« December 2013 | Main | February 2014 »

5 posts from January 2014

Alice In Chains来日決定

アリス・イン・チェインズの来日が発表になりました。
単独では1993年10月以来ですが、前回の来日は2006年7月の伝説のUDOフェス。
8年ぶり3回目になります。

2014/3/9(日) 横浜 BAY HALL
OPEN 17:00 / START 18:00

2014/3/10(月) 新木場STUDIO COAST
OPEN 18:00 / START 19:00

TICKETS ¥7,000-(税込/All Standing/1Drink別)

招聘:クリエイティブマン


クリエイティブマンのサイト
各プレイガイドのプレオーダー受付中…

Alice In Chainsの公式サイト
※右側のTOUR DATEを全表示させると日本公演の先行販売のリンクがあります

でも実は、知った瞬間「やっぱり…」と思いました。
曖昧とはいえ、先週偶然、かなり有力な情報を得てしまっていたんですよね。
私が見たのはこちらの記事です。

これは、アメリカの「HARDDRIVE」というラジオショーのサイトの"Get the Dirt!"というコラムの1月22日の記事。
たまたま先週のフィーチャーアーティストがAlter Bridgeだったので、なんとかして番組を聴く方法はないものかとインターネットで聴ける放送局を探していました。
そのためにこのサイトをうろうろしていた時、なんとなく開いてしまったその日の最新記事がコレでした。
Alice In Chainsと書いてあれば条件反射で見てしまいますからね。
えっ!Japanって書いてあるけど?まだ発表されてないよね?とあわてて情報を調べましたがその時点ではありませんでした。
だから、この日(23日)から彼らが来日するであろうという疑いと期待の目をもってサイトをチェックしていたのでした。

単に「話をしたらこんなこと言ってたよ」ということが書かれていただけです。
その時すでにオーストラリアに来るのは知っていたし、シンガポールも発表になっていました。
ここにJapanと書いてあって来ない訳がない。
メンバー自身が言ってる話ですからね。
本当に実現してうれしいです。

アンテナを張り巡らしていると、情報は相手の方からやってきてくれるのかも(^_^)。


あ、うっかり、マイキーのこれ以外の話題をスルーしてしまった。
彼は結婚したと書いてありましたね。2010年に結婚されたようです。
ジェリーは…バイオ見てもなんも書いてないな。

Playlist:January, 2014

個人的なイベントで1時間程度のBGMを用意していったのですが、こういう作業自体が嫌いではないのでとても楽しかったです。
その時に作ったプレイリストを紹介します。
並べた曲順に再生されなかったのが残念でした。本当はこういう順番。

01. Of Mind - Nocturne / Tesseract (from "Altered State")
02. Hunter / 30 Seconds To Mars
03. Drive / Deftones
04. Caught A Lite Sneeze / Evans Blue
05. Pride (In The Name Of Love) Featuring Richard Patrick / Flyleaf
06. King Of Pain / Mudvayne
07. Land Of Confusion / Disturbed
08. Another Brick In The Wall Part.2 / Class Of '99
09. Rocket Queen / Slash feat. Myles Kennedy
10. Would? (Featuring James Hetfield) / Alice In Chains
11. Tie Your Mother Down / Shinedown
12. Ordinary World / Red
13. Inner City Blues (Make Me Wanna Holler) / The Mayfield Four

1曲目の最近のおすすめ曲を除いて、カヴァーもしくはシチュエーション違いの別ヴォーカルというのが今回のテーマでした。
原曲のアーティスト名を注記します。
Hunter - Bjork
Drive - The Cars
Caught A Lite Sneeze - Tori Amos
Pride (In The Name Of Love) - U2
King Of Pain - The Police
Land Of Confusion - Genesis
Another Brick In The Wall Part.2 - Pink Floyd
Rocket Queen - Guns N' Roses
Would? - Alice In Chains
Tie Your Mother Down - Queen
Ordinary World - Duran Duran
Inner City Blues (Make Me Wanna Holler) - Marvin Gaye

私のプレイリストは、オリジナルアルバムに収録されてる物とライヴ音源が混ざっています。
FlyleafがFilterのRichard Patrickをフィーチャーして歌ってるのが異色ですが、これはFamily Values Tourのライヴ音源です。
あとAlice In Chainsのもライヴです。

今年は月1でプレイリストを更新しようと思います。
多分その時の状況と気分を反映したものが出来上がりそうな気がします。

Takeover

UKのラジオステーションに「TeamRock Radio」というRock中心のステーションがあります。
このステーションには、毎週土日の昼12時~14時にアーティストが出演して自分たちの好きな曲を2時間かけまくる「The TeamRock Radio Takeover」という番組があります。
Alter Bridgeも2013年のFortressリリースのタイミングで出演していたようなのですが、当然その頃は聴けず。ですがたまたま、クリスマス~お正月企画として、2014年1月1日(日本時間の21時~23時)に再放送があり、直前にそれを知って運よく聴けました。UKと日本の時差は9時間なので、リアルタイムだと日本では夜の放送。でもむしろ夜聴くのにちょうどいい感じ。
Myles KennedyとMark Tremontiが出演していて、かなりバラエティに富んだプレイリストでとても面白かったので紹介します。

