« Tシャツ大変身 | Main | SLIPKNOT at Summer Sonic 05 »

SUMMER SONIC 05(8/13)MARINE STAGE

SUMMER SONIC 05初日から一夜明けました。
今は2日めの公演が行われている真っ最中ですが、Slipknot以外の昨日の感想を書いてみたいと思います。

昨日は一日中、千葉マリンスタジアム(MARINE STAGE)にいて、すべてのアーティストの公演を観ました。自分にとってのメインアクトがSlipknotだったので、MARINE STAGEの開始は18時5分の彼らのステージへのカウントダウンの始まりでした。とはいえ、7時間5分待つのは長かった(^_^;)。
同じ会場に観に来ていたmauさんと途中まで一緒でした。(mauさんお疲れ様でした。)


11:00 Marine Stage Open
誰だかわからない司会者が出てきて開幕宣言。ちょっと盛り上がってなかった(笑)。


11:10~TOWERS OF LONDON

ロンドンを拠点に活動するパンクロックバンドで、このライヴがいわゆる日本でのデビューらしい。
音は、私がいわゆるパンクロックだと思っている音=70年代後半から80年代前半のパンク系の音でした。だからなんだか懐かしい感じすらしました。
ギターの人がちょっとSLASH入ってましたね。
ヴォーカルのドニーのタンクトップには日本語が書かれていて、じっと目をこらして見たら「自己表現」。なんで?


12:00~ROOSTER

デビューアルバムが初登場3位を記録するなど、話題の大型新人。
日本でも彼らに注目していた人は多かったみたいで、知人たちも話題にしていたほど。
私の彼らに関する知識といえば、こないだのサマソニ特番で観たPV 「Come Get Some」 だけ。
生で観た感想はといえば、ギターのLukeの見た目がジミー・ペイジそのもの、という感じ。調べたらホントに影響受けてるんですね。VocalのNickの見た目の雰囲気はちょっぴりジム・モリソンぽかったのですが、胸がはだけてる感じがロバート・プラントといえなくもないような、ちょっぴりZep色を感じてしまいました。
音は悪くないと思うし、Nickの歌がうまいのもわかるのですが、今の自分には合いませんでした。ミドルテンポがここまで続くとちょっとイライラ(^_^;)。ミドルテンポの連続に耐えられなくなっている自分に気づく(^_^;)。


13:05~ORANGE RANGE

当初、観る予定はなかったんですけど、昼食をとりながらなにげなく観てました。
でもさすが日本で売れているバンドだけあって、どっかで聴いたことのある曲の連続。
最初は多分「ロコローション」でしたよね(^_^;)。あと「上海ハニー」もわかったし。
ドラムスのKATCHANが抜けて最初のライヴだったらしい。けっこう貴重な体験?
3人のヴォーカリストの絶妙な掛け合いと、ファンとの距離をより近いものにしているMCなどを聴いていて、人気がある理由がわかる気がしました。
ま、CDを買って聴いたりはしないけど、自分もこういうのは嫌いではないってことがわかっただけ進歩です(笑)。


14:15~BUCKCHERRY
実はこのバンドの存在はほんとに知らなくて、自分の知らないうちに結成されて解散されて再結成されていたようです。
とにかく印象に残っているのはヴォーカルのJoshのタトゥのみ。ごめんなさい、音もすっかり忘れて、観た中では最も印象に残っていないバンドになってしまいました…


15:25~THE MAD CAPSULE MARKETS

彼らも日本人アーティスト。当然名前もSummer Sonicに行こうと思わなければ知ることもなかったと思います。(でも調べたらSid(#0)がゲストDJでツアーに参加してたりするのよね。)
ジャンルでいうと、ハードコア・パンクとかオルタナティブとかミクスチャー系になるのかな?今までの私なら絶対受け付けない音、なのに今の自分には「けっこう好きなんですけど~」系の音に変化してました(笑)。すごくノリが良いのに重厚な感じがヒットしたみたいです。(Slipknotもこんな音だしね(笑)。)
この時まではまだスタンド席で観ていたのですが、ファンが多かったですね。グランドもほぼ埋っていたし、スタンド席にもコアなファンがいました。
偶然なのか故意か?ヴォーカルの方が着ているTシャツの後ろに描かれていた紐の絵はまさに「Slipknot」を意味するものだったんですが(笑)。他に気づいた人いないかしら。


彼らのライヴの途中で場所をグランドに移動。違うブロックのmauさんとはここでお別れ。私達が目指すSlipknotでいい場所を確保するため、Deep Purpleの公演が始まる前にグランドに入っていよう、という計画だったのです。


16:40~DEEP PURPLE

実際に始まったのは40分は既に回っていたと思います。
「HIGHWAY STAR」から始まり、途中に「PERFECT STRANGERS」「WOMAN FROM TOKYO」「SMOKE ON THE WATER」などの有名な曲を挟んで、最後は「BLACK NIGHT」で終演。
途中にスティーヴ・モーズとドン・エイリーのソロがあったのですが、彼らのようなベテランバンドには以前からあった習慣なのに、逆に今それをやってるバンドが少ないせいか、妙に長さを感じてしまいました。それにドン・エイリーが「STAR WARS」をやる意味が実はよくわかんなかったりして…

とはいえさすがにベテランバンド、近くで見ていた若いファンを圧倒していました。私の近くにいた人なんて「DEEP PURPLEなんてしゃれで観ようと思ってたのに、実際に見るとやっぱかっけー!(注:「かっこいい」です(笑))」なんて言ってた。

「SMOKE ON THE WATER」の中で♪Smoke on the water, fire in the sky♪という部分を会場の人に歌わせるところがあったのですが、「smoke on the water」は知ってるんだけど「fire in the sky」がモゴモゴでした(^_^;)。それもそのはず、次のSlipknotの場所確保のために前にいた人たちが圧倒的に多かったですから、年齢層もかなり低かったはず。


