« ホール&オーツも来日 | Main | Extreme »

GET OVER IT

ゲット・オーヴァー・イット/MR.BIG 1999年(私が持ってるのは初回限定ピンク色のケース入り)
こないだの日曜日、自宅の所有ビデオをチェックしていたときのこと。バカな理由でテプラを捨ててからは背表紙までは作らなくなったけど、何が入っているかは紙に書いてビデオケースに入れてたのでだいたいわかりました。だけどわからないのが音楽ビデオ。「MR. BIG」と書いてあるビデオが家に3本くらいあって、肝心の「いつの何」なのかが書かれていない。とりあえず見てみたら、以前WOWOW加入時に録画した新生MR.BIGのサンフランシスコでのライヴでした。リッチー・コッツェンが加入して間もない頃の「お披露目」ライヴ。その番組のオープニング(ライヴの1曲めじゃなくてあくまで番組の、ね)で "Electrified"が流れたので、懐かしくなって聴きたいなぁと思っていたのです。土日は耳の調子を案じてあまり音楽は聴かなかったので、ほんのちょっとよくなった?今日聴いています。

このアルバム、嫌いじゃなかったんですよね。ポール・ギルバートのギターとは全然違うけど、それはそれなりに味があって。だからライヴも観に行こうと思ってたんだけど、ちょっとした理由で行けなくなり、友達にチケットを譲りました。(初“ZEPP TOKYO”だ、と思ってたけど結局その後一度も行けてない。)
このあとバンド状態は非常に悪くなり結局解散。好きなバンドだっただけにこのゴタゴタを直視できず、次のアルバム「アクチュアル・サイズ」は買わず終い。みんなソロ・アルバム出してますが、買ったのはビリー・シーンだけ。
もともと、DLRB脱退後のビリー・シーンの行方を追っていたらこのバンドにめぐり合ったようなもの。各プレイヤーは嫌いじゃないですけど、ソロにまで興味は行きません。結局私の中では「ビリー・シーンがかつていたバンド」の1つなわけで、バンドの存在感はそれほど大きいものではなかったかもしれない。

« ホール&オーツも来日 | Main | Extreme »

Comments

The comments to this entry are closed.