再生履歴

今日のBGM:April 21, 2003 (Mon)

HPをやっている頃に、その日聴いたBGMを自己満足的に披露していた「今日のBGM」。
これは11年前の今日の記録です。
曜日が今年と同じ巡り方をしてますね。そうでした、11年前の今頃、ものすごく聴きまくっていたんでしたよね(笑)
記念に再び公開。生意気なこと書いてますが、どうぞ。

LIVE/ALICE IN CHAINS

1.BLEED THE FREAK
December 22, 1990 at the Moore Theater in Seattle, WA
2.QUEEN OF THE RODEO
November 5, 1990 in Dallas, TX
3.ANGRY CHAIR
March 2, 1993 at Glasgow Barrowland
4.MAN IN THE BOX
March 2, 1993 at Glasgow Barrowland
5.LOVE, HATE, LOVE
March 2, 1993 at Glasgow Barrowland
6.ROOSTER
March 2, 1993 at Glasgow Barrowland
7.WOULD?
March 2, 1993 at Glasgow Barrowland
8.JUNKHEAD
March 2, 1993 at Glasgow Barrowland
9.DIRT(DRUNK AND DISORDERLY VERSION)
October 24, 1993 In Nagoya, Japan
10.THEM BONES
July 2,1996 at the Kiel Center in St. Louis, MO
11.GOD AM
July 2,1996 at the Kiel Center in St. Louis, MO
12.AGAIN
July 2,1996 at the Kiel Center in St. Louis, MO
13.A LITTLE BITTER
July 2,1996 at the Kiel Center in St. Louis, MO
14.DAM THAT RIVER
July 3,1996 at the Kemper Arena in Kansas City, MO

日本盤は2000年12月27日に発売されたこの"LIVE"、Alice In Chainsはこの時存在しないも同然でした。MikeとSeanだけ同じバンドで活動していましたが、もちろん Alice In Chains ではありません。JerryもLayneも何やってんのかわからない状態でした。そんな中でリリースするレコード会社(Columbia、つまりソニー)の気がしれませんが、このまま契約を存続させるアーティストかどうか見極めの時期に入ってて、契約を切る前に出せるものはすべて出し尽くすつもりだったんでしょうか。そうだったとしても、よく考えてみればライヴ・アルバム(ビデオはあったけど)がないバンドだったので、(時期は変だけど)リリースに関しては正解でした。

1曲めは伝説のムーア・シアターでのライヴ(ビデオ ”LIVE FACELIFT”と音源が同じ)。2曲めはオリジナル・アルバム未発表曲:Music Bank(Box)に収録されている、初期の作品のライヴ。3-8曲目までがグラスゴーでのライヴ。9曲めが名古屋(1993年来日時の最終公演)でのライヴ→日記にも書いたけど "Good Evening, Osaka" って言ってるように聴こえる、いや絶対言ってるLayne。10-14曲めは結局最後のライヴとなってしまった、1996年のKISS REUNIONツアーでのオープニング・アクトを4日務めたうちの3日めと4日め。
1996年のライヴは、声は出ていると言ってもLayneはベストではないと思います。初期のライヴと比較しちゃいけないのかもしれないけれど....あまり余裕が感じられない。それに対し、Jerryのギターの音は激しく、ステージで演奏するのを楽しんでいるように聴こえました。このライヴに収録されてる曲はたまたまコーラスがあまりない曲ばかりなのですが、Jerryのギターの音が聴けるというだけでもう十分うれしい。

最近、初期のライヴビデオやPV集、Unpluggedまでいろんな映像を観て、そして最後にこの "LIVE" を聴いて感じたのが、Jerryはメインヴォーカルもとるけどやっぱりギタリストだということ。それは彼自身が一番そう思っていて、激しくヘッドバンギングしながらギターを弾き、レインの後ろで時々バックアップ・ヴォーカルをとる、あの「基本的」なスタイルが彼の理想だったんではないかと思いました。だから、Layneに復活してもらい Alice In Chains としての活動を続けたいと一番願っていたのはおそらく彼だろうと思います。

