« サマソニまであと一週間 | Main | いよいよ明日 »

予習…じゃない!


何故か今、System Of A Downの2001年リリースのセカンドアルバム Toxicityを聴いています。ぜんぜん予習じゃないじゃん(笑)。息抜き?とも違うけど。

これはネットラジオを頻繁に聞いている頃(2003年かな?)からぜひともアルバムを通して聴いてみたかったのです。ラジオで聴いて気に入ったのは "Chop Suey!" と "Aerials"の2曲。全体通すとちょっと微妙なところもあるけどわりともの悲しい雰囲気が漂う曲で、他にもこんな曲が入ってるのかしら?なんて想像していたのですが、それは相当な勘違いでした。

その後、同名バンドの全然違う雰囲気の曲を何曲か聴くことになります。かなり頭が混乱しました。「今のはなんだったんだ?」と。「System Of A Downって、もしかしてこっちが本来の姿の怪しいバンドなんじゃ?」と。

予感的中。はっきりわかったのは3rdアルバムSteal This Album!を昨年聴かせていただいてからかな(他力本願モード)。ああ、やっぱ普通のロックじゃなかったのか、面白いけどクセがあるなぁ、なんて思っていたのですけど。慣れると病みつきになるとわかっていながら、去年はそれほどはまりもせず、ほどほどに聴いていたのです。

今年リリースされたMezmerize。あれはかなり聴きやすいアルバムですね。全体的には怪しいけど、すごくキャッチーであっというまに聞き終えてしまう。この作品は、あの怪しげさがツボだった人だけでなく、ロックファンに広く浸透していったのは言うまでもありません。

結果的に、彼らのアルバムとしては3番目に聴いたのが今回のToxicity。
彼らの音楽にはちょっと毒性がありますよね。なんちって、この「Toxicity」の邦題がまさにそれなんですけど(笑)。
諸事情で日本盤を購入したので、全15曲、TOTAL TIMEが46:08。「約2分」という1分台の曲が3曲もあるのですが、濃いので短さをぜんぜん感じない(笑)。いや、満足しました。このヘンな感じが逆に気持ちいい。

2聴して思ったこと。
1.Prison SongでRUSHの2112を思い出したぞ。
9.ForestでSlipknotのOnly Oneのギターリフを期待してしまったぞ…。
(多分、2112は知ってる人にはわかってもらえると思う。)

というわけでまだ2回しか聴いておりません。
またそのうちこのアルバムの名前が日記に出てくるでしょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
これも予習じゃないけど。Taprootの "Facepeeler" いいわ。(MP3で落として聴いてます。)
やっぱ新譜(ブルー・スカイ・リサーチ)買おうっと。今月中のリリースだし、楽しみが1つ増えた。

« サマソニまであと一週間 | Main | いよいよ明日 »

Comments

The comments to this entry are closed.