« 2012年の超個人的アルバムベスト… | Main | 昔の自分が知っていた »

TEDを何倍も楽しむ方法

昨日、話題のR15+指定映画「TED」を観てきました。
レディースデーの昨日は観客も多くて、劇場内は混みあってました。
ネタばれ書きますんで、観ようと思ってる人で絶対情報を入れたくない方は読まなくてもいいです。ま、たいしたことは書きませんが(笑)

クマのぬいぐるみが主役なのにあの下品さには呆れましたが(笑)面白かったです。
ノラ・ジョーンズがこんなのに出ていいの?なんて変な心配しちゃったくらい。

ところで、この映画にはかつての映画の話題がいっぱい出てくるんですが、QUEENファンには思わぬ儲け物となりました。とにかくたくさん、フラッシュ・ゴードンのシーンや音楽が映画に出てくるんです。昔からのQUEENファンなら誰でも記憶にあってかなり浸透しているこの映画、知っているからこそ笑えるエピソードもたくさんあって得した気分でした。TEDを観るなら、フラッシュ・ゴードンを予習しといた方がいい、絶対。

テッドやジョンのヒーロー的存在だったのがフラッシュ・ゴードンという設定です。いきなり「フラッシュのテーマ」が流れてきたので、予備知識を入れてなかったからびっくりしました。サントラにも入っているセリフの映像シーンとか、“Football Fight”や ”The Hero”などなど盛りだくさんで、もうサントラを聴いている気分。あれ?いま何の映画を観てるんだっけ?って忘れるほど(笑)。
主役のサム・ジョーンズも本人役で出てきて盛り上げます。観た時「さすがに30数年経つと老けてるなぁ」なんて、自分だって同じくせに(笑)。

大人でも観る人を選ぶ映画だと思うので、オススメはしません。
しかし、クマモンとか星一徹とか(星一徹は英語では「ジョー・コッカー」と言ってるように聴こえましたけど)なんで字幕を日本独自に置き換える?それを見て、なんだかシラっとしてしまいました。あと、悪のりが過ぎる部分も私には笑えなかったなぁ。根が真面目だからか(苦笑)。

« 2012年の超個人的アルバムベスト… | Main | 昔の自分が知っていた »

Comments

The comments to this entry are closed.