« OMII&Marty | Main | KoRn »

Life Is Peachy

Life Is Peachy Life Is Peachy - KoRn

1.Twist  2.Chi  3.Lost  4.Swallow  5.Porno Creep  6.Good God  7.Mr.Rogers  8.K@#O%!  9.No Place To Hide  10.Wicked  11.A.D.I.D.A.S.  12.Low Rider  13.Ass Itch  14.Kill You

1996年リリースのKornの2ndアルバム。全米初登場3位。プロデューサーは前作と同じ、ロス・ロビンソン。
前作「Korn」で独自の音楽性を見せた彼らの新譜に対する興味の強さがこのことからも伺い知れます。
音は1stの延長線上、アルバムコンセプトも、カヴァーアートも(影の脅威が)1stと似ている。

1stからファンになった人にはたまらないアルバムだと思います。独自の世界を確立した、いわば完成品ですから。
だけど、ヒットしているからとKornがどんなバンドか知らずにこれを最初に買っちゃった人は意見が二つに分かれるでしょう。
「どこが面白いんだ?何がいいんだ?」って嘆く人と、「こういう音楽もあるんだ!」と驚く人で。

以前Follow The Leaderのレビューの時「知人がこのアルバムを持っていて…」などと書きましたけど、知人は2人ともNG(つまり前者)だったらしいです。2人ともメロディ重視な人たちだったと思うし、このアルバムが彼らの趣味じゃないことは私にもわかる(笑)。

最初に聴いたグレイテスト・ヒッツ。あれは新曲のカヴァーを除けばシングル曲を中心に集められたアルバムで、最近から最初に遡るように収録されていますが、その時感じた「Freak On A Leash」までと「Twist」からの音の差。もちろん情報収集により初期2枚はいろんな意味で特別であることは知っていました。だからこそ逆に「自分に初期のKornが聴けるのか?」という不安があったのですが…

だけど聴いていくうちにそんなものは取っ払われました。慣れない最初のうちこそ「曲名が覚えられない」とか「曲似てて覚えられない」とか「Chiってなんて読むの?」とかへんなことほざいてましたが(笑)、不思議と面白いと感じるタイミングって来るものです。ま、このアルバムは自分の中じゃ割と最後に聴いた方になるので、メンバー全員がどんな人か知ってたり、ゲスト参加しているアーティストへ関心をもったら(DeftonesのChino Morenoが参加してるし、「Chi」だってベーシストのChi Chengから取ったタイトルらしいし)あっという間になじめました。バンドに親しみを感じているかどうかも、音楽を理解するための重要なポイントになりますね。

初めに書いたように音は1stからの(ファンが待ち望んでいた)延長線上の音。1stより重厚感が増したけど少しポップさも加わり、ノリも良くなった感じがします。(慣れたらそう感じられるようになった(笑))
Jonathan Davisの歌い方はますます情念が込められ激しさを増して、全アルバム通しても一番生々しい感じに聴こえるかも。1st同様、このアルバムにも彼の叫びが泣き声に変わる部分があり、ずっしりと重く心に響きます。「Kill You」この曲は彼に苦痛を与え続けた義母に向けた怒りや憎しみを歌った曲らしいのですが、ビデオ「Who Then Now」にはJonathanがこの曲を歌いながら感極まって泣いてしまうシーンが入っています。そこから伝わってくる痛々しさは相当なもので、これを見る前とあとでこのアルバムに対する感じ方 が変わった気がします。

1stとこのアルバムを気に入っているファンがやたら多い(逆に言えば「3枚目以降はダメ!」と言ってる人が多いということ)にいまいち理解を示せなかったけれど、今なら少しはわかる。きっとQUEEN IIを最高傑作って言ってる人と同じ気持ちなんだろうな…(ちょっと違うか(笑))。でもそれじゃ初期2枚で終わっちゃってるってことになるから、賛成はあまりしたくないんだけど。

A.D.I.D.A.S.といえばもちろんスポーツウェアのほうのアディダスを想像しますけど、この曲には別の意味がちゃんとあります(苦笑)。
私も昔は一応部活(バスケだ)をやってたことがあって、アディダスのウィンドブレーカーとか持ってました(^_^;)。だからこれ聴くとやっぱあっちを思い出します。
Jonathanもアディダスのジャージとか着てステージに立つことが多かったようで(今も?)、彼らによりアディダスが流行ったことがあるらしい話も耳にしましたが…うー、その頃のことはよく知らない。スポーツウェアがなぜか流行った頃のことはうっすら記憶にあるけど、あれとこれって同じタイミング?

« OMII&Marty | Main | KoRn »

Comments

The comments to this entry are closed.