« 雑感 | Main | 恋の予感? »

コレクション整理

耳が悪くなったことでだいぶ減ってしまった音楽の趣味へのこだわり。

昔はLPとかCDを買う度にコレクションが増えたとほくほく喜んだものです。が、今では増やしたくないのに増えてしまうことが苦痛で、盤を買うのに躊躇してデータダウンロードでいっか…と悩んだりしています。
今後一切音楽を聴かなくなるということはないだろうし、この辺の葛藤をうまく消化していかなくてはいけません。私ごときの未熟なコレクションでそんな風に思うなんて、倉庫がなきゃ困るくらいの量の人からすると笑うかもしれませんけどね。大量に保存されてる方はどんな気持ちでコレクションと格闘?してるんだろ。

さて。ある程度年を取ってしまったせいか、物へのこだわりがだいぶなくなってしまいました。それに聴力の悪化も影響し、こんな耳じゃアナログ盤のぬくもりのある音のよさとかデジタルリマスターの差とか、もう全然わかんなくなっちゃってて。昔こだわっていたことがこんな風に興味を失うことになろうとは予想していませんでしたが、これは厳しいけど現実です。なので、この機会にアナログ盤や持ってるけどもう二度と聴かないと思われるCD類を処分しようと考えました。具体的には買取してもらうことを考えていますが、売れないものは廃棄する予定です。少しでも部屋に空間を取り戻したいというのが本来の目的です。でもそれには思い出の整理の意味も含まれています。アナログ盤は大きいし持って帰るのも邪魔だから、買うのにけっこう躊躇しました。比較的手ぶらにして買いにいったものです。だから買った店やいつ頃買ったかが自然とよみがえるからです。アナログ盤はもう生産されていない貴重な物が多いからちょっともったいない気もしますけど、自分が保存しててももう二度と再生されることがないと思うと気の毒でもあります。だったら第二の人生を送ってもらったほうが良さそうなので。

というわけで、現在は手放すディスク類をリストアップ中です。
アナログはほぼ全部、CDは昨日ざっと要らないものを抜き取りました。が、以前省スペース化のためにプラケースを解体しスリムケースに入れ替えたものもけっこうあって(苦笑)。スリムケース化するものは「絶対手放さないもの」を選ぶべきでしたね。以前は買ったものを手放すという感覚がなく、もうあまり聴かないだろうと思うものからつぶしていったので、これらを今プラケースがついてるやつと交換しなきゃいけないのはちょっと苦痛かも。

ここ数年はPCに音源を取り込み、再生はほぼPCやデジタルプレーヤーでということが多いせいか、実際にCDプレーヤーで再生したことがないものも多いです。初回にデータを取り込んだら二度と開くこともないから、ディスク自体かなりきれい。これが物に対してのこだわりを無くしている原因かもしれないですね。(酷い時は買った事すら忘れてますからね。)

« 雑感 | Main | 恋の予感? »

Comments

スリムケース、確かに諸刃の剣ですね?。私も半分以上やったので、売るのはほぼ絶望的です(笑)
ほんと、最近CDで音楽聴いていないです。歌詞カード読むのも減ったし、一つ一つのCDに対して向き合う時間が減っているのは間違いなさそうです。

おしょうさん

歌詞カードどころかライナーとかも全然読まなくなりました。これだと日本盤不要&ダウンロードで用が済むってことになりますね(苦笑)
気に入っているアーティストほど最初に買ったものを手放さない傾向が強いんですけど、CDは音&メディアの劣化もあったりするから適当にサイクルさせてなるべく新しい物に変えていったほうがいいのかな?と思うこともあります。
とはいえ、ごていねいに10周年記念エディションを販売されると、それはそれで微妙…

The comments to this entry are closed.

« 雑感 | Main | 恋の予感? »