« 30周年記念エディションDVD試写会 | Main | FOLLOW THE LEADER »

週末の語らい

昨日は友人宅へ。
前夜から準備し、昨日の午前中に作ったケーキの味見(つまり、本番に備えて味の確認会だったわけ>私にとっては)をしてもらったのですが、とりあえずあんなもんでも合格点を出していただいたので、それはまた当日張り切ることにして、と(笑)。

音楽好きの友人なので、自分ちからQUEENのカラオケDVD(とSlipknotのライヴ(笑))を持っていって再生してもらいました。カラオケDVDって、自分だけで観てる時は個人のカラオケレッスンにしかならないのですが、複数で見ると意外と面白いものです。

やっぱりMTV世代でPVを観て育ってきた人には映像があると一層面白く感じるみたい。友人Mちゃんはカラオケ仕様がいたくお気に入りのようす。このシリーズでいろんなアーティストのがあればいいのに、と言ってました。PV集を出してるアーティストはとても多い気がするので、全部こういう仕様になっていればいいのにね。

そして、見ながら「この曲もQUEENなんだ!知らなかった」と言ってたMちゃん。熱心なファンじゃない人がどの曲を知らないかがいまいち私の中で認識できてなかったのですが(シングルカット曲くらいなら知ってるんじゃないか、っていう間違った認識があるから)、Mちゃんの話を聞いてなるほどー、なんて思っていたのでした。シングルカット曲だけでも「いい曲が多いよね」って言ってくれてたから、それ以外のところでもQUEENを知って欲しいなぁと思ったり。ファンってそうだよね、押し付けがましいのだ(笑)。

memo:
Staying With It - Firefall (1980)
81(1981/1/24), 70(1/31), 60(2/7), 50(2/14), 44(2/21), 39(2/28), 37(3/7, 3/14:peak), 74(3/21)
BlondieやKool & The Gang、Eddie Rabbitt、REO Speedwagonなんかが1位を獲得してた頃。週刊FMに載ってたRecord World誌のチャート?を見ながら曲名を追ってた時で、それでよく(誤植のせいで)タイトル間違えてたっけ。

Up Where We Belong - Joe Cocker & Jennifer Warnes
1982/11/6, 11/13, 11/20 3週連続No.1
Mちゃん所有のコンピCDに入ってた曲。一応No.1ヒットではあるけれど、アメリカ好み&映画絡みのNo.1ヒット曲はたとえチャートファンでも好きじゃないのだ。Wさんの「Kさんがこの曲を毛嫌いしている」発言に大笑い。
この曲を蹴落としてくれたのはLionel Richieの"Truly"だったのですが、こっちもそれほど好きじゃない(^_^;)。その次のNo.1が"Mickey"だもんね、アメリカの趣味ってわからん。

« 30周年記念エディションDVD試写会 | Main | FOLLOW THE LEADER »

Comments

私も同じことをたびたびしているのでついコメント。
「DVD持参」です(笑)
私の場合、貸し出しをしたくないので自分とともに移動するってことなのですが。
その場で見せて、自分が帰るときに当然持ち帰ります。
だって、常に手元に置いて、いつ何時でも見たくなったときに見たいんですもの(^_^;)

カラオケタイプがあると初めて知りました。
すごいな~でも画面と一緒に歌うと何か一人でも気恥ずかしくなりそうです、私は(笑)

ゆずさん

>だって、常に手元に置いて、いつ何時でも見たくなったときに見たいんですもの(^_^;)

そうそう!まさに私もそうなんですよー。
だから貸せないの。
たとえケチといわれようが全く気にしない(笑)。
だって、貸したっきり返ってこない、なんてことになったらそれこそ悲しいですもん。

カラオケは自宅で1人で歌ってても確かに恥ずかしいです(笑)。
なんでこんなヘターなの、と自分でつっこみいれたりしてます。
だけどこれ、ライヴ前の予習にはホントいいアイテムですよ。
こないだのQueen + Paul Rodgersもこれを使って予習すればよかったのに、
このDVDがあることに気づいたのはライヴが終わって数日後でした。

Sakiさんも同じでしたか~!
別に毎日毎日見てる訳じゃないんですけどね。
手元にないと不安(何が)なんですよね(笑)
DVD3本、ビデオ1本ありますが、どれも貸し出せません。

カラオケじゃないけれど、例えば風呂上がりに化粧水つけたり…などの作業中。
音楽をかけているとつい口ずさんじゃったりして、でも自分の顔を鏡で見ているので何か素人PVみたいでこれまたこっぱずかしくなります(笑)

手元にないと不安、うんうん、わかりますその気持ち。

それから、貸した人を信用してないわけじゃないのですが、どう取り扱われるか心配、ってのも実はあります。
特に紙類って素手で触ると、皮脂とか雑菌とかで後々カビちゃうことが多いじゃないですか。
私はそれが嫌で、数年前からは歌詞やライナーノーツを見るくらいで専用の手袋をはめて取り扱ってますから(^_^;)。

普通の人からすると異常に思われるかもしれないけど、コレクションをキレイなまま保存するのって大切ですよね。

いやー、「楽しい」のひとことに尽きました。ありがとう。

やっぱりさ、音楽にはいろんな思い出があって(それが思春期から青年期にかけてそりゃまあいろいろな思い出にからまったりするじゃんか!)、自分にとって哀しい思い出だからっていつまでも避けていちゃだめっすね、的な感慨がありました。<Queen

カラオケ、一人で見ていたらマジで練習モードに入るね。何度も繰り返して!
ああいうビデオが多くのアーティストにあったらいいのに。
本当はお金持ちになって、プロモビデオを自分の好きに作れたら一番いいんだけど!(爆)

(手作り、これも本当に美味しかった。。。TKS)

まほちゃん

そうよそうよ、毎回言ってるけど「音楽には罪はない」んだから!
今まで、好きっぽいのわかっていながら無理やり拒否しようとしてたでしょ(笑)。
今からでも遅くないので、好きになってください。
え、私のことじゃなくてQUEENだからね(笑)。

本番目指して、もうちょっと練習するデス(笑)。
あんな腕前じゃ不安で。

The comments to this entry are closed.

« 30周年記念エディションDVD試写会 | Main | FOLLOW THE LEADER »