彼はソロ活動をしていますが、自分以外にギタリストを参加させてライヴをしています。彼がヴォーカリストとして歌う都合上それはしょうがないのかもしれないけれど、歌よりもたっぷりとギターを弾かせてあげたい、などと思ってしまうのでした。彼のヴォーカルが好き、と言ってる自分が何書いてるんでしょう、なんですが。
(最終的に、何故いつもJerryが主役になってしまうんだ>私の文章は(笑)。)

2014年の今、私が聴いているBGM
Degradation Trip - Jerry Cantrell

Takeover

UKのラジオステーションに「TeamRock Radio」というRock中心のステーションがあります。
このステーションには、毎週土日の昼12時~14時にアーティストが出演して自分たちの好きな曲を2時間かけまくる「The TeamRock Radio Takeover」という番組があります。
Alter Bridgeも2013年のFortressリリースのタイミングで出演していたようなのですが、当然その頃は聴けず。ですがたまたま、クリスマス~お正月企画として、2014年1月1日(日本時間の21時~23時)に再放送があり、直前にそれを知って運よく聴けました。UKと日本の時差は9時間なので、リアルタイムだと日本では夜の放送。でもむしろ夜聴くのにちょうどいい感じ。
Myles KennedyとMark Tremontiが出演していて、かなりバラエティに富んだプレイリストでとても面白かったので紹介します。

Playlist:
It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'N' Roll) - AC/DC
You're My Best Friend - Queen
Dethroned Emperor - Celtic Frost
Still Of The Night - Whitesnake
Orion - Metallica
FM - Steely Dan
25 or 6 to 4 - Chicago
High n Dry (Saturday Night) - Def Leppard
Dream Brother - Jeff Buckley
Angel Of Death - Slayer
September - Earth, Wind & Fire
Bright Lights - Gary Clark Jr.
Fast As A Shark - Accept
Admit Defeat - Monuments
Sir Duke - Stevie Wonder
The Hellion 〜 Electric Eye - Judas Priest
The Way It Is - Bruce Hornsby
Little Wing - Sting
People Get Ready - Rod Stewart & Jeff Beck
Blackbird - Alter Bridge
Great Depression - Nuclear Assault
I Shall Be Released (The Last Waltz) - The Band
Lenny - Stevie Ray Vaughan and Double Trouble

MarkのAC/DCから始まって、MarkとMylesが交互に曲を紹介する形式でそれぞれのリクエスト曲を紹介していたようです。Def LeppardとJeff Buckleyが続いたところはMyles、そこからまた交互に戻って、Stevie WonderとJudas PriestはMylesでその後また交互になります。つまり、Mylesの選曲が多かったということです。

MylesのリクエストがQueenから始まるのがいいですね。
Jeff Buckleyの曲からSlayerの曲を紹介するとき、Markが"one eighty"と言っていました。180度=全く雰囲気の違う曲っていう意味で言ったんでしょうね。そういえば、アンブロージアのアルバムにOne Eightyというのがあったけど、そういう意味なの?と思って調べたら、「The title of the album One Eighty was believed by fans to signal the group's "180-degree" change in direction. In actuality, it was so named because it was recorded in January 1980 (1/80). 」と書いてありました。180度違った方向性じゃなくて、単にレコーディングが1980年の1月だったってことだそうです。余談でした。

その後も、Slayerの次がEarth, Wind & Fireだったりして、まさにone eightyな選曲が続きます。Mylesも"September"の後に、「多分なんだこれってみんな不思議に思ってるかもしれないけど(自分たちもそう思ってるから)」みたいなコメントしてます。1つのバンドでここまでバラエティに富んだ選曲ってそんなにはないと思う(笑)。

Mylesが、Judas PriestやIron Maidenのような激しい曲を聴いてて、中でも強烈な…なんて言ってるところに何故かMarkが「Here's Wham! "Wake Me Up Before You Go-Go"」と曲紹介をしていました(実際に流れたりはしません)。そこでMylesの爆笑を誘っていましたが、正しい曲はAcceptでした。急に正統派な選曲に戻っちゃったから、Markが勝手に180度違う選曲を演出したのかな?
その次に流れたMonumentsはDjent系で、ソロツアーでWolfie Van Halenと一緒だった時に紹介されたみたいなことをMarkが言っていました。そして次はまたまた180度違うStevie Wonder。かなり個性のある選曲です。

