« 2016年に聴いたアルバムTOP5 | Main

2017年音楽まとめ1

2018年初書き込みです。
まさか、2017年にその年に起きた音楽に関する記事を1つもアップしていなかったとは。
下書きはいくつかしていたんですけどアップするに至らずで申し訳ないです。

それでは昨年1年分を振り返ります。まずはアルバム編。

自分が選ぶ2017年のアルバム
1. Hydrograd - Stone Sour (release: 2017.6.30)

2. The Stories We Tell Ourselves - Nothing More (release: 2017.9.15)

3.Quiet Life - Fish on Friday (release: 2017.5.9)

4. Emperor Of Sand - Mastodon (release: 2017.3.31)

5. Tardigrades Will Inherit the Earth - The Mute Gods (release: 2017.2.9)

6. Cholocation - Gone Is Gone (release: 2017.1.6)

6. Gone - RED (release: 2017.10.26)

6. (how to live) As Ghosts - 10 Years (release: 2017.10.27)


【アルバム選定に対するコメント】
なんとなく赤っぽいジャケットが並んだ2017年産アルバム。

1位のStone Sourはジムが脱退した後の現メンバーでの初のオリジナルアルバムです。その前にカバー集を2つリリースしてます。どういう音の変化があるかと思いましたが、前2作のコンセプトアルバム以前のキャッチーなStone Sourにもどったような印象。むしろ以前よりメロディックかな。非常に聴きやすい内容で、コリィさんのヴォーカルも冴えわたっていました。来日公演があったからしっかり向き合って聴けたのはよかった。

2位のNothing Moreは前作で注目されたけどけっこう下積みの長いバンドで、周囲からの期待を背負いながらアルバムをリリースしたのは恐らくこれが初めてだったんではないかと思うのです。その気合いは十分感じられたんだけど、自分がそのレベルに到達できなかった気がします。理由は多分同時期のアルバムリリースラッシュと自分の耳の調子ですかね。2017年の後半はあんまり音楽を聞いてなかったんですよ。なので、耳の調子がよかったらこの順番だろうという加点が入っています。

3位のFish On Fridayはベルギーのバンドなので知らない人が多いかもですが、Nick Beggsがベースで参加している事で注目し、聴いてみたらとても心地よくてお気に入りに。Pink Floydのようなアラン・パーソンズのような・・・なんて表現をしてたんですが、実際にアラン・パーソンズがプロデュースしている曲(#9)もあります。

4位のMastodon。アルバム自体購入は初めてで、買うに至った経緯はMyles Kennedyが常々お気に入りのバンドに入れている事と6位に入れているGone Is Goneの影響です。なので2つ続けてコメントします。
6位の1つに入れたGone Is Goneとの出会いはApple Musicが勝手に選んでくれるあなた向けの音楽に"Dublin"という曲があって、ダークな感じが妙に印象に残ったのですが、調べてみたらMastodonのTroy SandersとQueens Of The Stone AgeのTroy Van Leeuwen、At The Drive-InのTony Hajjarのプロジェクトでした。意外と有名どころのプロジェクトなのに自分では全く知らなかった事が逆に興味をもつきっかけに。他に"Gift"も聴いて好感触だったのでアルバムを購入しはまりました。それでTroyのいるMastodonも聴いてみようと思いました。
4位のEmperor Of Sandは試聴なし前情報なしのCD購入だったのですがすぐに気に入りました。
複数のメンバーがヴォーカルを取るし、音がヘヴィで躍動的で聴いてて飽きない。このコメントを書いている時に改めて調べていた時、プロデューサーがBrendan O'Brienで、11曲目のゲストにMike Keneallyがいたのを知りましたが、そういう結びつきもはまる要因だったのかな。他にひいきのアーティストがアルバムをリリースしてなかったら多分1位でした。彼らはアルバム収録曲 Sultan's Curseでグラミー賞のBest Heavy Metal Performanceを受賞しましたね。おめでとうございます。

5位のThe Mute Godsは昨年も選出していますが、Nick Beggsのバンドで、彼らの2ndアルバムです。
前作に続き、奇抜な感じの曲とメロウな感じの曲を織り交ぜて、なかなか個性的な内容に仕上がっています。Tardigrade(日本語では緩歩動物)なんて単語、このアルバムに出会わなかったら知ることもなかっただろう(^_^;)。調べると出てきますから興味のある方は検索を。つくづく私は虫系に縁があるってことなのか。
ニックのヴォーカルを聴けるのはいまのところこのバンドのみなので楽しませてもらってます。

6位に3作選んだり、10位までなかったりして中途半端でごめんなさい。
REDや10 Yearsはデビューアルバムに雰囲気が似てて、自分はその当時の音が好きだったので聴きやすかったです。Nothing Moreのコメントにも書いたんですが、後半は同時期のリリースやライブの予習復習のために後回しにしたり、アルバム毎に時間をかけて聞きこめなかったのは反省しています。

2017年は購入した割にちゃんと聞いてないのが実は多く、時間を作って聞き直したいです。

そしておまけ。2017年がアニバーサリーイヤーだからこそリリースされた40周年記念の企画物の存在を忘れてはいけません。
お財布には痛かったけど充実してました。買わない後悔より買った後悔。でも後悔はしてません。
特にコレとコレ。

世界に捧ぐ(40周年記念スーパー・デラックス・エディション) - Queen

A Farewell To Kings 40th Anniversary Deluxe Edition - Rush


あまり比較して考えることはなかったのですが、この2枚は同じ年のリリースだったんですよね。
どちらも、彼らの全アルバムの中ですごく好きという存在ではなかったけれど、この記念盤を購入することで少し違う存在になったのは確かです。
特にNews Of The World。今までも聴いていたけれど、1年でこんなに繰り返し聴いたのは初めてだったんじゃないかというくらい聴き、大好きなアルバムになりました。

レアトラックも嬉しい内容でした。
Queenはこんなタイミングで聴けたフレディのAll Dead, All Dead、Rushはリリースまもない時期のライヴで、その当時しか聞けないセットリストですし。
勇気を出して買ってよかったです。

« 2016年に聴いたアルバムTOP5 | Main

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 2016年に聴いたアルバムTOP5 | Main