« 私が選ぶ2006年のアルバムTOP10 | Main | 今年は… »

今年2度めのライヴ

今日はDeftonesのライヴでした。
いつものZepp Tokyoとはなんか違う感じ。
そう、人が少なかった…ていうか、時間どおりに来る人が少なかった、というべきか。
今日はオープニングアクトがあったせいなんでしょうか。
PTPけっこう良かったけどな。

そして、段差以降は立ち入り禁止…もしや人が入んなかったのかなぁとちょっと心配に。
昔似たような体験があるし。(2階席に人を入れてなかった日本青年館でのLIONSHEARTとか(^_^;))
段差を利用できないんなら前のほうに行かないと余計観れない。だから仕方なく前に行きましたよ。
サマソニのSlipknot以来の大冒険というか、超ど真ん中の位置で観ました。
でも仕切りがあったんで大丈夫でした。
後ろから押されるのを心配してましたが、たまに髪の毛をかするような接触はあっても、後ろの人とくっつくことはほとんどなかったし。
これがひとつ前の仕切りだとダイブの人がうろうろしてたんですよね。あと、ノリのいい曲でものすごく暴れてる人がいたので落ち着いてみれなかったかも。ホント、選んだ場所が正解でした。
でも、前に立つ人の頭でまともには見れなかったんです。
ステージはシンプルだったし、そしてとくに顔を見たかった人もいなかったので(苦笑)ま、いいか。

終わってから何気なく下を見たらピックが落ちてたのですかさずゲット(笑)。

気がついたらTOOLのライヴのこと、なんも書いてなかったのか(^_^;)。
2/9は初TOOLでしたけど、ライヴがすごいとは聞いてましたけど、確かにすごかったです。
演奏完璧というか、あの変拍子でぴったり合うとはすごすぎる。
そして、演奏者(というかメイナード)にほとんどライトが当たってない…。
ステージのメインはあのビジュアル効果なの?
観てるうちにRUSHを思い出しました。
曲調は違うけど共通点がかなりありますよね。
観ながらずっとスゲーって心の中でかなり燃えてたので、多少演奏の長い曲があろうともぜんぜん飽きませんでした。
来日したらまた観たいです。でも次っていつよ(^_^;)?

自分にとっての次のライヴはStone Sourです。(つまり5月までナシ)

« 私が選ぶ2006年のアルバムTOP10 | Main | 今年は… »

Comments

TOOL、よかったですか~。実は10日に行こうか迷ったのですが、Jordan Rudessのソロが見られるイベントがあってそちらに行ってしまいました(^^;次回は観に行こうっと。

TOOL良かったみたいですね。セットはサマソニとあまり変わってないようですが、メイナードまた海パン一丁だったんでしょうか。

最近年のせいかスタンディングが辛くなってきたので(笑)、次のライブは(たぶん)ゆっくり見れるASIAです。寝そう。

>おしょうさん
Jordan Rudessのソロは確かに惹かれますね。
あのライヴももう1年も前なのか、と思うとなんだか懐かしいです。
いや、思い出そうとすればすぐ感動がよみがえるほど素晴らしかった去年のDream Theater。

>けいさん
TOOLは今回3回も観にいったま~さんに聞けばいろいろ情報入ってくるかもです(笑)
9日は海パン一丁じゃなかったと思います。
最初はジャケットだかなんだか着てた気がするけど途中で脱ぎました。
で、たぶんジーンズ一丁(とはいわんだろ普通)だったと思いますよ。
スタンディングは開場に遅れると場所取りに負ける&始まるまで待つのが一番辛いですね。
いざ始まってしまうとけっこう大丈夫ですけど(笑)

TOOL3日間で燃え尽きたのか(<-ありえない ^^;)只今風邪ひいておりま。
おかげでWiLDHEARTS(こっちは1日しかチケ取ってなかった)をパスするっつ~ていたらく。ぐす~

海パンは止めたみたいですね>メイナード
10,000日ツアーのみなのか、今後もなのかは判りませんが。
3日見た限りでは3曲目くらいからは上半身脱ぎ~のでジーンズってパターン。それとサングラスか。髪型はまだモヒカンね。
出てくる時はそれに9日のみ紺色のジャケットで他はオレンジ色のフード付きパーカー+カウボーイハットみたいな形の帽子。で、ライブが終わるとそそくさとこのパターンまで着込んでいたのが謎。
って、そんなことはどーでもいい?(笑)
今回のハイライトはWingsの1,2(=10,000Days)で、視覚的にもここにポイント(バックの黒幕が落ちてバックドロップが現れる@Zepp これがかっこいいんだ ^^)が入ってました。その他の曲の映像も結構変えてきてた気がする。

そーいえば、チッタでヤケを起こして前のほうに突入してしまったんですが、何だか女の子がぎょーさんいてびっくりでした。客層変わってる?

スタンディングは開場~開演までがしんどいです、単独行動の年寄りには。

>ま~さん

詳細なレポありがとう!
ライヴが終わると着込んでたのは私もちょっと笑っちゃった。
TOOL、そういえば待ちの時も女性けっこう見たし、隣にいたのが女性のグループだったっけなんて思いだしました。
前の客層はわかんないですけど、低年齢層化&女性化しちゃったのかな?

そうそう、単独行動の年寄りにはスタンディングで待つ1時間がマジでキツイですよね。
持ち場を確保したければ場所を一歩も動けないんだもん。
だからオープニングアクトは実はあんまりうれしくなかったりして。
Stone Sourも2日連続行く予定ですが(もちろん単独行動)、ハードコアなOAはキツいかも…

WiLDHEARTSは残念でしたね。
感想はおしょうさんにでも聞いてください(mixiにそれっぽいこと書いてあったし)。
風邪ひいて無理して行った翌日、不思議にも治ってたことがありますよ私には(笑)→誰かにうつしたんだろうか

WiLDHEARTSは今感想執筆中(大げさ)です~。Jordan Rudessですが。
実は前座の時に具合が悪くなって立っていられなかったのです。それでもWiLDHEARTSが始まったら前に行ってしまったという(^^;。で、帰りの電車
でまた立ちくらみで自分の駅を乗り過ごしてしまいましたとさ。

>おしょうさん
お~い、大丈夫?
WiLDHEARTSで思わず... ってのは判る(笑)
ただ、前座(とセットチェンジの時間)がねぇ。
単独だったら行けると思ったんだけど、これがネックになりました。
私がチケ持ってた日はGingerのソロだったみたいなので、行きゃ~大丈夫だったかも?という気もするけど(苦笑)
でも、翌日に外に出たらずっと咳き込んでたから止めて正解だと思ってます。
レポ楽しみにしてまする~

>おしょうさん

だ、大丈夫~?
働きすぎて体調崩してるんじゃ?
スタンディングってこういう風に体調崩した時怖いんですよねー。
私も1回貧血起こしたことあるからよくわかりますけど(^_^;)。
それ以来、ぜったい手すりとかにつかまれるような場所選んじゃってます。
レポがアップされるのを密かに見守ってますね(笑)。


>ま~さん

前座&セットチェンジの時間はほんとネックですよね。
場所取りのことを考えるとやっぱり開場時間に間に合わないとって思っちゃうし。
こういうのは海外ではあたりまえなんだろうけど、ここは日本なんだからさっさとメインアクトを始めてくれよって願う日本人は絶対多い気がします。

The comments to this entry are closed.

« 私が選ぶ2006年のアルバムTOP10 | Main | 今年は… »