18:05~SLIPKNOT

この頃までには日が落ちていて、うっすら暗くなっていました。
彼らは単独で別に感想を書きます。
直前まで別行動だった同じブロックの友人のOさんもグランドに入っていたのですが、セットチェンジの頃には入場規制がかかっていたらしく、前のブロックに入れなかったそうです。それだけ彼らを前で見たいファンがいたということです。
(しかし一緒にいたらエライことに巻き込まれていたので逆によかったのかも(^_^;))


19:35~NINE INCH NAILS

すっかり暮れて、ライティングがすごく映えたステージでした。
さすがにトリだけあって、ファンは多かったです。

あまりに疲れたので前のブロックの入口付近まで移動し、わりと後ろの方、しかし大型ディスプレイだけはしっかり見える位置で観ていました。
私にとっては熱冷まし汗乾かしのライヴになってしまった彼らのステージは、もちろん初めて観ました。そして、実は音も最新アルバム以外は聴いたことがなかったので、初めての曲が多かったんですね(^_^;)。With Teethからの曲をけっこう演奏してくれたから寂しい思いをしなくて済みましたが。

前のSlipknotに比べ客との掛け合いなんてのはほぼない、淡々と演奏をしつづけるという雰囲気でしたが、フロントマンのトレント・レズナーの汗のせいか、すごい熱気を感じました。音も予想していたのとはちょっと違うダンサブルなノリのいい曲や歌い上げる感じのエモーショナルな曲など、こんなにポップだったの?と実は思ってしまったのです。でも、友人のOさん曰く「今回のはちょっと違う」だそうで、私の認識がかなり間違っているかもしれません(笑)。彼の声は好きです。もっと聴いてみたいと思ったアーティストでした。


終演後、花火が上がりました。こんなに近くで見たのは今年初めてで、すごく感動しました。

« Tシャツ大変身 | Main | SLIPKNOT at Summer Sonic 05 »

Comments

花火、見られてうらやましいですぅ。その頃、私は電車の中でした。

Sakiさんのレポとても詳しい~! 私のなんて感情の行くままにですよ(笑)。とってもお恥ずかしい次第です。

やっぱり、受けた印象ってそれぞれですよねー。でも、私もNINはもっと聴いてみたいと思いましたよ!(今更ながらにですが;)

そういえば、サマソニのサイトのレポ、もうご覧になりましたか? 昨日のライヴの写真がアップされていますよ~。

mauさんこんばんはー。

昨日はどうもありがとうございました。
mauさんの助言、非常に参考になりましたよ!ってぜんぜん参考にしてない自分が何を言う、でしたが(^_^;)。

サマソニサイトのレポは言われるまで気がつきませんでした。
(いや、見たときまだ準備中だったのに…気のせい?)
でもホントにすごかったですよね。

slipknotの感想のほうも書いたんで、よかったら読んでください。こっちはかなり感情に任せて書いてしまいました~(笑)。
思い入れ度が強いとやっぱ違います。
いまさら思い出してまた感動している自分がいます(しかも泣いてるし(笑))。

9月にMTVで今回のLIVEの放送予定があるみたいですね。
5時間だからどれだけ放送されるかはわからないけれど、全体像が全くわからなかっただけに本当に見たいです。

こんにちは。私はROOSTERとDP以降だけマリンにいたのですが、SLIPKNOTの盛り上がりは別格でしたね。NINがあんな偏ったセットにしたのも、時間がやたら長かったのもトリとしての立場に危機感を持ってたからでしょうか(笑)。
何はともあれ無事に帰れたのと良い印象で夏フェスを終われたのがよかったと思います。
PS、リンク貼って良いですか?

けいさんこんばんは。

上から見下ろせたなんてなんてうらやましい!
そのけいさんが「盛り上がりは別格」と書いてるってことは、相当すごかったということですよね。
自分がいたあたりを上からぜひとも見下ろしてみたかったです(笑)。
NINは確かに「ちょっと長いのでは?」と思ったけど、彼らを見に来ているファンのために最初から用意された時間だと思ってました。もしや、違ったんですか?(笑)

念のため抗めまい剤まで飲んで参加したサマソニだったんですが、体調が悪くならなかったのだけが救いです。心の中で「負けるもんか」とずっと念じてたんですけど、どうやら勝ったみたい(笑)。

リンクはどうぞよろしく。
(こちらは勝手に貼っちゃってました(^_^;)。)

こんばんは。
ディープ・パープル、なかなか評判が良かったみたいですね。LIVE8の時のイアン・ギランが結構きつそうだったので。。。
でも、今の若い人の方がリッチー・ブラックモア云々というこだわりが無くて自然に聴くことが出来てよいのかもしれませんね。(^^♪

axis_009さん、こんばんは。

ギターソロやキーボードソロが長かったのはもしやそのせい…?
若い人はネームバリューの高いベテランバンドをこの目で観れたというだけで満足していたように思います。

リッチーじゃなきゃやだとか、ジョン・ロードじゃなきゃPurpleじゃない、なんて言う人はいませんでしたよ(笑)。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5157/58592069

Listed below are links to weblogs that reference SUMMER SONIC 05(8/13)MARINE STAGE:

» Machine Head/DEEP PURPLE [OOH LA LA - my favorite songs]
Machine Head (Rmst) (Dlx)DEEP PURPLE [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] ハード・ロック・ファンでなくとも一度は耳にしたことがあると思われる有名曲"Highway Star"、"Smoke On The Water"他を収録したDEEP PURPLEの傑... [Read More]

« Tシャツ大変身 | Main | SLIPKNOT at Summer Sonic 05 »