« Roadrunner Recordsの今 | Main | 命日 »

Alter Bridge

今、Alter Bridgeがマイブームです。
(日本語での表記は「アルター・ブリッジ」が多いですが、私は「オルター・ブリッジ」だと思ってるのでこの名称は使いません。)

私が彼らを取り上げた記事は2007年のアルバム「Blackbird」の時ですが、それからもちょこちょこ名前は出ていました。でもハマるまではいってなかったんです。単に好きなバンドの1つでした。
一番大きなきっかけは彼らの4作目「FORTRESS」のリリースです。とにかく気に入りました。そこから、持っている既発のCDも含め、彼らの音楽を聴かない日が一日もないくらいにかなりへヴィに聴きまくっています。最近はアルバムを聴いてるか、YouTubeを見てるかのどちらかです(笑)。

さらに拍車をかけたのが、ライヴに興味を持ってしまったこと。いままで、映像で彼らを観ることをほとんどしなかったけど、動いてるのを見るのはやっぱりいいですね。YouTubeでいろいろ見始めたらもう楽しくなってきちゃって。ここ日本では有名ではないですが、海外では人気が高いのがそれらの映像でわかります。(彼らのことは、わかるやつだけわかればいいの世界だと思ってます。)

ハマった時はヨーロッパツアー真っ最中だったので、比較的最近アップされたFORTRESSの曲も多かったです。世界にはなんて素敵なファンが多いんだろうとわくわくしながら観てしまいました。特に興味をもったのはサウンドチェックの映像でした。通常の数倍するVIPチケットを買った人が撮影したサウンドチェック風景は、邪魔な客もいないし照明付きっぱなしで明るいからステージ全体がよく見えます。おまけに間近だし歓声もないから音もよく聞こえるし(ただしサウンドチェックが目的だから本気で歌ってません)。ライヴ本番じゃないからメンバーがいい感じにリラックスしてて良いです。ちょっと高いお金を出しても、一度こういう間近な所から観てみたいと思いました。

でもって、メンバーやバンドのこともよく知りませんでした。それまでの彼らに対する私の認識は、
1.ヴォーカルのMyles Kennedyを除く3人はCREEDのオリジナルメンバー。
2.Myles Kennedyは歌唱力に定評がある。
3.それがもとで映画「ROCK STAR」にも出演している。
 STEEL DRAGONのメンバーになる前でシーンは終わってますが、
 メンバーとして自分の声で歌った唯一の人です。
4.Mylesを除く3人は2009年にScott Stappと共にCREEDを再結成、ツアーも行った。
5.3人がCREEDで活動してる間、MylesはSlashと活動を共にしていた。Slashのアルバムでも歌ってる。
 2010年のサマソニ、2013年のオズフェストで来日。
ということくらいでした。ぜんぜん知ってるうちに入りませんな(^_^;)。

実はMyles以外、顔も名前もほとんど知らず。音楽重視であとは無視っていう、気に入っててもそこまで深く追求しない私の習性でぞんざいに扱われていたアーティストの一つでしたよ。ホントごめんなさいという感じです。
上の認識度からも、私の中ではAlter Bridge=Myles Kennedyが中心でしたが、ようやくメンバー全員の顔と名前を覚えました。とりあえずメンバー写真です。顔もよく知らないって罪ですね。Mark Tremontiさん、こんな硬派なカッコイイ顔だったっけ?みたいな感想でした(^_^;)。でも私はMyles Kennedyファンです。


左から Scott Phillips (Drums), Mark Tremonti (Lead Guitar/Vo), Myles Kennedy(Lead Vocal/Guitar), Brian Marshall(Bass)

最新シングル:Addicted to Pain

彼らは16日のリスボンでヨーロッパ・ツアーを終えました。来年は2月〜3月に開催されるオーストラリアのSoundwave Festivalに出演。そして6月15日には、英国のドニントンパークで行われるダウンロードフェスのメインサポート:つまりトリ前(ヘッドライナーはエアロスミス)に出演が決まっています。海外ではここまで大きくなってるのに、本当にスモール・イン・ジャパンの典型ですよねぇ。

もうライヴはいいやっていってた私、彼らが観たくなってます!そういう気にさせられました。もうほんと後ろでいいから、Mylesの声を生で聴いてみたいです。サマソニとオズフェストはチャンスだったのに、勿体ないことをしました。

私はAlter Bridgeの結成当時を知らなかったのですが、1stアルバムでMylesはギターを弾いてないそうです。彼がヴォーカリストとして雇われた当初Alter Bridgeの他のメンバーは彼にギターの腕とソングライティング力があることをよく知らなかったようです。そのうち知られることになって、Mylesはツアーからリズムギターを弾いています。おそらく、結成当時は(他の3人は)CREEDと同じメンバー構成を想定してたんでしょうね。Scott Stappって楽器を演奏してなかったですよね?
2ndアルバム「Blackbird」はMylesも全面的に加わった作品で、制作期間も1stのように短くはなく、時間をかけられて作られています。また一部の曲ではリードギターを弾いています。私が読んだのはMylesのインタビューだけですが、1stアルバムは、1月に来てから4月までには録音を終えたくらい短かったと話していました。それだけMark(Tremonti)がいろいろやってくれたという話ですが、裏を返せば自分はそれほど曲作りには参加してないという感じだったんでしょうね。(調べたら、“Find the Real”, “One Day Remains,” “Open Your Eyes”, “Metalingus,” と “The End is Here” がMarkとの共作らしい。)

1st「One Day Remains」はまだ取り寄せ中で入手できていませんが、ライヴ常連曲を聴いた限りでは、現在のようなAlter Bridge色はまだ出てないです。Mylesの持ち味を生かしきれてない感があります。次作からはメタル色もぐっと深まっていき、Mylesの高域(広域とも言える)を生かしたヴォーカルが聴けます。CREED感もどんどん薄まっていきます。って、CREEDをよく知らない私が言ってもぜんぜん説得力ないわ(^_^;)

« Roadrunner Recordsの今 | Main | 命日 »

Comments

The comments to this entry are closed.