« January 2012 | Main | November 2012 »

3 posts from August 2012

コレクション整理

耳が悪くなったことでだいぶ減ってしまった音楽の趣味へのこだわり。

昔はLPとかCDを買う度にコレクションが増えたとほくほく喜んだものです。が、今では増やしたくないのに増えてしまうことが苦痛で、盤を買うのに躊躇してデータダウンロードでいっか…と悩んだりしています。
今後一切音楽を聴かなくなるということはないだろうし、この辺の葛藤をうまく消化していかなくてはいけません。私ごときの未熟なコレクションでそんな風に思うなんて、倉庫がなきゃ困るくらいの量の人からすると笑うかもしれませんけどね。大量に保存されてる方はどんな気持ちでコレクションと格闘?してるんだろ。

さて。ある程度年を取ってしまったせいか、物へのこだわりがだいぶなくなってしまいました。それに聴力の悪化も影響し、こんな耳じゃアナログ盤のぬくもりのある音のよさとかデジタルリマスターの差とか、もう全然わかんなくなっちゃってて。昔こだわっていたことがこんな風に興味を失うことになろうとは予想していませんでしたが、これは厳しいけど現実です。なので、この機会にアナログ盤や持ってるけどもう二度と聴かないと思われるCD類を処分しようと考えました。具体的には買取してもらうことを考えていますが、売れないものは廃棄する予定です。少しでも部屋に空間を取り戻したいというのが本来の目的です。でもそれには思い出の整理の意味も含まれています。アナログ盤は大きいし持って帰るのも邪魔だから、買うのにけっこう躊躇しました。比較的手ぶらにして買いにいったものです。だから買った店やいつ頃買ったかが自然とよみがえるからです。アナログ盤はもう生産されていない貴重な物が多いからちょっともったいない気もしますけど、自分が保存しててももう二度と再生されることがないと思うと気の毒でもあります。だったら第二の人生を送ってもらったほうが良さそうなので。

というわけで、現在は手放すディスク類をリストアップ中です。
アナログはほぼ全部、CDは昨日ざっと要らないものを抜き取りました。が、以前省スペース化のためにプラケースを解体しスリムケースに入れ替えたものもけっこうあって(苦笑)。スリムケース化するものは「絶対手放さないもの」を選ぶべきでしたね。以前は買ったものを手放すという感覚がなく、もうあまり聴かないだろうと思うものからつぶしていったので、これらを今プラケースがついてるやつと交換しなきゃいけないのはちょっと苦痛かも。

ここ数年はPCに音源を取り込み、再生はほぼPCやデジタルプレーヤーでということが多いせいか、実際にCDプレーヤーで再生したことがないものも多いです。初回にデータを取り込んだら二度と開くこともないから、ディスク自体かなりきれい。これが物に対してのこだわりを無くしている原因かもしれないですね。(酷い時は買った事すら忘れてますからね。)

雑感

8月23日 NICKELBACKのチャドとアヴリル・ラヴィーンが婚約
へぇーって思いました。チャドってこういう趣味だったんだ…て全然どうでもいいですけど。
いままで浮いた話がなかったのかと思いきや、もともとつきあっていた女性がいて、今年に入って破局していたというニュースもどっかで見ました。しかも交際時期がアヴリルとだぶっているそうで、アヴリルの略奪愛とか言う話もあるそうで。(彼女の歌「ボーイフレンド」の歌詞そのものだと言われていましたよ。そんな内容だったのか…)ま、お幸せに。
NICKELBACKは12月に再来日、武道館公演が決定してるんですね。初来日公演が10年前に今は無き新宿リキッドルームで1回行われたきりしばらく来てなくて、その間にも海外では知名度をあげてるのに日本にはさっぱり呼ばれず。カナダのバンドっていつもこんな感じだよね…本国や米国と日本との人気の差によるギャラの折り合いの問題?
ようやく来日したかと思えば平日のライヴハウス(新木場STUDIO COAST)だし、私ももうだいぶ落ち着いてしまったのでそれ以降はあまり興味がなくなり…去年発売のアルバムを買ってないことに今気付いた(笑)。たしか寸前で購入を止めたような気がする。どういう気分の変化だったんだろう?

8月24日 世界番付
翔くんが番宣で出た番組にマーティ(フリードマン)も出てました。そのせいで?「ヘビメタが好きな国」の順位が発表されてたんだけど、そこで1位になったフィンランドのバンドが紹介されていました。
そのバンド(Turisas)の公式サイトに行ってびっくりしたよ。なんと翔くんの顔が出ているのに(これ関係ない?)YouTubeにアップされた番組の動画を使って自分達の出演シーンを紹介しているんです。
しかも「私たちはあなたを日本大好き!」とか「ありがとうございます!」という日本語まじりのコメントまで。
面白いので興味ある方は見てください→turisas.com
10分後くらいに出てくるヴォーカルのマティアスさん(素顔がステキ!)のメイク前後のギャップがいいです。
あ、このバンド2010年のラウパに出てますね。私が行ったのとは別の日ですけど。

オリンピック閉会式雑感

ロンドンオリンピック閉会式は気になっていたけど最初から見る元気もなく、5時50分頃に起きてからテレビをつけると、開会式と同様、会場には各国の選手団が入場した後。式次第自体不明なので今どの辺りなのかもまったくわからず、とりあえず準備を優先。

再びテレビの前に戻った時にHere Comes the Sunが流れてて、その後John LennonのImagineが。テレビの前に釘付けな状態ではなかったので落ち着かない様子でちらちら見ていると、FREEDOMという文字のライティングが観客席に映し出されていたのでこれは…と思っているうちに噂通りGeorge Michaelさん登場。しかしゆっくり見てられず、生活音に消されてほぼ歌は聴けませんでした。

時間の許す限りチャンネルはNHKに合わせていたのですが…なんていうか、音楽好きにはだいぶ不満の多い閉会式でしたね。セレモニーの内容じゃなくてNHKの中継がね。目の前のセレモニーの解説なんてそっちのけで、終わってしまったオリンピックの内容を振り返ってみたり、日本の選手団の様子を実況中継したり。さいしょからこういうシナリオだったんですかね?そこそこ有名な人は紹介し、自分たちが知らないか興味を示さないと紹介無視でオリンピック振り返りモードにチェンジするっていう。反応出来ないなら黙ってくれればいいのにさ。
個人的にはフレディが映像で出てきて掛け合いしたり、QUEENの2人が出てきてBrighton Rock?We Will Rock Youで会場が盛り上がっていたのでうれしかったのですが、その前のPink FloydのWish You Were HereをEd Sheeranやフロイド、ジェネシスらのメンバー4人で演奏していた時は何だこれって思いました。演奏者や曲については何も言及せずずっとオリンピックの思い出語りしてましたね。始まった時に演奏者名のスーパーを見逃してしまったので、誰が演奏してるのか解説してくれるのを待ってたのに。おまけに曲調が静かめなのでおしゃべりがうるさくて曲が聴こえなかった。曲を聴かせてくれない無神経さにイライラ。Museの時も注目度ゼロだったのかしゃべりまくってたみたいだし。(あ、そういえばMuseのPVなのか何なのか、鉄拳が彼らからパラパラマンガのオファーがきたらしいですね!)
音声多重放送じゃないからコメント無しにすることもできずイラッ。(みんな考える事は一緒だったね。)アナウンサーは喋るのが仕事って考えなら、せめてコメントありなしが切換えられるようにお願いします。

QUEENまで見て出かける時間がきてしまったので、ここでタイムアウト。

« January 2012 | Main | November 2012 »