« 2008年のプレイリスト | Main | 解散したバンドのその後チェック »

音楽メモ(REDほか)

Amazonをチェックしていて気付いた音楽メモ。

その1
今年の2月に2ndをリリースするRED
Amazonで新譜「Innocence & Instinct」を検索したら日本盤が出てきてびっくり。
なんと2ndで日本デビューが決定してました。
インセンス&インスティンクト-ジャパン・スペシャル・エディション-
…インセンスじゃないと思うんですけど。
また私が間違い訂正してやんなきゃいけないのかな、Amazonさーん(^_^;)
日本盤は3/4発売予定ですけど輸入盤は2/10発売です。

2006年リリースの1stもおススメ。
End of Silence End of Silence - RED


その2
2007年のプレイリストに入れていたunder the floodが2008年にCDデビューしてました。
あの時はiTunesでしか買えなかったアルバムが今は普通にCDで手に入れられます。
曲数の割にお高いイメージがありますが曲はけっこう良いです。

The Witnessthe witness - under the flood

<このバンドについてかつて調べたメモ:2007/09/25記>
BIOを読んでたら、このアルバムはDaughtryのギタリスト、Brian Craddockがプロデュースしたものでした。
この方はDaughtry結成当時のメンバーではありません。
あっというまにメンバーチェンジしてて、初期メンバーのジェレミー・ブラディが今年の1月の終わりに脱退した後に加入してました。クリス(ドートリー)とブライアンは長年の友達だそうです。
もひとつおまけに、このUnder The FloodというバンドのベーシストのKenn Davisは、クリスと一緒にCadenceというバンドを組んでいたことのある人でした。
クリスが過去にバンド活動をしていたAbsent Elementは有名みたいですけど、その前のCadenceはWikipediaにも載ってない程知られてないみたいです。
そんなとこでDaughtryとも繋がって。
Daughtryのメンバーチェンジのことなんて、このバンドに出会わなかったら知らなかったかも。

その3
そして、今気になってるバンドDecyfer Down
名前こそ前から知っていたもののちゃんと聴こうと思ったのはわりと最近。
現在スタジオ入りしているようなので新譜も期待できそうです。
ファースト「End of Grey」はこれから聴く予定(^_^;)

REDや彼らはChristian Musicにも分類されてるんですけど、こういう分け方をするのもお国柄が反映されてますね。
iTMSのジャンルにもビルボードのジャンル別チャートにもChristian & Gospelがあるので、Rockという音楽的な分類以外のこういう分け方も意識して聴くようになりました。
この分野に特に興味を持ったというか意識したのは、2006年にPLAYLOGを通じてできた友だちがやたら詳しかったせいもあります。
Christian Rockに分類されてる人たちは、たとえば超有名な?Stryperをはじめ、P.O.D.、Skillet、Falling Up、Kutless、Disciple、Fireflight、Flyleaf、Pillar、Demon Hunter、Dead Poetic、Underoath、Emery、As I Lay Dyingなどが有名でしょうか。
ま、ここ日本で聴いてる限りはあまり強く意識する必要はない気もしますが。

« 2008年のプレイリスト | Main | 解散したバンドのその後チェック »

Comments

The comments to this entry are closed.