« Alice In Chains@新木場STUDIO COAST(3/10) | Main | JerryはFacebookもTwitterもやらない »

今回の来日で思うこと。

3月10日に、2006年7月23日ぶりにアリス・イン・チェインズと再会しました。
ライヴの感想は1つ前に書いたとおりです。

今回の来日ではいろいろ思うことがあって、でもライヴの感想にそれ付けたらちょっとイヤだなということで別に。

発表された日の記事に書いたとおり、偶然ラジオ番組のサイトで日本公演の存在を知ってしまってから、どこのプロモーターだろうとソワソワしていたらクリマンで、発表もその一週間後でした。スケジュールはオーストラリアの前か後、後ならシンガポールの後だろうし。ということは、販売期間は1ヶ月程度?こんなに短くて売れるの?彼らがどんだけ日本に来てないかわかってやってるのだろうか?という不安材料しかなかったんですが、不安は的中してしまいました。日曜日の横浜ベイホールはキャパも新木場の約半分の1000人程度で、地方遠征組の来場も手伝ってソールドアウトになりました。でも新木場スタジオコースト公演、月曜日ですよ。しかも日本では年度末が3月なんていう会社も多いだろうから、休んでまでは来れないのでは…。

当日。開場時間にまもなくなろうとしているのに、入場待ちの人がなんとなくまばら。A(クリマン3A会員)のつく番号の後に数字だけの整理番号が入るので、集合場所が分けられるんですが、圧倒的に数字だけの人が多い。3Aも、発表になった日の翌日から2日のみの会員先行応募期間だったし、逃した人は多かったと思う。(手馴れているはずの友人も、私が指摘しなければ気づかなかったくらい普通じゃなかったんです。)
それだけじゃなく、来日自体知らなかった、直前に知った、なんて人もいたようで…。宣伝も足りなければ販売期間も少なすぎ。確かに、93年来日時は東京公演があっという間にソールドアウトになって、初日の前日に追加公演が入るなんてこともありましたが…。思うように活動できなかったから、知名度でいえば最近デビューした人よりおそらくマイナーなんだよね。(ここもABと一緒で、好きな人はものすごい好き、みたいなバンドなのだろうと思う。)全国にファンはいるのよ。関東圏しかなかったとしても、もっと余裕があれば遠征してくれるような人だっているのよ。だから、できれば整った環境で彼らをお迎えしたかった。

私は運よくというか、後ろを気にしないでいい最前列でしたが、あちこちで拾った感想を見ると、かなり人の入りは悪かったようです。2階にも入れない、後ろも幕で覆われていて、前の方にしか行けないような客席構造に。(会場は違うけど、2007年のDeftonesがこんな感じでした。)今回の来日公演を直前に知った、終わってから知った、なんてツイートもちらほら見かけて、せっかく来てくれた彼らにも、そんなファンにも、申し訳ないようないたたまれないような気分になってしまいました。(私が悪い訳じゃないですけど。)

実際、どっちが悪いかは知りません。もしかしたら、アーティスト側が先に決めていて、プロモーターへの打診が遅れたのかもしれない。としても、1日でも早く売り出すべきだったのでは。

それで最前列で観れたというのもありますけどね(^_^;)。
お互いが満足しなければ、なんとなく心残りが発生してしまうので。
⇒UDOフェスもそんな感じだったし。

彼らはUSツアー、その後ヨーロッパでのフェス参加でしばらくスケジュールが空きません。
来日公演狙うなら夏以降ですが、少し休みたい頃かしら…。

次の準備をして待っているので、ぜひ早めに連絡してからいらしてください!
(日本語で書いても通じないって~)

« Alice In Chains@新木場STUDIO COAST(3/10) | Main | JerryはFacebookもTwitterもやらない »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« Alice In Chains@新木場STUDIO COAST(3/10) | Main | JerryはFacebookもTwitterもやらない »