« ロゴ入りTシャツ | Main | THE ALL-STAR SESSIONS »

新宿探検2:音楽編

その後、本来の目的であるCD探し。

わりと近くにdisk union新宿本館があることがわかっていたので行ってみた。が!行きなれてない店はさすがに探しにくい。というか、ここの雰囲気は普通のCDショップと は違う(笑)。知ってたけどすでに免疫がなかった。5分もいられなかった(^_^;)。細かいジャンル分けが私にとっては探しにくかった…
で、またまた近くにあったdisk union新宿プログレッシブロック館に行ってみる。あれ、ここは昔、へぎうどんが食べられた居酒屋があったところじゃないの…(よく来てたんだよね、と懐かしくなる)。
勢 いよく扉を押して入ったまではよかったが…ここも3分くらい粘ってみたがムリだった(笑)。違う世界の人たちがたくさんいたからだ。いや、フツーの人間な んですけど、なんか探し方が一般の人と違うような気がして。あと、ジャンル分けされすぎて私にはもうわからない。そうか、新譜のコーナー探せばいいんだ! と思ったけど、目に付いたのはRoger WatersとUKのCDくらいで、もう出たくてしょうがなかった(^_^;)。なさけなか…

結局、タワーレコードまで行って買いました(遠っ)。
購入したのは予告どおりOpethの「ghost reveries」(値段があまり変わらなかったので国内盤)ですが、1曲めと2曲めを聴いたくらいで既に愛聴盤になりそうな予感。いろ んな音が混ざっているけど、美しさが際立っているように感じました。今、にやにやしたり、聴き入ったり、涙出そうになったりしながら繰り返し聴いているところです。

ミカエルの声って、Steve VaiとBilly Sheehanを足して2で割ったような感じ、と思ったのは私だけでしょうね。でも、キレイな声。

タワーレコードでは書籍を発見。
まずは、ロッキング・オン社発行の「BUZZ」。フジロックとサマーソニック特集。立ち読みしてきました。もちろんSlipknotのところだけですが。
それによれば、コリィが Spit It Out で「スワレ」を言わなかったのは、日本語が頭から飛んでしまったせいらしいです。確かに言わなかったなぁ、と今更のように思う(^_^;)。音が悪かったのもあの会場と彼らの音の相性の悪さで、らしいし。対して、大阪はすばらしくよかったそうです。そういうのを聞かされるとboot音源でもいいから大阪のが聴きたい、とか思っちゃうじゃないですか。大阪の公演を関東地区でも放送してくれないかしら。

記事を読んであの日の興奮がよみがえり、思わずウォークマンでVol.3 (The Subliminal Verses)を聴いてしまった私でした。こういうとき便利ですよね。
ヤング・ギターにも2人のギタリストのコメントが載ってたみたいですけどそれは見て来れませんでした。また後で。

« ロゴ入りTシャツ | Main | THE ALL-STAR SESSIONS »

Comments

The comments to this entry are closed.