Stingの"Little Wing"の時に、Mylesがギターソロのことを"very, very beautiful"と絶賛していました。このアルバムはたくさんゲストが参加していたから、誰がギター・ソロを担当してたかすっかり忘れてた私でしたが、彼はしっかりHiram Bullockと言っていました。(私が意識してなかっただけかもですが、おかげで覚えました。)この方は既に故人ですが、大阪出身の方だったんですね。といっても国籍は完全アメリカ人です。

私はMylesの選曲にかなりそそられました。ジェフ・バックリーやスティーヴィーは予想内ですが、スティーリー・ダンやアース・ウインド&ファイアーが聴けるとは(笑)。お正月からこんな感じで楽しいひとときを過ごせました。この放送は放送直後にOn demandで聴くことができたのでダウンロードし、ちょくちょく楽しんでいます。

ShinedownとSOAD

さて、昨日Amazonから届いていたブツの再配達があり、今日はShinedownの今日発売の新譜と、Theory of A Deadmanの4月にリリースされた新譜を聴いてます。
TOADはネットラジオでは聴いたことがあったけど、フルでアルバムを聴くのはこれが初めてだったりします。
噂には聞いていたけどやっぱりどこかにNickelbackの影が。
さわやかなNickelbackという感じですな(^_^;)
ちょっと気を許すとNickelbackを聴いているような気になるから、個性という点ではちょっと弱い。
楽曲は悪くないんだけど、そう何度も聴く気になれないのが残念。

Shinedownはリリースされる前から「Devour」がすごく気に入っていたので、このアルバムに対する期待はかなり大きいんです。
いい感じは伝わってきたけど、もっと聴き込まなくちゃ。

音を分割

今日はBGM関連だけ。

今日のBGM
KoRn: Issues, Untouchables, Take A Look In The Mirror
今はこの3枚がHeavy Rotation中。
Slipknot: Slipknot, Vol.3(The Subliminal Verses)
ちょっと息抜き。彼らの音を聴くと元気になります(笑)。

私が使っているネットワーク・ウォークマン用のソフト、SonicStageは、変換した曲を分割することができます。(他のプレーヤーができるかは不明ですが…)
たとえば、KoRnやSlipknotにありがちなシークレット・トラック。だいたいは最後にクレジットされている曲が終わったあと数分間の無音の後に始まりますが、この無音ってムダに容量使ってるってことだから必要ないし、早送りして飛ばすのは大変。
そういう時に分割機能が役に立ちます。私はこれでSlipknotの"Eeyore"もKoRnの"Earache My Eye"も"One"も、Coldの"Gone Away"も独立させました(笑)。

パワー?

体調悪かった昨日の夜、元気を出そうとSlipknotを聴きながらサマソニ目前のように首振って歌詞を見ながら歌っていたら、なんだか元気が出てきました。

実は最近Taprootばっか聴いてて、Slipknotは少しお休みしてたんですよね。
恐るべしSlipknotパワー(笑)。
少し生気が蘇ってきたみたいで、今日は昨日ほど体調不良ではありませんでした。
なんなんでしょ、ほんとに…(^_^;)
そして今日も、帰ってから同じことをやってます(笑)。
首振るのって、案外血行をよくする効果があるのかな?
まさかね(笑)。

と、冗談(?)はこれくらいにして。
最近ちょっと睡眠不足気味なので、しばらくは意識して睡眠時間を多くとろうと思います。
少しでも体の疲れが取れますように。

Mainstream Rock Tracks

こないだ購入したブルー・スカイ・リサーチがどツボ。何度もくり返し聴いて味わっております。(Billboardでは33位初登場だったようです。)ボーナストラックのStay Awayもいいので日本盤を買って正解でした。

