« ワム!時の記憶 | Main | 民族楽器の音 »

自分なりの楽しみ方

昔っから、Myお気に入りテープだとか、MDだとか、CDだとかを編集するのが好きで、自分用コンピレーションを作っては楽しんでいたのですが、今日はTOTOのバラード集を作っていました。彼らの歌の半分はバラードって言ったら言い過ぎですけど、スティーヴ・ルカサーの歌う曲の半分はぜったいバラードだと思います(笑)。候補曲をかき集め、そこから更に曲を選択していく作業は楽しいけど、あれもこれもカットしなきゃ、というつらさも体験します。結局最後に残るのは、自分がこれは欠かせないと思った一番好きな曲たち。同じテーマで別の人が作ったら、多分ぴったり同じにはならないでしょう。それが編集の面白さ。

toto_7thone.JPG
昨日、お友達とお話していたら「TOTOの"THE SEVENTH ONE"は1回聴いたぐらいで売ってしまった」と言っていました。1回聴いて手放すって、相当気に入らなかったか、手元においておきたくない理由があったからなんでしょうけど(彼女は後者だったらしい)、ざっと1回聴いて好きか嫌いか、今後何度も聴くか聴かないかの判断はできるにしろ、それはちょっともったいないな、と思いました。音楽は聴く年齢や環境によって印象が違ってくるものなので、1度アルバムを買ったら長くつきあいたい、と思う方なのです。だから私は自分が買ったCDを売ったことがありません。そこまで思わないと買わないってのもあるんですけどね(だから枚数少ないしー、聴いてる音楽もかなり限られています)。
今日作っていたバラード集には、このアルバムからも3曲セレクトしました。それなりに好きなアルバムです。

« ワム!時の記憶 | Main | 民族楽器の音 »

Comments

The comments to this entry are closed.