« LIVE MAGIC | Main | LIVE AIDを見た休日 »

The Show Must Go On

TheShowMustGoOn.jpgTHE SHOW MUST GO ON/QUEEN

フレディの死後、手に入らなくなる確率が高くなると思って急いで買い集めたシングルの1つ。シングルのUKリリース日は10/14で、GREATEST HITS IIのリリースとかなり近いです。この曲のPVは、いままでのPVの寄せ集め的内容で、悪い意味でQUEENの集大成を思わせます。私がそれを見たのはフレディが亡くなってからだと思います。それでよかったのかもしれない。ただでさえ、INNUENDOリリース後1年も経過していない同年に突然リリースされた謎のベストアルバム(GREATEST HITS II)で頭が混乱している時だったから。

日曜日のお楽しみ?The Rock Radio のQUEEN HOURはフレディ・トリビュート。22:00から1時間なので、もう始まってますよ♪
※毎度、 "QUEEN TALKS" が多用されてる放送だったなぁ。(QUEEN TALKSは上のシングルに入っています。)

その後は INNUENDO を聴いていました。
リリースされた年に聴いた第一印象はすごく良かった。その反面、心の奥で何かがひっかかった。彼らに何が起きたんだ?という感情だったと思います。だてにQUEENファンやってなかったな、と思ったのはその年の後半でしたが、ただの新譜でなかったことは明確。1986年の活動停止後の再出発となった "The Miracle"のファーストシングル "I Want It All"を聴いた時は、かなりロック色が濃くなりデビュー当時の彼らに戻ったかと思いましたが、アルバムの全体的な印象はそれほど強くありませんでした。それが次の作品になると、全盛期を思わせるような力作揃いでぜんぜん気が抜けない。最初から最後まで、まさに魂が宿っているような曲ばかり。
だけど何故か、この曲はライヴでは聴けないような気がしていました。"The Miracle"をリリースしてもツアーをしなかったから、とかそういう理由ではなくて、何故そう思ったのかもわかりませんが、そんな感じがしたのです。

このアルバムは、フレディ生前の最後のアルバムだから特別な思いがするのではなく、普通にQUEENを聴いていたからこそ名作だと言える1枚です。いつも時代の流れに敏感だったQUEENなのに、このアルバムには特別新しさを感じなかった。そこにファンは安心し、そして不安をも感じたのでは。

« LIVE MAGIC | Main | LIVE AIDを見た休日 »

Comments

The comments to this entry are closed.