Billboardのチャートを久々覗いてみたけど、私が今興味ある音は「Mainstream Rock Tracks」チャートに偏ってるらしい。

  1. Remedy - Seether
  2. Right Here - Staind
  3. Best Of You - Foo Fighters
  4. Doesn't Remind Me - Audioslave
  5. Photograph - Nickelback
  6. Colors - Crossfade
  7. Stricken - Disturbed
  8. Stand Up - Trapt
  9. B.Y.O.B. - System Of A Down
10. The Hand That Feeds - Nine Inch Nails
11. Brother - Dark New Day
12. Happy? - Mudvayne
13. Calling - Taproot
14. Question! - System Of A Down
15. Wake Me Up When September Ends - Green Day
16. Wasteland - 10 Years
17. Forget To Remember - Mudvayne
18. Before I Forget - Slipknot
19. Save Me - Shinedown
20. Guarded - Disturbed

9/3付けチャートはこんな感じらしいのですが、名前を初めて見たのは10 Yearsくらい。
気がつけばShinedownの新譜 Us And Them が10月リリース予定で、その先行シングル Save Me がエントリーしてるし。Slipknotの Before I Forget もけっこう長居してたんだな、とか、Traptも先行シングルがエントリーしてて、調べりゃ Someone in Controlが9/13発売予定だしとか、曲を見て得られる情報もけっこう多かったりして。Dark New Day の Brother もエントリーしてたり(元SevendustのClint Loweryと元StereomudのCorey Lowery兄弟のいるバンド)。Nickelbackもまもなく新譜が出ますし、Staindもアルバム Chapter V が#1になったり絶好調みたいだし(だけど私はAaronの歌い方が実はあんまり好きじゃなくて、長時間聴けなかったりする(^_^;))。

どこで好きと苦手に分かれるかは微妙ですね(笑)。昔好きでも、後で苦手になるものもある。不変じゃないので、All Timeでの順位は決められない。いつも「今聴いているもの」が自分のベスト。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Motley Crueのライヴまで3ヶ月を切ったのでそろそろ予習をと、ネットワークウォークマンにRed, White & Crueを転送してみたけどまだ聴いてない(^_^;)。Duran DuranのAstronautも転送してみたけど1回のみで。これから時間が空いたら聴くから…
転送したものもあれば削除したものもあって。入れててもほとんど聴かなかったのをとりあえず削除。それがAudioslaveのOut Of Exile。え、なんで?って思う人もいると思うけど、上に書いたように自分の音の好みが常に変わっていて、いま自分がこのミドルテンポに耐えられないようです。買ってから5回も聴いてない…(世間的には評判のいいアルバムですので誤解なきよう。)

今日のBGM(SK)

サマソニの予習、いや度が過ぎる予習になっている気も(^_^;)。

Disc IIが欲しかったのでVOL.3が2枚になりました(笑)。
私が持ってるVOL.3はどっちも2枚組。どっちも割高。
Disc IIに入っているのはシングルリリースされた "Duality" と "Vermilion"、そしてアナログでしかリリースされていない(と思う) "Before I Forget" のシングルに収録されているボーナストラックを集めたもの。

1.Don't Get Close - シングル[Duality]に収録
2.Scream - 日本盤VOL.3、もしくはシングル[Vermilion]に収録
3.Vermilion (Terry Date Mix) - これ、シングルミックスとは違うの?
4.Danger - Keep Away (Full-length Version) - 前にも書きましたが、途中はVOL.3と一緒ですがイントロからして違います。ちょっと異国情緒漂うような、彼ららしくない雰囲気。TOTAL TIMEは7:55。
5.The Blister Exists (Live)
6.Three Nil (Live)
*5と6は 2004/10/14 ストックホルムでのライヴ
(シングル[Before I Forget]の2種類の7インチアナログディスクにそれぞれ1曲ずつ収録されています)
※リンク先は音が出ます。実は5と6はここで聴くことができます。
7.Disasterpiece (Live) - 2002/2/16のロンドンアリーナでのライヴ(DVDと同じバージョン)
8.People=Sh*t (Live) - 2001/10/9のThe Allstate Arenaでのライヴ(ってなんだろ?と調べたらあの「Pledge of Allegiance」でした。)

