« The Show Must Go On | Main | JOHN LENNON IN NEW YORK CITY »

LIVE AIDを見た休日

突発的に購入ボタンを押してしまったのが25日の午前0時。到着は26日の夜9時過ぎ。(遅いよー、日通さん。その時間に配達っていま普通なのか?特に夜間配達を指定した覚えはないぞ。)そして発売日から遅れること11日めの昨日、ようやく全体を通して見ることができました。

1985年当時確かに見ていて録画もしていたはずなのに、手元にそのビデオはなし。そして、覚えていることが人に比べて少なすぎる。何故?案外根性なし(好きなアーティストを見たらもうそれでよしと思う3姉妹)なので、寝てしまったんじゃないだろうか。「QUEENはすごかった!」それしか覚えてないなんて。あとでLOUDNESSがビデオ出演していたのは思い出したけど、日本から他に誰が出てたのかも思い出せなかった。なんて記憶力が悪いんだ。

そんな感じなので、当時どうだった、というストレスを全く感じることなく見れたことは逆に幸せかも。

見た感想をだらだらと書きます。(反応したのがすごいくだらない細かいことばかりかも。私らしいといえばそうなんですが。)

最初がStatus Quo。オープニングということはそれなりに本国で支持されていたからだと思うけど、個人的にはよく知らないバンドでした。
80年代ファッション。ウルトラヴォックスのミッジの長いコートやスパンダー・バレエのトニー・ハドリーの長い皮ジャケット、ニック・カーショウやスティング(&その隣のブランフォード・マルサリス)の白っぽい長めのダボシャツ&ぶかぶか気味のパンツ、マドンナとスティーヴ・スティーヴンスの柄パンツ、マドンナの肩パッド入り&長めのジャケット、クリッシー・ハインド(目柄)とトム・ペティ(宇宙柄)のジャケットなどに80年代を感じました。全体的にルーズな感じが多かったですね。(そういえば、当時自分もオーバーブラウス&ロングスカートなんていうファッションだったっけ。)

カーズのベンジャミン・オールがボーカルをとっている姿は初めてみたかも。そしてその声で"Let's Go"を歌ってたのは彼だったのか、と今更のように思ったりして(遅すぎ)。"Drive"は知ってたけど、あんまり意識して聴いたことなかった。でも、リックのヴォーカルスタイルと似てると思うんですけど。メロディがそういう作りだからなのか?
トム・ペティのもみ上げだかあごヒゲだかわからない妙なものが気になったけど、Refugee は懐かしかった。
REO SPEEDWAGON。実はREOのCDおよびLPは一枚ももってないのですが、Roll With The Changes を聴いて懐かしくなりました。昔(1981年頃)ラジオでREO特集をやってたのをエアチェックしてて、この曲も入ってたんです。(1978年の「ツナ・フィッシュ」の中に入ってる曲。)ケヴィン・クローニンはビリー・スクワイアとブライアン・メイを足したような顔だな、と改めて思いました。
ブラック・サバス(feat. オジー・オズボーン)とジューダス・プリーストは個人的にすごく楽しめました。他のアーティストからすると少し浮き気味だったけど、もうかっこいいのなんのって。KKやグレンがギター弾いてるとこ、また観てみたい。ロブもちゃんと動いてるし、頭には金髪がっ!(かなり、今と比較してます。)やっぱり私はこっち系のアーティストのが好きらしい。1人、部屋で首振って観てました(笑)。

freddieandbrian.jpgQUEENは普段どおりの自分たちのステージをそのまま再現していました。フレディのパフォーマンスは場内の観客を見事にひとつにしましたね。知名度の高い代表曲があるバンドはステージが締まるな、と思いました。
それから、彼らのステージを見ていて、4人構成ってシンプルでいいな、と思いました。5人以上のバンド構成だとステージがすごく狭そうに見えました。
フレディもかなりあちこち動きまわり、マイクの線担当が苦労してたように見えたのですが、U2のボノの時は、ギター(ベース?)の人の頭をくぐしていましたね。JFKスタジアムのほうはコードレスマイクやヘッドセットで動きやすそうだったので、ウェンブリーのマイクの線がすごく気になってしまいました。

EXTRAトラックとして入っていたINXSがすごくかっこ良くて、観れてよかったと思いました。
フレディといい、ベンジャミンといい、そしてマイケルといい、(それからダイアナ妃も)、死ぬには早すぎるよ・・・なんて思ってちょっとしんみり。

ついでに。収録されているドキュメンタリーを見てたら、ある日のチャートが映されたのですが、"Do They Know It's Christmas"が1位になった時の2位は "Everything She Wants"だったし、"We Are The World" が1位になった時の2位は "Everybody Wants To Rule The World"でした。偶然なんだろうけど、"Every" と "Wants" が入ってるのが似てましたね。

写真はFreddie Mercury & Brian May "Is This The World We Created?"のワンシーン。

« The Show Must Go On | Main | JOHN LENNON IN NEW YORK CITY »

Comments

チェッカーズも出てたよーん>日本代表。
ギザギザハートだったような記憶が。
でも、自信ナシ(涙)。
ファン失格。

ほえ?、そうだったんだっけ。
私はその頃はまだチェッカーズには興味なかったんだよん。
というより、邦楽にはほとんど興味なくて、LAメタルにのめりこんでる最中だったかも。
(LIVE AIDの数日前にモトリー・クルーのライヴに行ってた記録あり。)
「SEVEN」つー本にそのへんの記録が載ってないかと思って探したけどありませんでした。
フミヤに「USA for AFRICAってどう思う?」なんて聞いてる記事はあったけどね。

チェッカーズ目的で見てたという事実もあって>ワシ。
でも、他に出ていたのが大御所だったもんで、
あっという間に終わったような思い出が。
家のどこかにあるハズなんだが>ビデオ。
ぬううう。

自分が興味ない頃のビデオって、あとですごく興味がわいたんだけど、そう簡単には手にはいんなくてねー。
もし見つけたら見て、どんなか教えてね。
なおちゃんがチェ離れした頃?からのビデオは、けっこう持ってると思うよ。
今日も、1987年の年末あたりに録画したビデオが出てきて懐かしく見てしまいました。
なんかねー、この頃は仲良かったんだなぁ、なんて思ってしまうようになっちゃって。いけないわね。

The comments to this entry are closed.

« The Show Must Go On | Main | JOHN LENNON IN NEW YORK CITY »