« 東京初日 | Main | LOUD PARK予習中 »

東京2日目+

今日は402番というオールスタンディングの整理番号では最近稀に見る悪い番号だったので、障害物のない見やすい場所はあきらめていましたが、LAブースのすぐ後ろ左角あたりが空いてたのでそこを陣取りました。
メインホールで暴れたほうが参加したという充実感があるのは百も承知。
けど自分の体の限界を知ってるのでムリはしませんでした。
この番号にしては割とまともな場所が取れたなぁなんて安心してたんだけど、隣の人との微妙な隙間から時間差で2人の女性が間を割って侵入してきて、ちょっと見づらくなっちゃった。
しかも後から割り込んで私の隣に来た人が、頭を振るんじゃなくて回すタイプの女性で(^_^;)。
髪の毛が長くてしかも回すからピシャピシャぶつかって痛かったんですわ。
しかもうぉーって叫ぶし(^_^;)
その人さえ入ってこなけりゃもっと安全な場所だったのになあ。
最初に私の隣にいた女性が、合流した知り合いにあとで割り込んできた女性のことを「隣にすごい人が来て」って説明してたんでつい同意する言葉を発しちゃったよ(笑)。

11日はMACHINE HEADの開始が定刻より微妙に早く(5分前くらいに客電が落ちた)始まったと思います。
ゲスト扱いだけどメインをとっててもおかしくないバンドなので、彼らが始まる頃にはもうメインホールはほとんど隙間なく埋まってて、連日オーディエンスの異様な熱気に溢れた状態でスタート。
Slipknotとは一味違う男臭さの漂う硬派でカッコイイ演奏に圧倒されました。
ロブは今日も終始ご機嫌だったみたいで、ドリンクの入った透明カップを客席に投げてはキャッチしてもらうのを楽しんでました。
10日は左右にばかり投げてたので、11日はセンターの人に「キャッチしたい?」って言って投げてましたよ。
今日は日本語のMCも一言だけどしゃべってて、ロブの感謝の気持ちがよけい伝わってきました。
自分としても、最新アルバムからの選曲は2日めはさすがに馴染んで楽しんで聴けました。
一緒に歌ってといわれてるのに曲を知らないがために全くコーラスに参加できなかったのが残念。

MACHINE HEADが終了し、その約30分後。
AC/DCの"For Those About To Rock (We Salute You)"が流れ、まもなくメインアクトが始まるサイン。
別の人のライヴでもそうだったような…誰だっけ?
いつも思うんだけど、若人が多い会場で81年にリリースされたこの曲が流れてどんだけの人が反応してんだろ?

セットリストが昨日と微妙に違い、はじめ1曲増えたのだと思っていたのですが、後で冷静になって思い返してみれば昨日とは別の曲にすりかわっていただけでした。

Slipknot Tokyo 2days(@Studio Coast) setlist

1. Surfacing
2. The Blister Exists
3. Get This
4. Before I Forget
5. 10日:Pulse Of The Maggots/11日:Liberate
6. Disasterpiece
7. Dead Memories
8. Psychosocial
9. The Heretic Anthem
10. Prosthetics
11. Spit It Out
12. Duality
13. Only One

Encore
14. (515)~People=shit
15. (sic)

こんな感じ。
新譜からの曲よりも1st~3rdからの曲が多いのに驚きました。
特に今日はまた1曲1stからの曲が増えたので、約半分が1stからの曲でした。

当時は興味どころかバンドの存在すら知らなかった私にとっては、アルバムをリリースする毎に演奏から外れちゃったような曲を聴けたのは貴重だったとも言えるんですが、新譜出してすぐのツアーのはずなのに新曲はあくまでオマケみたいな雰囲気がプンプンするのは何故?
またすぐに、今度こそ「ALL HOPE IS GONE TOUR」として来日するんじゃないかという予感がします。
年内はこれからニュージーランド-オーストラリア-イスラエル-ロシア、そして欧州を回りますが、年明けてたぶんUSツアーでしょ、んでまたその後で来日?なんて都合よく考えてしまってる(笑)。

結局2日続けて左側からしか見れなかったんで、クレイグ(トゲトゲの人)だけステージで発見できませんでした。
初日にショーンのドラムが回転してるときにモニタにチラっと映ったのを見逃さなかったからかろうじて目には映ったけど(苦笑)。
2005年のサマソニが参加型だったんでメンバーの動きが全く見えなかったから、今回は2日とも後ろに下がってステージ全体を見渡せて、9人の動きを目で追うことができて(体はともかく)視覚的には大満足。
2005年に見れなかったと書いていたことがほぼ全部叶ってた。
なんてステキ(笑)
彼らのライヴって攻撃的?ぽく思えるかもしれないけど決してそうではなくて、バンドとオーディエンスの相互の信頼関係みたいなそういうのが伝わってくる、いい雰囲気が漂ってる楽しいライヴです。