3.のVermilion Terry Date Mix ですが、激しさが薄くなってるけど、アルバムバージョンではシャウトの陰に隠れて聴こえないコリィの声がはっきり聴けておもしろいかも。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ちなみにこのCD、紙のケースが上についてるだけで、引き抜くといままでどおりのVOL.3のジャケットが出てきますから、まるごと差し変わったわけではありません(笑)。
ディスク1のレーベル面は前と同じ黒になんか模様がはいってるやつ。ディスク2はそれの白バージョンです(ちゃんと模様入り)。一瞬「真っ白?手抜き?」と思ってしまいました(笑)。

今日のBGM:Flex-Able

スティーヴ・ヴァイが1984年に世に送り出したファースト・ソロアルバム。これは1990年以降CD化されたもの。

最初はもちろんアナログ盤で聴きました。
初期のは自主制作だったため探してもなかなか市場でみつかりませんでした。DLRBでネームバリューが上がったせいか、再プレスされたものらしき盤を日本でもみかけるようになったのは多分1986年秋以降。一目見てすぐ買ったもん(笑)。でも、一度みかけたらあっという間にどこでも見るようになりました。それがこのバージョンのジャケット。
flexable_red
聴いてその変態性に驚く。すぐ慣れたけど。この頃のスティーヴは歌がうまくなし(涙)。こんな声なのー?とちょっとがっくりしました。が、今では何故か大好きだ(笑)。一番好きなのは「Call It Sleep」。「The Attitude Song」はソロ・ツアーではほぼ必ず演奏されます。

その次にみつけたのはこのジャケットのLEFTOVERS。8曲入り10インチアナログディスク。
leftovers_yellow
In Side(A面)にはYou Didn't Break It/Bledsoe Bluvd/The Beast Of Love/Burnin' Down The Mountainが、Out Side(B面)にはSo Happy/Details At 10/Little Pieces Of Seaweed/Chronic Insomniaが収録されています。
「So Happy」の印象が強烈でした。実はあまり聴きこんでないアルバムなので、タイトルを見てもぱっと浮かばない(^_^;)。

そして、1998年にオリジナル8曲+未発表5曲でCD化されたのが、このLEFTOVERSです。
これもちゃんと聴いてない。いま聴いたら追加の5曲とオリジナルの8曲が区別つかないでしょう。かなり曲順が違いますし。

BGMは今日発売のこれ

STEVE VAIの新譜 Real Illusions: Reflections

今日はこれに尽きます。今日はただただ音を浴びているという感じ。

ところで、上のAmazonのリンク先、ご覧になっていただけました?
曲目リストが違ってるんですよ。
ここに書かれてあるのはMystery Tracks Archives, Vol. 3の曲目リストなんですが(^_^;)。
US盤のが曲目多いんだっけ?と気がついてよく見たらぜんぜん違う曲目。
Amazonにはこういうことがよくあるんです。これ見て間違えて買う人がいたら困るんだけど・・・・

今日のBGM (1/23)

そういえば、1/20はポール・スタンレーの誕生日だったんだっけ。
それから、123といえば12年前に某フォーラムの全体オフがあったっけ、なんて懐かしく思い出したりして。
そのときは土曜日だったけど。

Submersed - In Due Time

全曲がいいとは言えないかもしれないけど、数曲光るものがあって無視できない存在。
(Punisherの中に入ってる曲とこのアルバムの曲は多少雰囲気が異なります。)

Sting - Brand New Day

一時は記憶から抹消されてたアルバムで(笑)、だけどそれが逆にこのアルバムを注目する原因にもなり、おかげで昨日のライヴを120%楽しめたのでした。ホント、終わりよければすべて良し!

Taproot - Welcome

去年の年末から聴いてますけど、ほんといいですこれ。好き・嫌いは分かれるかもですが。
シングルになった1、2曲めより3曲め以降が好きです。
3曲目の "EVERYTHING"、4曲目 "ART" 、6曲め "WHEN"、10曲目 "LIKE" が特に好き。
以前RUSHっぽさを感じた曲は EVERYTHING と WHEN だったみたいです。
個人的見解では「アリスとRUSHの中間のような音があったとしたらこれ」なんですけどね(笑)。
2005年には恐らく新譜が出るでしょうし、個人的にはいま一番期待しています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー