« Under The Flood | Main | 久々のQUEEN特集 »

Blackbird


Blackbird - Alter Bridge

ここ最近のヘヴィロテ。
10月9日発売が予定よりほんのちょっと遅れてウチに届いたのが11日。
シングル「Rise Today」がよかったので期待してたらすごいいい出来でした。

Rise TodayのPV

Alter Bridgeって元Creedのリズム隊と元Mayfield FourのMyles Kennedyというヴォーカリストが一緒になったバンドなんですが、この「マイルス・ケネディ」さん、意外と知らないところで見てる方は少なくないと思います。

というのは、映画「ロック・スター」(マーク・ウォールバーグ主演で本物のロックスターも出演してたあの映画)に出演していたからです。
どこに出てきたかといえば…

その前にこの映画の概略を説明。
スティールドラゴンというバンドのコピーバンドのヴォーカリストだったマーク演じるクリスは、自分が崇拝してやまないスティールドラゴンのヴォーカリストが脱退後、メンバーから後がまとして誘われ、あっという間にロックスターの仲間入りをするんだけど、かつての自分を見失ったり、それで恋人と別れたり、このバンドで自分は歌うことしか許されていないただ歌っていればいいだけの雇われヴォーカリストだったことに失望し、ここは自分のいるところではないとバンドを辞め、かつての自分を取り戻すべく自分の居るべき場所に帰っていく、という話だったと思います。

その中で、クリスがスティールドラゴンでの自分の役目はもう終わったと思うシーン。
クリスは、自分にとってのスティールドラゴン最後のステージで、客席で彼と同じくらいの声量で歌っているファンに気づき、ステージに引き上げて彼に歌わせたまま自分はその場を去っていく。
その時客席で歌ってた人が彼です。
あんなワンシーンでもやはりというかちゃんとしたヴォーカリストを起用してたんですね。

こんなシーンとか
Myleskennedy

こんなシーンとか、ありましたよね
Myleskennedy2

2013年追記:YouTubeでそのシーンが見れます。かわいい(笑)。
ちゃんと演技してますね。彼の髪はカツラだそうです。

今回のアルバムを聴いて、なんだか懐かしいような気持ちになりました。
それはアルバム全体に感じる昔なじみ感だったのかも。
一昨年から今年にかけて(特にSlipknotにはまって以降)は、自分にとっての新しい音探しが楽しくて、果てはハードコア系もちょっとかすってみたりしましたが(^_^;)、パワーが有り余ってる時はスッキリすんだろうけど、ああいう音を聴くのって意外と体力がいるんですよ。で、たまに騒音になってしまう。(演奏してる方もきっとすごい消耗してると思う。)
そういうのに疲れたのか、または秋のせいか、ふとこういう熱唱系ハードロックを聴いて、昔というか普段の自分に戻ったみたいな安堵感がありました。
1曲めはほかの曲と違ってメタルっぽいです。

Shinedownも同じ系統かな。
タイプは微妙に違うけど、Nickelbackとか好きな人も気に入ると思います。
歌うまいし、声は艶があって伸びやかだし、曲もいいし、泣ける曲も多くて思わず聴き入ってしまう。
アルバムとしてもまとまっています。
残念ながら2004年に発売された1stは私まだ聴いてないんですけど(苦笑)、1stよりハードになっているとか。
日本にいるとものすごく売れてるバンドとは思えない彼らのこのアルバムはBillboard 10/27付チャートで初登場13位。
次週は一気に落ちるかもですが(苦笑)、初動がいいってことはそれだけ注目度が高いってことですよね。
彼らは現在、前に記事に書いたGodsmackのサリー抜きバンド「Another Animal」と共にツアー中です。
(ついでに。Another Animalは「Broken Again」はよかったんだけど他の曲が…やっぱりGodsmackのIVで採用されたなかった残りって感じが否めないです。)

おっと、いまJUN STYLEを聴いていたら、潤くんの選曲とは思えないサンタナfeat.(あとよく聞き取れなかった)の曲が流れました。
ぼーっと、この声ずいぶんチャド・クルーガーの声に似てるよな…と思ったとたん気がついた。
あ、さっき「Santana "Into the Night" featuring Chad Kroeger」って言ったんだ。
「シャドー・クルーガー」って聴こえたんで、バンド名かと思ったんだよう。
というわけで、また共演してるみたいですね。

でもこの順番おかしいよね?Into The Night / Santana featuring Chad Kroegerならわかるが…どれが曲名でどれがバンド名なんだ?と思ったから間違えたんだよ。
原稿用意した人のミスってことで(笑)。

« Under The Flood | Main | 久々のQUEEN特集 »

Comments

「ロック・スター」懐かしいですね。サントラもよく聴いていました。Jeff Scott SotoがVoの曲あったし。
Nickelbackはいまいちはまれませんでしたが、Alter Bridgeの方はちらっと聴いたところ良さそうな感じでした。

ALTER BRIDGE、1stは持ってましたが売っちゃいました。CREEDに比べるとScott Stappがいない分ヴォーカルが淡白でギターが弾きまくってるという感じでしょうか。基本的にクリスチャン系のはずですが、なぜか当時旅行先だったドバイで売れてました。

2ndもユニオンのメタルコーナーで推してますね。確かにヴォーカルとギターのバランスはSHINDOWNに近いかも(もっと重い感じもしますが)。

featuringの順番は、その番組のでもOKですよ。

>おしょうさん

Alter Bridgeのメンバーのプロフィールを見てみると、誰もが何かしらLed Zeppelinに影響されてるようなところがあって、その辺が音に現れてる感じがします。
(音楽そのものは似てませんが、非常にハードロック的なところが、という意味です)
スティールドラゴンとして演奏される曲はホントいいですよね。
主演が自分の声で歌いたがったらしいですが、吹替えでよかった(笑)

The comments to this entry are closed.

« Under The Flood | Main | 久々のQUEEN特集 »