気づいた点をいくつか。
10日はメインホールにショーンが(セキュリティと共に)下りてきてましたよ。
何しに来たのかは定かではないのですが、ファンサービスだったのかな。
ホールにいた一部の人の反応がなんか後方に集中してると思ってたら、客席の中(メインホール)の後方左手まで歩いてきてて、途中で右方向に戻りました。

11日の「Duality」。
10日はたしかコリィがショーンのドラム缶を1回だけバットで叩いてたと思ったんだけど、11日はコリィが叩こうとしてそっちの方に移動してたにも関わらず、ショーンが後ろ向きでコリィに気づかずすべて自分で叩いてしまい、コリィがショーンに「自分がやろうと思ったのに」って言ってがっかりしているように見えました。
あ、これはあくまで推測ですけど(笑)

けっこうあっという間にバックステージに引っ込んでしまうメンバー(筆頭はミックかも)。
シドやショーンは毎回遅くまでいてくれる印象が強いですが…
今日は(たぶん10日はあっさり戻ってしまった気がする)ジョーイが前に出てきてスティックを投げていました。
彼も小さな巨人だよね(コリィと共に)。

もひとつ。
今日私がいた場所はスタッフが出入りする場所(PAとかLAブース)に近かったのですが、MACHINE HEADの演奏が始まったら何人かのスタッフがやってきてLAブースの中に入り、しばらくは演奏するのをじーっと見てたんですよ。
そしたらそのうちの1人(右のほうに立ってた人)が、自分が立ってる直後の女性の腕に何か巻きつけてたの。
その後こっちの方にもやってきて、私の左斜め前に立ってた女性の手首にもいきなりテープみたいのを巻いて、その女性がびっくりしてて。
で、そのスタッフは「バックステージに招待するから」みたいなことを女性に言ってたんですよ。
こういうタイミングで、こういう感じでバックステージに招待されてる人がいるんだなぁという現実を目の当たりにしたのでした。
どういう基準で人を選んでるのかは不明だったけど(^_^;)、そのスタッフの好みなのかもしくはメンバーの好みに合わせて選んでるのか。
ステージが始まってわりとすぐの出来事で、一部の人間だけが特別扱いされることに対し気分が悪くなったのでした。
こういうものなんでしょうか(-_-;)


Slipknotの公式サイトのフォーラムにJapan Tourのスレッドが出来てるんですが、日本人てやっぱり英語に苦手意識があるせいか、そういうトコをあまり利用しないんだよね(私も含め、ですけど…)。
前はそうでもなかったけれど、今は同じ国の言葉で感想を共有できるコミュみたいなところがたくさんあるし、メンバーもそれなりに多いので、その中で済んじゃってる部分が多いせいでしょうね。
だからフォーラムには日本人のコメントがほとんどないので「日本人はあまり自分の体験を共有したがらない」みたいなことを言われてたりするんだけど(^_^;)。
海外のファンは写真撮ってフォーラムに載せたり、ビデオ撮ってYouTubeに上げたりする人多いでしょ、日本でもそうやって見せてくれると思ってる他国人が多いみたいで、日本人はビデオも持ってないのか?みたいなことまで書かれてたりして。
そうじゃなくて、カメラチェックも厳重に?行われているし、写真撮りも禁止されている行為だからやらないというだけなのにね。
国が変われば事情も変わるということを理解できないが故に、日本のファンはダメだと思われてますぜ(-_-;)。
なんだかねぇ。

« 東京初日 | Main | LOUD PARK予習中 »

Comments

海外でも写真やビデオは禁止されてると思うけど、規則を守らない人が多いってだけよね。

まあでも確かに日本人はスペイン人とかイタリア人よりずっと英語ができるのに恥ずかしがって書かない(喋らない)ってことが多いですね。

同じものが好きなら多少ブロークンだって通じるのに「文法やスペルが完璧じゃないと」って思っちゃうからめんどくさくなっちゃうんだろうな。

>shohさん

自分もその禁止行為を破ってくれる人の恩恵を受けてる部分はたくさんあるんですけどね(^_^;)

書くのがめんどくさいのもあるかもしれないけど、存在そのものを知らない人って多そう。
Myspaceにもコメント書けるじゃないですか、そういう所には日本人のコメントもいくつかありますもん。
最近はFORUM(BBS)形式よりもSNSとかBlogにコメントを書く方が主流になってきちゃったんじゃないかって気がします。

言われてみれば確かに私もすでにFORUM形式って面倒かも。SNSやブログならトピックがまず出てきて、それに対して気が向いたらコメントできるけど、FORUMだとまずスレッドを探して、さらに投稿をある程度さかのぼって読んでから、というのがめんどくさい。

それほどのファンじゃなくてライヴのあとにちょこっと検索して一言書きたい、なんて人はFORUMの存在にも気づかないでしょうしね。

それに海外のFORUMって見慣れてないと見にくいですよね。
誰かの書き込みをまるごと引用したものに自分のコメントたった1行だけとか、やたら派手なSignatureでウザかったりとか。

いろんな場所にいろんなコミュニケーションの場があるので、自分が好きなのを使えばいいんですよね。

The comments to this entry are closed.

« 東京初日 | Main | LOUD PARK予習中 »