語版ニュース

気になる音楽関連情報

まずはジェリー・カントレル
ちょっと目を離したすきにサイトがリニューアルされてて、過去のNEWSなんかも一気に載ってます。
メーリングリストに登録してるのに、なんも教えてくれなかった。ずるいぞ。

トム・クルーズ主演の「コラテラル」(全米では8/6より公開、日本では今秋公開予定)のサイトを訪れるとわかりますが、アリス・イン・チェインズの "Man In The Box" が流れています。サントラで使われているのかな?と思いきや・・・
トラックリストはこんな感じらしいです。あ、ちなみに音楽監督はおなじみのジェームズ・ニュートン・ハワード。
1."Briefcase"-TOM ROTHROCK
2."The Seed (2.0)" -THE ROOTS featuring CODY CHESNUTT
3."Hands Of Time"- GROOVE ARMADA
4."Guero Canelo"-CALEXICO
5."Rollin' Crumblin"-TOM ROTHROCK
6."Max Steals Briefcase"-JAMES NEWTON HOWARD
7."Destino de Abril"-GREEN CAR MOTEL
8."Shadow on the Sun"-AUDIOSLAVE
9."Island Limos"-JAMES NEWTON HOWARD
10."Spanish Key"-MILES DAVIS
11."Air"-Klazz Brothers & Cuba Percussion
12."Ready Steady Go"-OAKENFOLD
13."Car Crash"-ANTONIO PINTO
14."Vincent Hops Train"-JAMES NEWTON HOWARD
15."Finale"-JAMES NEWTON HOWARD
16."Requiem"-ANTONIO PINTO
AUDIOSLAVEの1stアルバムに入っている"Shadow on the Sun"が入ってますね。

EXTREMEがまたも一時的な?再結成らしい。Azoresフェスティバルで演奏するらしいですが、ベーシストはパットじゃなく別のメンバーだそうです。そこで、ヌーノは現在のバンド POPULATION 1 としても登場するみたいです。

イエローモンキー正式解散。
別に私はイエモンファンではありません。が、記念すべき彼らの初ライヴ?(at La mama)を体験していることもあって、ちょっとさびしいなぁと思いました。
私が見たときはまだ初代ヴォーカリストの頃で、吉井さんではありませんでした。そのヴォーカリストの情報、どっかにないかな、と思って探していたら、さすがにインターネットですね。最新情報ではないにしてもありましたよ。
元ヴォーカリスト、松尾氏の情報

その松尾というヴォーカルが抜けて、ギタリストがヴォーカルになって、そのギタリストの代わりに菊池兄が入った、というのは知っていました。が、私の中では「吉井さんて最初からいたっけ?」という印象でした。それほどギタリストの顔の印象が薄かったんです(失礼)。ギターからヴォーカルに転向した人が吉井さんだったのか、と今ようやく頭の中が整理、というか理解できました。
いやでも、ヴォーカリストが代わってよかったですよ。あの元ヴォーカリストの歌じゃ、メジャーデビューできたかも疑問だったもの(はっきり言って、ヘタだったんです)。

ちなみに、なぜ彼らのライヴに行くことになったかといえば、その頃働いていた会社にドラムの菊池くんと中学が一緒だった女性がいて、その人が私の友達だったんですね(年下だけどね)。偶然電車の中で遭って、「今度ライヴやるからよかったら観にきて」といわれたらしく、その友達を含め4人で観にいったんですよ、渋谷のラ・ママまで。その菊池くんがビジュアル系ロックバンドのキラーメイにいたのは何故か私知っておりまして(笑)、ちょっと興味あったんです。確かにルックスはよかったな(笑)。彼らのライヴはあと1回観に行きました。それで終わり。なので、数年後、メジャーデビューしたときはちょっとびっくりしました。
というわけで、私とイエモンの思い出、でした。

« July 2004 | Main | September 2004 »