« 今週はQUEEN WEEK | Main | AT THE BEEB »

11月24日午後7時12分前

Q_GreatestHits2_b.JPG聴いているのは QUEEN GREATEST HITS II (1991)

ジム・ハットン著「フレディ・マーキュリーと私」によると、フレディが亡くなったのは1991年11月24日午後6時30分から7時までの間ということになっています。フレディの死を知ってから、ジム・ハットン氏は自分があげた携帯時計を止めるのですが、その時間が午後7時の12分前。新聞等には午後7時頃、となっていますが、午後6時台後半が正しいということでしょうか。(日本時間だと11月25日午前3時台後半です。)なので、厳密に言えば日本時間の11月24日はまだフレディの命日ではありません。どうせなら現地時間で追悼を、と考えるようになったのは、フレディの死が最初かも。

エイズ公表を報じられたのが13年前の11月25日朝でしたが、実際、その時点でフレディは亡くなっていたのですね。その日はまず、朝、姉妹と「えーっ、やっぱり・・・・」って感じの会話を交わし、彼が生きている間にあと何枚アルバムが出せるんだろう?とか、心配とはいえあまり本気にしたくないせいか、現実逃避めいたことばかり話した気がします。
会社では、唯一洋楽の話題ができる人と「フレディ、やっぱり病気だったよ」みたいな話をして、だけどそんなすぐに亡くなるとは思ってないから、「これから亡くなるまでに一度くらい来日したりするのかな?そしたらこれが最後かもしれないね」なんてお気楽なことばかり言ってました。
帰ってきて、夕刊を見て、奈落の底に突き落とされた感じでした。それから我に返ってテレビをつけ、番組と番組の間のニュースで報道されてないか、片っ端からチェックしました。何も知らず電話をかけてきた姉に訃報を告げると、もうその場で気が動転していたようでした。姉妹3人で泣いた11月25日の夜。
その翌日からしばらく黒い服ばかり着て、ずっとQUEENの曲ばかり聴いていました。
あれから13年・・・。

« 今週はQUEEN WEEK | Main | AT THE BEEB »

Comments

そういえば…ミュージシャンの死であれほどの衝撃を受けたのは初めてだったかもしれません。
あ、その前にジョン・レノンの訃報を会社訪問先で聞いた時もショックだったけど、泣きはしなかった。(そこまでの思い入れはなかったし)
ほんとに気が動転ってのがぴったりで思考停止状態だったもの。ね。
ほんと、早いな。
そのうち、フレディの歳を追い越しちゃうよ。(悲)

あの時の朝と夜はすごい差だったね。
朝はまだ余裕があったのに、夜はもうぜんぜん余裕なくてね。
思えばあのあとすぐにユーザーパックを買ってパソ通をやりだしたのよ。(Nif入会日は1991/12/11なの。)
商用ネットでも使えば全国のクイーンファンとお話できる、と思って「有料サービス」を屁とも思わず行動に出てしまった私でしたが、その結果が今のこれです。
それだけ彼の死には影響力があったってことよね。

そうそう(笑)
WOWOWに加入したのだって(今は解約したけど)
フレディの追悼コンサートが放映されるが為だったものね。
なにがきっかけになってその後を決めてしまうかわからないけど
彼はほんとに影響力があったな?って改めて思います。
(洋楽を好きになるきっかけも結局は彼だったしね)

最初は「えー、あのキレイな声がこの人?」なんてがっかりしたのに(笑)。彼の存在は偉大なり。
WOWOWから録画したビデオ、私が持ってます。
4時間以上もあったのに、今市販されているのは190分編集版でさびしくなっちゃってる。(曲目リスト
WOWOWで放送されたのは、ブライアンの誕生日だった気がするよ。
(それに、UK 4/20の日本時間はMy Birthdayだったんでちょっとうれしかったんだ。)

あの日のことは忘れもしません。
大学3年の時の大学の学祭が終わった次の日の月曜日、会場撤収作業のあと、サークルの友人と川崎でボーリングして、夕方過ぎに同級生のSが当時横浜にあった僕の家に泊まって行きたいというので一緒に家まで行ったのです。家につくなり、何気なくTVKをつけたらいきなり「バイシクル・レース」のPVが流れたのですが、そのあと異様なまでに沈痛な表情を浮かべた司会の森若香織(ゴーバンズだった人)が「フレディが亡くなった」と発言して…。そこから顔面蒼白になってSに「フレディ、死んじゃったよ…」とSに言ったとたん、1学年上の先輩で同じくクイーン・ファンのM氏から電話がかかってきて、そこから二人で涙ながらに追悼電話。Sは気をつかって、電話の前半にはもういなくなってたっけ…。
後にも先にも、アーティストが亡くなったことで泣いたのは、フレディしかありません。カート・コベインが死んだ時でさえ冷静に受け止められたのに。やっぱ、「洋楽との出会い」となったアーティストは別格なんだな、と今にして思います。それにしても、あれから早13年なんだな?。

事細かに自分の行動を記憶してるほど、たいようさんにとってもこの日は相当つらい思い出になってるんですね。
なんていうか、思い出すだけで泣ける、そんな日でしたよね。
1991年11月24日にはフレディだけじゃなくKISSのエリック・カーも亡くなりました。その当時エリックが入院治療していることは全く知らず(KISSファンだなんていえないよ)、こちらも相当ショックでした。
そんな二重の哀しみで、しばらく再起不能状態でしたよ。

The comments to this entry are closed.

« 今週はQUEEN WEEK | Main | AT THE BEEB »