« Mystery Tracks Archives vol.3 | Main | 命日 »

ヨーロッパツアースタート

QUEENのオフィシャルサイトに、28日に行われたヨーロッパツアーのライブレポートが掲載されています。

クイーン+ポール・ロジャース ヨーロッパツアー遂にスタート!

これによると、セットリストは以下のとおりです。
文字だけの情報でなく、音も聴いてみたいですね。

   1.  REACHIN' OUT
   2. TIE YOUR MOTHER DOWN
   3. LITTLE BIT OF LOVE
   4. I WANT BREAK FREE
   5. FAT BOTOMMED GIRLS
   6. CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE
   7. SEAGULL (ポールのギター弾き語り)
   8. '39(Vo.ブライアン・メイ)
   9. LOVE OF MY LIFE(Vo.ブライアン・メイ)
  10. HAMMER TO FALL
  (前半:ギター弾き語りSLOW VERSION/後半:バンドヴァージョン・Vo.前半:ブライアン/後半:ポール)
  11. ブライアンギターソロ
  12. LAST HORIZON(インスト・ブライアンのソロアルバムより)
  13. THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES(Vo.ロジャー)
  14. RADIO GA GA (Vo.前半:ロジャー/後半:ポール)
  15. CAN'T GET ENOUGH
  16. I'M IN LOVE WITH MY CAR (Vo.ロジャー)
  17. I WANT IT ALL (Vo.ブライアン)
  18. A KIND OF MAGIC
  19. BOHEMIAN RHAPSODY (Vo.前半:フレディ/後半:ポール)
  20. SHOW MUST GO ON

ENCORE-01

  21. FEEL MAKING LOVE
  22. ALL RIGHT NOW

ENCORE-02

  23. WE WILL ROCK YOU
  24. WE ARE THE CHAMPIONS
  25. GOD SAVE THE QUEEN

(BRIXTON ACADEMY, LONDON)

« Mystery Tracks Archives vol.3 | Main | 命日 »

Comments

Saki さん、こんばんは
ヨーロッパツアースタートしましたね、ああ私も観てみたい
「6月に来日」と新聞記事がありましたが、本当でしょうかね?
実現するとうれしいんですけどね。

いやだ!信じたくないし、認めたくない。
少なくともクイーンって言ってほしくない。
メイ・テイラー&ロジャースとかでやるなら
別だけど、その時はクイーンの曲抜きで。

前々から、ブライアンとロジャーがクイーンの
栄光で商売したがっているのはわかっていたけど、
なにもこんな形でなくても。
しかも、今回のケースにジョンが絡んでない。
ジョンは以前、ブライアンとロジャーが、
スイスでフレディ・マーキュリー展をやったときにも
発起人に名を連ねていなかったから、
結構仲悪いんでしょうね、今。
あと、ジョンはクイーン後期、フレディ側に一番
近いメンバーでもありましたしね。


クイーンの場合、フレディの口から歌われてからこそ
意味がある曲があまりに多いので、
やっぱりこれは聴く気にはなりません。
でも、熱心なクイーン・ファンほど、この気持ち、
わかってくれるのではないかと思うのですけどね。

自分も熱心なファンではありませんが、ポール・ロジャース参加のクイーンよりも、ジョンが不参加のクイーンというのが気になりました。
オフィシャルサイトを見て「あれ?ジョンがいねえじゃんか!」とあちこち探しましたが、そういうことだったんですね。
たいようさんのコメントのとおり、今あまりブライアン&ロジャーと仲がよくないのであれば残念なことです。

ポール・ロジャースは全く聴いたことがありませんが、クイーンのファンの方々の今回の評価はどうなんでしょうか?
ジョージ・マイケルの時は自分はそれほど拒絶感はおこりませんでしたが・・・

フブロジさん

翌日(30日)は朝からワイドショーでQUEEN活動再開の新聞記事が紹介され、映像も流れていましたが、普段の何倍も大きく取り扱われていてちょっとびっくりしました。
たまたまチャンネルがTBSになっていて、みのさんがこのニュースに「QUEENってまだやってたの!」とびっくりしていたのに逆にびっくり(けっこう騒がれてたのに)。
過去の人からすると、QUEENて過去のバンドなわけね・・・・

「6月来日」は信じ難いニュースですね。
確かにライヴは6/11のあと少し空いてて7/2までありませんけど。
少し休養取らないと続けていけないんじゃないかというのは要らぬ心配なんでしょうか(^_^;)。

たいようさん

偉大なバンドのファンって2種類いると思うんですよね。
「オリジナルからかけ離れているものは認められない」タイプと、「メンバーが関わった活動に関してはすべて認める」というタイプと。
私はどっちかな?と考えてみたら、曖昧でその中間みたいです。

確かにジョンがいないのにQUEENと名乗るのは気になりましたが、なんていうか、そのへんはKISSで慣れてしまっていて。(あれ、話が違うくなってきたかも(^_^;))
GENEとPAULさえいればKISS、みたいなところがあったけど、QUEENもフレディ亡き後は実質ブライアンとロジャーしか目立った活動はしてなくて、彼らが動けばQUEENの活動として捉える人が多かったと思います。

