« 2006年を振り返る(音楽篇) | Main | 今年2度めのライヴ »

私が選ぶ2006年のアルバムTOP10

改めて、2006年リリースのアルバムだけでTOP10を選んでみました。

No.1
Come What(ever) May
Come What(ever) May - Stone Sour
前のまとめにも出てきたとおり、私にとっての年間No.1アーティストなので有無を言わさずこれ。

No.2
Brace Yourself
Brace Yourself - Dropping Daylight
DDとHURTどっちにしようか迷ったけれど、2006年に私が好んで聴いた音の象徴としてはこっちかな。
ピアノの音がおまけ程度ではなくすごく自己主張しつつも他の楽器とうまく絡み合って最高のポジションを保っているピアノロック。元気のいい曲と意外としっとりした曲の混ざり具合もちょうどよくて最後まで飽きない。ヴォーカルの声も良いです。一気に聴けます。

No.3
Vol. 1
Vol. 1 - HURT
ちょっとダークでドラマチックな感じの曲がお好きな方に(笑)。実力派です。

No.4
Saturday Night Wrist
Saturday Night Wrist - Deftones
サマソニ前の予習でBewareを知った頃から早くフルアルバムを聴きたいと思ってました。独特の浮遊感に気持ちよく揺られていると突然RaptureやRats! Rats! Rats!みたいなぶち切れたヘヴィな曲に(いい意味で)気分を台無しにされます(笑)。それが不思議に気持ちいいんです。以前よりよけいエモーショナルになった感じがします。

No.5
070107bpas
Black Porch Acoustic Session - Dark New Day
これはiTunes Music Storeで購入。(よってAmazonのリンクがありません。)
Dark New Dayという元〇〇にいた人たち(一番有名なのはSevendustにいたClint Loweryかな)が結成したバンドのアコースティックEPで、いまのところ(USの)ネットでのみ購入可能のアルバムです。
新曲2曲とファーストアルバムのアコースティックバージョン4曲の6曲で構成されています。オリジナル曲がヘヴィだとアコースティックにしたとたんなんかスカスカで面白くなくなっちゃう場合が多いのに彼らのは違いました。こういうパターンではAlice In ChainsのMTV Unpluggedがいい例でしたが彼らも負けてないです。何度リピートしても飽きないし、アコースティックの良さというものを改めて教えられた感じ。ネットでだけしか買えない、なんてもったいなさすぎる。

No.6
End of Silence
End of Silence - RED
クリスチャンロックに分類されるらしいREDのデビューアルバム。声の雰囲気はLinkin Parkのチェスターみたいな感じですが音がもっとヘヴィです。感情を揺さぶられるようなエモーショナルな歌い方なので、人によってはくどい?て感じるかもですが私にはどツボでした。バンド名が単純すぎるので検索してもなかなかヒットしないです(笑)。myspaceで聴ける"Lost"と"Let Go"は暗く重いけれどこれで心に深く刻み込まれました。このアルバムはグラミー賞の「Best Rock Or Rap Gospel Album」部門にノミネートされています。

No.7
The Melody and the Energetic Nature of Volume
The Melody and the Energetic Nature of Volume - Evans Blue
これもデビューアルバム。Evans Blueはカナダ・トロント出身のバンドです。2006年はデビューアルバムに反応する確率がきわめて高かったのですが、これを誘引した最初のきっかけは10 YEARSだったかもしれません(彼らのアルバムは2005年リリースなので選ばれていませんが)。Amazon.comの「Customers who bought this item also bought」には見事なまでにHurt、Flyleaf、10YEARS、そしてEvans Blue(& Breaking BenjaminやThree Days Grace)が一緒に出てきます。私の好みを見透かされてる気がしましたよ(笑)。
どちらかといえばStaind、Coldあたりに近い音ですが、ヴォーカルはもっと繊細かつエモーショナルさを増した感じです。

No.8
Phobia
Phobia - Breaking Benjamin
「The Diary Of Jane」1曲で買う気にさせられたアルバム。いままでネットラジオで耳にして好きそうな音だとわかっていながらも購入する手前で止まってた私の背中を、この曲がポンと押してくれました。思っていたよりもヘヴィでしたが全曲メロディがしっかりしてるので聴きやすい。見た感じ叫んだりしなそうなヴォーカリスト、BEN BURNLEYから時々聞ける咆哮が力強くてなかなか良かったりします(笑)。

No.9
Army of Anyone
Army of Anyone - Army of Anyone
Filterはほとんど知らずSTPもそんなにはまったという覚えがない私なのに、この組合せにはなぜか惹かれるものがありました。いちおう新バンドなのに音に対して目新しさはほとんど感じません。逆に、どこか懐かしい感じにさせてくれる古臭さみたいなものを持っていて、それがカッコよくて気持ちいい。11月後半からしばらくリピート回数の多かったアルバム。

No.10
IV
IV - Winger
正直、まだそんなたくさん聴いてはいないレベルなんですが、これは悪くないと思いました。
かつてよく聴いてそれなりに思い入れがあるバンドが再結成しアルバムをリリースした場合、たいがい一番いい時と比べられるものです。そして「再結成する価値がない」と思われて拒否されるか、「この音を待ってたんだよ」と歓迎されるかのどちらかにはっきり分かれるものですが、これは後者だと思います。正直、キップ・ウィンガーの声とレブ・ビーチのギターを一緒に聴けることがこんなにうれしいものだとは想定してなかったんですけどね(笑)。そりゃ前とはさすがに躍動感と色気みたいなのは減っちゃいましたが(笑)、音もいい年の取り方をしてる気がしました。

« 2006年を振り返る(音楽篇) | Main | 今年2度めのライヴ »

Comments

私のとはかすりもしていない(笑)。。。
ちょっと気になるのはHURTかな。

>おしょうさん

HURTは多分大丈夫な気が。
一度お聴かせして感想を伺ってみたいです。
意外といけそうなのがEvans BlueとDeftonesかも?
私の勝手な意見ですけど(笑)。

The comments to this entry are closed.

« 2006年を振り返る(音楽篇) | Main | 今年2度めのライヴ »