Playlist:
It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'N' Roll) - AC/DC
You're My Best Friend - Queen
Dethroned Emperor - Celtic Frost
Still Of The Night - Whitesnake
Orion - Metallica
FM - Steely Dan
25 or 6 to 4 - Chicago
High n Dry (Saturday Night) - Def Leppard
Dream Brother - Jeff Buckley
Angel Of Death - Slayer
September - Earth, Wind & Fire
Bright Lights - Gary Clark Jr.
Fast As A Shark - Accept
Admit Defeat - Monuments
Sir Duke - Stevie Wonder
The Hellion 〜 Electric Eye - Judas Priest
The Way It Is - Bruce Hornsby
Little Wing - Sting
People Get Ready - Rod Stewart & Jeff Beck
Blackbird - Alter Bridge
Great Depression - Nuclear Assault
I Shall Be Released (The Last Waltz) - The Band
Lenny - Stevie Ray Vaughan and Double Trouble

MarkのAC/DCから始まって、MarkとMylesが交互に曲を紹介する形式でそれぞれのリクエスト曲を紹介していたようです。Def LeppardとJeff Buckleyが続いたところはMyles、そこからまた交互に戻って、Stevie WonderとJudas PriestはMylesでその後また交互になります。つまり、Mylesの選曲が多かったということです。

MylesのリクエストがQueenから始まるのがいいですね。
Jeff Buckleyの曲からSlayerの曲を紹介するとき、Markが"one eighty"と言っていました。180度=全く雰囲気の違う曲っていう意味で言ったんでしょうね。そういえば、アンブロージアのアルバムにOne Eightyというのがあったけど、そういう意味なの?と思って調べたら、「The title of the album One Eighty was believed by fans to signal the group's "180-degree" change in direction. In actuality, it was so named because it was recorded in January 1980 (1/80). 」と書いてありました。180度違った方向性じゃなくて、単にレコーディングが1980年の1月だったってことだそうです。余談でした。

その後も、Slayerの次がEarth, Wind & Fireだったりして、まさにone eightyな選曲が続きます。Mylesも"September"の後に、「多分なんだこれってみんな不思議に思ってるかもしれないけど(自分たちもそう思ってるから)」みたいなコメントしてます。1つのバンドでここまでバラエティに富んだ選曲ってそんなにはないと思う(笑)。

Mylesが、Judas PriestやIron Maidenのような激しい曲を聴いてて、中でも強烈な…なんて言ってるところに何故かMarkが「Here's Wham! "Wake Me Up Before You Go-Go"」と曲紹介をしていました(実際に流れたりはしません)。そこでMylesの爆笑を誘っていましたが、正しい曲はAcceptでした。急に正統派な選曲に戻っちゃったから、Markが勝手に180度違う選曲を演出したのかな?
その次に流れたMonumentsはDjent系で、ソロツアーでWolfie Van Halenと一緒だった時に紹介されたみたいなことをMarkが言っていました。そして次はまたまた180度違うStevie Wonder。かなり個性のある選曲です。

Stingの"Little Wing"の時に、Mylesがギターソロのことを"very, very beautiful"と絶賛していました。このアルバムはたくさんゲストが参加していたから、誰がギター・ソロを担当してたかすっかり忘れてた私でしたが、彼はしっかりHiram Bullockと言っていました。(私が意識してなかっただけかもですが、おかげで覚えました。)この方は既に故人ですが、大阪出身の方だったんですね。といっても国籍は完全アメリカ人です。

私はMylesの選曲にかなりそそられました。ジェフ・バックリーやスティーヴィーは予想内ですが、スティーリー・ダンやアース・ウインド&ファイアーが聴けるとは(笑)。お正月からこんな感じで楽しいひとときを過ごせました。この放送は放送直後にOn demandで聴くことができたのでダウンロードし、ちょくちょく楽しんでいます。

真相は?

昨日、SlipknotのJoeyが「自分はSlipknotを脱退してない」とfacebookで表明したことが話題になりました。以下、引用します。

To my fans, friends, and associates...

I would like to start the New Year by addressing the recent rumors and speculation regarding my departure from Slipknot. I want to make it very clear that I DID NOT QUIT SLIPKNOT. This band has been my life for the last 18 years, and I would never abandon it, or my fans. This news has shocked and blindsided me as much as it has all of you. While there is much I would like to say, I must remain silent to further details at this time. I would like to thank you all for your unwavering love and support, and wish everyone a very happy and healthy New Year.

これを見る限り、Joeyは自分から辞めるといったわけではなく、公式発表は寝耳に水だったということになります。以前Slipknotの公式サイトのTOP画面で発表されていた文言も(最初から期間限定だったのか)今は取っ払われていて、NEWSにも追記されていない。まるで何事もなかったかのよう。これは何を意味するんでしょう。
バンドサイドもJoeyも、今はこれ以上のコメントは避けているので、とりあえず見守ることにします。

年末のCoreyのコメントとかもあって、ホントよくわからなくなっています…
既に修復済とも思えないし、真相が落胆させるような内容でないことを祈ります。

2013年のMY TOP10 ALBUM

2014年が明けました。本年もよろしくお願いします。
今年最初の記事は2013年の超個人的なアルバムTOP10です。

1. Fortress - Alter Bridge


2. The Catalyst Fire - Dead Letter Circus


3. Altered State - Tesseract


4. Hesitation Marks - Nine Inch Nails


5. House Of Gold And Bones Part.2 - Stone Sour


6. ...Like Clockwork - Queens Of The Stone Age


7. Black Out The Sun - Sevendust


8. The Paradigm Shift - Korn


9. Dream Theater - Dream Theater


10. The Devil Put Dinosaurs Here - Alice In Chains

貼り付けてあるアルバムジャケットのリンク(但しDLCを除く)は、自分が買ったものと同じ商品です。
コメントは続きで。

Continue reading "2013年のMY TOP10 ALBUM" »

« December 2013 | Main | February 2014 »