ああ、でも。
改めてセットリストをみると、QUEENという名前を使ってライヴする内容じゃないのでは?と思いました。
でも、結成して新曲を出してるわけでもないので「メイ・テイラー&ロジャース」というのもおかしいし。
考えれば考えるほど、複雑な気持ちになります。

来日したら多分観にいくとは思いますが、楽しめるかどうかはまた別の話かも。

SYUNJIさん

確かにね、ジョンのことは気になりますね。
ずっとQUEENのメンバーだったのに、彼って他のメンバーの印象が濃すぎて、存在感薄かったですからね。
ブライアンやロジャーが出てくると、それが「QUEENの意思」みたいに聞こえていたのは確かにあったと思います。

今回、この件について声をかけられたのかどうかも実は不安だったりして。
声をかけられて、ジョンが「もう音楽活動から手を引いたから、やりたきゃ勝手にやれば?」と言ったんだろうと、それはもう自己本位に考えていました。
そんなことを考えてたら、KISSとQUEENがダブって見えてきてしまった・・・・

ポール・ロジャースはフレディとはタイプが違うけれど、聴き応えのあるヴォーカルをとる方です。
彼も悪くはないんだけど、ジョージ・マイケルと比べたら、しっとりと繊細な歌い方ができるジョージのほうを歓迎してしまいますね。(これはしょうがない)

 こんにちは。初めまして。
確かにジョージ・マイケルの方がイメージ的には合うかも知れませんね。トリビュートのときも良かったし。
 昔からクィーンもポール・ロジャースも好きなんですが、ポールは完全にブルース寄りのシンガーですし、かたやクィーンはブルース色の希薄な(ブライアンのフレーズなどもそうですが)バンドだったので、どうしてこういう組み合わせになってしまったの?という感じです。
 まぁ、年代的にも近いですし、結構昔から仲が良かったりして「一緒に金儲けしようぜ」ぐらいのノリなのかな?

それでは、また寄ってみますので、よろしくお願いします。
*おっ、上のほうにフブロジさん発見!

axis_009さん、はじめまして!

フレディ追悼コンサート時のジョージの"Somebody To Love"は絶品でしたから、噂でもなんでも期待した方は多いはず。
でもライヴ・パフォーマンスなどで考えれば、ハードロックバンドに在籍していたポール・ロジャースのほうが他のメンバーもやりやすかったのかもしれませんね。
それに、ブライアンとポールは1994年のギブソン生誕100周年記念コンサートでも共演したことがあるので、意外と相性のよさをお互いが感じていたのかもしれませんし。

単なる金儲けで企画した活動再開じゃないといいなー、といちファンは希望します(^_^;)。

またいらしてくださいね!

こんにちは。
 皮肉っぽいことを書いてしまいましたが、結構楽しみにしてるんですよ、実は。
 前にクィーン+ポールの音を聴いたんですが、やっぱりポール・ロジャースは旨い!フレディーとは違いますが、ポールの遣り方でクィーンの曲を歌いこなしてる感じがします。どうしてもフレディーのイメージが強すぎるので、違和感があるのは仕方がないですが、良いグループだと思います。来日公演、あるのかなぁ。
*私のBlogからリンクさせていただきました。今後とも、よろしくお願いします。

ども、リンクありがとうございます。
こちらからもリンクさせて頂きました。

ギブソン100周年記念コンサートの映像では、ポールはかなり歌いまくっているんですが(後半のほとんどは彼の独壇場と化しています)、やっぱり旨いし存在感もありました。
で、いまより10年も前の映像だったのですが、最近の彼と大差ないように見えました(^_^;)。
つまり今が若いってことですよね。
彼が現役で歌い続けたい気持ちと、ブライアン+ロジャーが現役でプレイしつづけたいという気持ちが相互作用してバンド化したと思ったほうがより自然かもしれません。
来日はどうなんでしょう?
噂になっている6月だったらそろそろプロモーターが動き出してもいい頃なのですが。

 こんにちは。
Queenの来日については、その時期の東京、大阪(武道館、大阪城ホールあたりか?ドームはきついかなぁ)の会場のスケジュールをチェックするといいかもしれませんね。会場が空いてないと公演できないし、地方公演にしても、まず東京、大阪を埋めて、それでも空いた日程があれば、と言うことになると思うので確実かもしれません。(時間があるときにでも調べてみようかな)

それではまた。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5157/58592062

Listed below are links to weblogs that reference ヨーロッパツアースタート:

» A Night at the Opera/QUEEN [Rock! ALBUM SELECTION]
A Night at the Opera [Bonus Tracks]Queen by G-Tools [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  1973年「戦慄の王女」で、それまでのハード・ロックのパターンから脱した新しいスタイルのハード・ロック・サウンドでデビューしたクィ... [Read More]

« Mystery Tracks Archives vol.3 | Main | 命日 »