« AT THE BEEB | Main | The Show Must Go On »

LIVE MAGIC

1986年のヨーロッパ・ツアーのダイジェスト。ライヴの寄せ集めは本来好きではない(1公演だけを収めたライヴのほうがつながりもいいし臨場感があると思っている)ので、あまり聴いた覚えがない、馴染みの薄いアルバム(苦笑)。ファンといえど、そういうのもたまにありますよ。ウチのQUEEN担当・姉が買った最後のQUEENのアナログ盤だったっけ。(最終的には私がその後買ったGREATEST HITS IIのアナログ盤が最後だけど。)

QUEENのアナログ盤といえば、「オペラ座の夜」のジャケットは、コーティングされてない和紙テイストな紙(なんて表現すればいいんだ?)で、触ればさわるほど黒ずんでそして毛羽立っていったのが懐かしいなぁ。

LIVE AID、QUEENのとこだけ全部観ました。
すごい、「ボヘミアン・ラプソディ」をフェイクなしでこんなにきっちり歌っていたフレディは久しぶり、いや、はじめて見たかも、なんて思ってしまいました。何度でも見たい素晴らしいライヴ。
(見れば少しくらい思い出すと思ったのに、自分の記憶からこの映像をかつて見たという記憶がきれいさっぱり消え去っていたのを再認識する結果に。私、もしやずっと気を失ってたの?)

かなり飛ばして1枚目を見ました。収録されているBAND AIDとUSA for AfricaのPVを見たとき、HEAR 'N AIDの「スターズ」も収録されていればいいのに、なんて思ってしまったのは私だけ?
LIVE AIDは明日以降、また最初からゆっくり見る予定です。

HEAR 'N AIDの"Stars"。ハード&メタルなアーティストが勢ぞろい。ジョージ・リンチのギターにしびれまくった覚えが(笑)。

« AT THE BEEB | Main | The Show Must Go On »

Comments

実はライブ・マジックだけ持ってないんですよね・・・w
でも、この頃のフレディーが一番好き♪
声域は狭くなったかもしれないけど、男の渋さ、円熟期に達してきた彼らのうまさが出てる。

あ、やっぱり・・・・(笑)?
後にLive at Wembley '86 もリリースされたので、あれをお持ちならこっちはいいんじゃないかって思います。(いいのか?)
後期のライヴは本当に安定してて、余裕すら感じますね。
自分たちの価値を彼ら自身が一番よくわかってた気がします。
だからこそ、もっとその先のライヴも観たかったですよね。(それはある意味ブライアンやロジャーが果たしてくれてますけどね。)

HEAR ’N AIDのPV、実は80年代録画ビデオに残ってるんですよ。できるものなら見せて差し上げたいです。
LIVE AID、いいですか?友だちも買うって言ってたんですけど、「私はクイーン買うから?(金がない)」と返事したんですよね。

Hear 'N AidのPV、多分ウチにあるビデオの山のどこかにも入ってると思います(笑)。
それに、何度も見たので誰がどういう順番で弾く、とか歌うとか、記憶してるかも。
メイキングビデオもありましたよね。
LIVE AIDはいいですよ。その時代の人気アーティストが揃い踏みという感じで、記録としても見る価値はあると思う。
見つづけていたら、ボブ・ゲルドフがかわいく見えてしまいました(苦笑)。
いや、いまと比べてって意味です。今はすごい老けましたね。

The comments to this entry are closed.

« AT THE BEEB | Main | The Show Must Go On »