« TEDを何倍も楽しむ方法 | Main | Roadrunner Recordsの今 »

昔の自分が知っていた

今年の6月末に期限切れするタワーレコードのポイントが2300円分くらいありました。
使わなきゃ損だしオンラインショッピングですべて消費するつもりでしたが、そんな時にこれといってほしいものがありませんでした。

なので、タワーのオンラインショップで候補をひたすら探しました。そして見つかりました。そのアルバムはタワーレコードで限定販売されていたものでした。それが1999円だったため、まだ少し残っているポイントを使うためにこれから発売されるアルバムをついでに1枚予約しました。アルバムは7月16日発売で、待てば両方一緒に届く予定でした。
だけどその日を過ぎても届かない。なんで?と思ったらまだ取り寄せ中らしい。え、Amazonには在庫ありますけど?6月から予約してんのにタワーレコードにはなぜ入荷しないの?おまけに価格が200円上がったというお知らせまで届く始末。Amazonの最低価格保証を知ってたら、この措置はありえない。我慢できずキャンセルしました。
残った1枚をセブンイレブン受取りにして(なぜなら配送費がかかっちゃうから)、タワーポイントは端数使いができないために端数の99円を支払って、今日ようやく受け取りました。

前説が長くなってますが、この愚痴を書きたかったんじゃないです。書きたかったのはこの後の話。


(このリンク先はAmazonのmp3ダウンロードです)

今日届いたアルバムはMachinaの"To Live And Die In The Garden Of Eden"です。タワーで限定販売している記事を見つけた時に視聴したらよかったので購入したつもりでした。さっそくPCに取り込み、ミュージックプレーヤー(Walkman用なのでX-アプリです)を確認したら…あれ?今日取り込んだデータ以外に同じアーティストのアルバムとしてフォルダができてて2曲入ってる?これは何だ?

タイトルを見てみると、今日受け取ったアルバムに入ってるのと同じタイトルの曲がありました。聞き比べたら、曲自体は同じでした。だけどアレンジが微妙に違うんです。もう1曲はアルバムには入っていない曲でした。何故ここにこれらがあるのか思い出せないけれど、過去の自分が彼らとどこかで出会っていたとしか考えられません。

このデータをダウンロードしたのはいつなのか。興味を持って前のHDDを調べたら、このHDDは2008年4月にデータ移行したものだったんですが、フォルダの作成日がデータ移行した日になっていました。つまり、その前のHDDから移したものということになります。データの作成日時を調べた結果、2006年9月頃に作成されたものでした。

実は2006年頃から知ってたのに忘れてしまい、時を超えてまた2013年に巡り合うなんて!
自分の好きなものに対するアンテナの張り巡らし方がハンパなかった2006年当時の自分に感動してしまいました。2006年はホントいい年でした。私の中ではメモリアルイヤーです。たくさんのいい音楽に出会いました。新しい音楽仲間にも出会えました。
自分には行動の記憶がないけど、PCにデータを落としてたのに陽の目をみずにここまで取っておかれるなんて、彼らも気の毒です。でも巡り巡って再び会えたことに感謝。当時の自分が反応したのもわかります。ものすごく自分好みの音だったから。AICとか好きな人、きっと好きですよ。

バンドのプロフィールは、てっとりばやくWikipediaでどうぞ。ざっくり言うと元EvanescenceのG/Dの人たちが結成したバンドです。
実は彼ら、今年の6月に来日してたみたいです。それにも驚きましたが、AICの"Would?"をカバーしていたらしいです。(ネタはここ)知ってても観にはいかなかったかもしれませんが、今はちょっと惜しいことをした感でいっぱい。

« TEDを何倍も楽しむ方法 | Main | Roadrunner Recordsの今 »

Comments

The comments to this entry are closed.