« 久々の座席指定 | Main | My Playlist (May, 2007) »

QUEENSRYCHE@Tokyo Kosei-nenkin Hall (6/1)

1995年3月(Promised Landの頃)に来日した数年後にクリス・デガーモが脱退。
その後2001年10月(Q2Kの頃)に来日が決定するも同時多発テロの影響で翌4月に延期、チケットを払い戻さず4月まで待ってみたら中止になってがっかりさせられた苦い思い出からはや5年経っていた昨日、QUEENSRYCHEの再来日公演を観てきました。
2001年の時はケリー・グレイだったギタリストがマイク・ストーンにチェンジしていただけで、残りのメンバーは変化なし。

来日メンバー
GEOFF TATE - Lead Vocals
SCOTT ROCKENFIELD - Drums
MICHAEL WILTON - Guitars
EDDIE JACKSON - Bass
MIKE STONE - Guitars
Pamela Moore - (Vocals:Sister Mary)

Setlist(多分)
~Operation:Mindcrime~
 I Remember Now
 Anarch - X
 Revolution Calling
 Operation:Mindcrime
 Mission
 Suite Sister Mary
 The Needle Lies
 Electric Requiem
 I Don't Believe in Love
 Eyes Of A Stranger

~Operation:Mindcrime II~
 Freiheit Ouverture
 Convict
 I'm American
 One Foot In Hell
 Hostage
 The Hands
 Signs Say Go
 Murderer?
 If I Could Change It All
 An Intentional Confrontation
 Fear City Slide
 All The Promises

~encore~
 Jet City Woman
 Empire

クリマンのサイトで5/31の公演の画像を見れます)

演奏者の4人はただひたすらバックバンドとして演奏に徹し、その隙間を縫ってジェフとパメラが演技しながら表現して(歌って)いる、言ってみればロックオペラ風なステージ。
この「ロックオペラ」という言葉が最初みつからず「もしやこれって…ミュージカル?」と思ってしまった自分が情けない(笑)
途中で出てくるキャストの中にはどうみてもプロモーターかレコード会社関係のスタッフでしょ、と思う日本人が2人出てきて、そこだけ浮いてました。

Operation:MindcrimeのIからとIIからの曲がはほぼ休みなく演奏されていました。観てるほうが疲れたんだから、演奏してるほうも多分同じだったと思います。
曲と曲にそれほど間がないし、ストーリー仕立てのコンセプトアルバムだから当然間にはジェフのMCもありません。
ジェフ(&パメラ)の鬼気迫るヴォーカルは圧巻でした。声はよく出てました。
ジェフって前にライヴ観たときもこんな感じだったけど、ヴォーカリストというより演技者ですよね。
演奏者の4人も安定した演奏力でよかったんだけど、主演のジェフと同じステージにいるのにほんとに裏方みたいな仕事ぶりでした。
たまに真ん中に出てきてギター弾いたりしてましたけど、もっと見せ場を作ってもよかったんでは…(若い頃と比較すると動きも地味だし顔からも華やかさが薄れたのでそう思っちゃったのかもしれませんが)
今回QUEENSRYCHEのメンバーとして初めて来日したマイク・ストーンだけは見た目の怪しさでちょっと目立ってたかも(最初顔をマスクみたいので覆って出てきて、少ししたら外して演奏してたけどなんか意味あったの?)。

このsetlistを見て想像できる人もいると思いますが、観客がノリを表現するのに微妙な感じなんですよ。
なので暴れられないし拳振り上げるのも微妙…なんて思ってるうちに終了。
できれば他のアルバムの曲も聴きたかった~と、どこか満たされぬ思いが

この不完全燃焼は会場も関係ありましたね。
昨日も書いたけど、段差があるようでない(ただの傾斜な)ので、8列目という好ロケーションだったのに前の人の頭が邪魔でベースのエディはほとんど見えず。
ギターのマイクが真正面でやたら見えて怖かったかも(笑)。
それから、ホールの座席指定は楽だしその時間までに来ればいいので安心だけど、椅子が固定されてるとステージと客席を分けて考えてしまうっていうか、どこか冷静になってしまって没頭できず面白みに欠ける感じ。
去年Dream Theaterを国際フォーラムで観た後にSHIBUYA-AXで観た時も感じたのですが、彼らみたいなコンセプトアルバム再現風なライヴでも小さいハコでスタンディングで観たほうが面白いと思う。
絶対ダイブとかする人いなそうだし(笑)

一番盛り上がったのは言うまでもなくアンコールでした。

« 久々の座席指定 | Main | My Playlist (May, 2007) »

Comments

途中から眠くて眠くて……IIの間はほとんど寝てました。立ったまま。
単純に寝不足だったのもあるのですが。前の来日の時もけっこう寝てた気がしますw

>えんでんさん

実は私も、普段の寝不足がたたったのか途中で眠かったです(^_^;)
ライヴは受身じゃなくて参加しないとつらいんだなって思いました。
あれ、前の来日時もそうだったんですか(^_^;)
前はクリスもいたし、メンバーを追ってるだけでもけっこう忙しかったけど(笑)

The comments to this entry are closed.

« 久々の座席指定 | Main | My Playlist (May, 2007) »