« JerryはFacebookもTwitterもやらない | Main | KNOTFEST JAPAN 2014 »

耳鳴りについて

音楽のことを書いているblogですが、管理者はいま耳にちょっと障害を抱えてます。
前は普通に聞こえていました。しかし、2002年頃に体調を崩したのがきっかけで耳鳴りが始まり、その後難聴になり、現在もそれに悩まされ続けています。耳鳴りは常にあります。高音が聴こえないので、S系の音は抜けて聴こえます。もともと健聴者だったので、はっきり聴こえていた頃の音と今の音のギャップには常に苦しめられてます。左右の音階が違って聴こえることもあり、とても気持ち悪いです。
(参考までに。障害者手帳を持つほどではないですが、右は健聴者の半分以下しか聴こえていません。障害者手帳を持てるのは、相当聴こえないレベルの人だけだと思って下さい。)
音楽を愛されている方は、くれぐれも体調管理にご注意を。私のは聴きすぎとか大音量とかが原因じゃなく、おそらく生活習慣と激務による体調不良が重なったのが最初のきっかけです。

これに関連するかは別として、Myles Kennedyの情報を探っているうちに、彼も耳鳴りを患ってる1人だということがわかりました。(ファンには有名な話なのかもしれませんが。)

耳鳴りを患ってるミュージシャンは非常に多いです。音楽をやっている以上、聴力は必要な感覚です。曲作りはもちろん、新作を発表すればツアーはつきもので、ライヴは常に爆音。普通の人以上に悪環境にさらされるので、いい状況を保つのは難しいと思います。常に意識して対策は講じていると思いますが、これから先もどうか悪化しませぬように。それを祈るばかりです。

彼が耳鳴りを患ったのは、2002年の夏頃、曲作りのために毎日ヘッドフォンで大音量を聴き続けたことによるものらしいです。夏でエアコンをつけっぱなしにしていて、エアコンの駆動音に耳鳴りの音が重なって、耳鳴りが起きていることに気づくのが遅れたのも運が悪かった。涼しくなってエアコンを止めたのに、音が鳴り止まなかったことでようやく耳鳴りだと気づいたそうです。この頃の彼の気持ちは、The Mayfield Four netに載っています(当時載った新聞の記事のようです)。
Dream called, but musician couldn't hear it

Mylesは一時期ミュージックビジネスから足を洗ってギター講師をやっていこうと思った時期があると、他のインタビューで語っているのを読みました。おそらくこの時期だと思います。
ですが、ある日子供にギターを教えていた時(その子がギターは無視で部屋を走り回ってばかりいた)、ふと、こんなことをしてないでもう一度プレーヤーとしての道をチャンレンジすべきだと思ったそうです。不思議なことに、それから少ししてMark Tremontiから誘いがあったらしいです。そして、彼らがオープニングアクトとメインアクトという関係で一緒にツアーを回って以来、久しぶりに再会したのが2004年の初め。

Velvet Revolverのヴォーカリストのオーディションに誘われたのにデモテープを送らなかった時は、多分音楽を続けていく意思がなくなりかけていた時で、やる気に満ち溢れている時にMarkから声をかけられた。不思議ですけど、こういうのも縁なのでしょうね。とはいえ、Slashとは一緒に活動してるわけだから、人生なんてどう転ぶかわからないものですね。

-----------------------------------
冒頭に自分のことを書きましたが、その年に書いていた記事に耳鳴り発症時期が記されているものがあったので紹介します。

今日のBGM - 2002.12.16(Mon)
Degradation Trip Volume I & II/Jerry Cantrell
今年の6月(日本では)に発売された1枚仕様の2枚組。もともと2枚分の25曲を用意してあったのに、発売時は1枚にしてしまったそうな...。それのフル・レングスアルバム。私はこのアルバムがリリースされる直前くらいに耳が鳴り始め、音楽そのものを聞く気が失せてしまったので、最初のアルバムもリピート回数がわずか2回のみでした。どれが追加の曲かをチェックせず、もともと2枚組のアルバムだったと思って聴けるからそれはそれでいいかな。(でも耳が少し覚えてた)追加の11曲、全部ではないけれど、AICの曲と言ってもおかしくない感じ。暗い感じが "Alice In Chains" に似てるかも。
※"Alice In Chains"はセルフタイトル3rdアルバムのこと


これによれば、私の耳鳴りが始まったのは2002年6月頃ですね。
確かに…この頃、私は帯状疱疹になったり仕事で忙しくて寝不足になったり口が開かなくなったり(顎関節症?)、おまけに8本足のヤツに悩まされたりしてました(^_^;)
2002年の夏、というくくりでMylesの耳鳴り発症と時期が重なります。偶然ですけど。

« JerryはFacebookもTwitterもやらない | Main | KNOTFEST JAPAN 2014 »