« 今年買ったCD | Main | Real Illusions: Reflections »

今年買ったDVD

こちらは今年買ったDVD。QUEEN関係のリリースが多かった年ですね(それでも全部買ったわけじゃないです)。これにも「観るならこの1曲」をおつけしました(笑)。

Live at the Astoria London - Steve Vai
SHY BOYに大感激!パワーツインズの来日公演を観れなかった悔しさが一気にふっとびました。それにしても、派手なステージ衣装なのになぜ彼はあんなにお似合いなのでしょう。

クイーン・グレイテスト・カラオケ・ヒッツ〈DVD〉
どれも歌えない。改めてフレディの歌のうまさを実感。そして、改めて "HEY!" などの掛け声の難しさを思い知る。私が歌ってもかっこよくない(笑)。このカラオケを見ながら歌ってさまになる人などいるのだろうか?うまく歌える人を見てみたいと思った Don't Stop Me Now をこの1曲にしたいと思います(笑)。

オン・ファイアー / クイーン1982
Hot Spaceといえば、失敗作とさえ言われたアルバム。その頃のツアー映像が今ごろ日の目を浴びるとは思ってもみませんでした。私にとっての初クイーンライヴである西武球場の映像もおまけ映像として入っているのがうれしい。
素晴らしいライヴなので、1曲だけなんて選べないよ。

ライヴ・エイド
どの映像も懐かしかったけれど、とにかくクイーン!とにかくフレディ!あの時間帯だけは、これがチャリティライヴのほんの一部分なんだということを忘れてしまうくらいの圧倒感。
クイーンの寿命を延ばしてくれた記念すべきライヴの映像。会場が一体となった RADIO GA GA は特に必見です。

« 今年買ったCD | Main | Real Illusions: Reflections »

Comments

Sakiさん、こんにちは。しつこく、すみません。
銀のぶどう情報ありがとうございました。なんと、地元のデパ地下にもありました。
さて、実は私もクイーンの大ファンなんです。今年の再ブレイクで、CD引っ張り出して、クルマの中で大音量で聞いたりしました。
 こんな音出せるバンド、クイーン以外でませんね。やっぱり、フレディーは偉大でした。。。しみじみ
Don't Stop Me Now歌えるようになるといいですね (^_-)
(私はクルマの中での一人カラオケにしておきます)

コメントが年越ししてしまってすみませーん。
すずりんさんもクイーンファンでしたか!
もう去年の話になってしまいましたが、あの大ブレイクはなんだったのかと長年のクイーンファンなら誰しも感じてしまったことと思います。
再評価されるのはうれしいけれど、一過性のことじゃなければいいですよね。
ほら、日本人って熱しやすく冷めやすいから。
Don't Stop Me Nowがんばって練習します(笑)。
銀のぶどう、店舗によっては品揃えが違うかもしれないので、もしお近くのお店になかったらゴメンなさいね。

Sakiさん、あけましておめでとうございます。
昨日初売りに出かけて早速、三越千葉店のデパ地下へ。ありました、銀のぶどう!こんな近くにあったなんて。。。
見慣れた9分割の栗金時もショーケースにはあったのですが「本日は売り切れました(^^;)」とのこと。うーん、残念っ!
今度食べたら感想アップさせて頂きますね。
クイーン今年もがんばれ!

初売りに行かれたんですね、だいぶ混んでたでしょう!?
でも「本日は売り切れました」ってほんとなのかなぁ(^_^;)。
日持ちのしないお菓子はまだ店頭に並んでなかったのかもしれませんよね。
ということは、これからみかける機会が増えるのでは?
食べたらぜひ感想をお聞かせください。
すずりんさんとこのBlogで記事を発見する日を楽しみにしています。
クイーン、今年は活動再開ですから露出は増えると思いますよ。
気が早いけど、来日しないかな(笑)。

確かに2日に、栗金時が入荷してたかどうかはちょっとわかりませんよね。でも、楽しみが増えました。
ところで、私もクイーンの活動再開の記事、どこかで読みました。
でも・・・
ブライアンメイとか、かなりというか相当お太りになられたご様子・・・ロジャーテイラーも太ってしまった記憶あります。う?ん、、、
フレディーのボーカルもあまりにも素晴らしすぎるので、どうするんでしょうか?。。。。でも、余計な心配かな?  (^^;)

そうですねぇ、ブライアンは永遠の年齢不詳かと思っていましたが、やっぱりちょっと老けましたね。
でも、風貌が変わったのはどっちかといえばロジャーのほうですよ(^_^;)。
姿はどうであれ、彼らが現役でやってくれているのを見てるだけで私はうれしいです。
2人とも声はあのまんまですしね。
誰がヴォーカルでもフレディと同じようには歌えないと思いますが、それは恐らくヴォーカルを担当するミュージシャンもわかっているはず。
フレディのように、ではなく、フレディと同じ立場になってクイーンの歌を歌う。ただそれだけなんだと思います。
ポール・ロジャースも素晴らしいヴォーカリストです。
彼の声で再びクイーンの歌を聴けるということに、「クイーン」というバンドがツアーを再開するという事実に、いまはただ喜びを感じています。
FREEとかBAD COMPANYの曲も演奏されるんでしょうね、多分。

The comments to this entry are closed.

« 今年買ったCD | Main | Real Illusions: Reflections »