« EXTREME DAY | Main | 今日の注目Artists »

Cheap Trick

Cheap Side(左)とTrick Side(右)。2枚並べると Cheap Trick の文字完成。
cheap_side.JPG trick_side.JPG

1991年にリリースされたCHEAP TRICKのベストアルバム THE GREATEST HITS。たしか、2枚組の限定ボックスセットと1枚物の2種類が発売されたはず。後に2枚組は通常の2枚組CDケースに入って発売されていたような気がします(多分リンク先はそれかも)。私が持っているのは限定ボックスセット。箱の中には、Cheap SideとTrick Sideという名前に分かれた2枚のCD。1枚物はそのうちの Trick Side のみ。

cheaptrickgh.JPG過去にもどこかで書いたけど、CHEAP TRICKは最初好きではありませんでした。数曲いいと思う曲はあっても、アルバムまで聴きたいとは思いませんでした。だから、以前姉がDream Policeを買ってきたときは、レコードに針を落とすのを極端に嫌がってました。何故なんだろう?過去の自分の拒否反応は今の自分では説明できないことが多いのですが(笑)、多分すごく簡単なことで嫌いだったんだと思います。(MUSIC LIFEでQUEENの記事より彼らの記事のほうが多い、とかそんなくだらないことじゃないの(^_^;)?)

以前の自分は「曲」より「アーティスト」の好き・嫌いで音楽を聴くか聴かないかを決めていたようなところがあり、好きなアーティストならどんな駄作だって受け入れていました。以前は苦手だったけど曲がいいから聴いてみたい、と思えるようになったのはちょっと後です。気になってるのに「以前嫌いだったから」という気持ちが邪魔してなかなか手を出せないバカな奴だったよ(>昔の自分)。

CHEAP TRICKもそんなアーティストのひとつでした。グレイテスト・ヒッツが出るならざっと彼らの代表曲が聴けるかな、とそんなつもりで買ったのが2枚組のベスト盤。入っていると勝手に思っていた "Everything Works If You Let It" はこれには入っていなかったので、もう1枚ベスト・アルバムを買うことになるのでした。(しかし、今もっといいベストアルバムが出てます。The Essential Cheap Trickは曲も増えてるし安い!私が買ったのなんて、当時4,500円もしました。)

Trick Side に突入。こっちはだんぜんヒット曲が多くて聴きやすい。

« EXTREME DAY | Main | 今日の注目Artists »

Comments

私もこの2枚組の限定ボックスセットを持っています
CHEAP TRICKは今でも好きなんですが、以前コンサートに行った時はオールスタンディングだったので流石に辛かったです。

フブロジさんもボックス仲間ですね(笑)。
彼らのライヴ、私はスタンディングではありませんでしたが、"Woke Up With A Monster"(「蒼い衝動」と書くべきか?)の頃で、これまた中途半端でしょ(苦笑)。
前はオールスタンディングなんてなんのその!だったんですが、去年あるライヴで貧血を起こし、それ以来怖くてスタンディングはもう行けないかも(^_^;)。
一番前かけっこう後ろならいいけど、真ん中で揉まれるのは非常に辛いですよね。

The comments to this entry are closed.

« EXTREME DAY | Main | 今日の注目Artists »