2022/09/24

数日間の夜散歩

勤務している会社が、港区から中央区の外れにあるビルに移転しました。移転早々言うのもなんだけど、個人的にはあんまり好きな場所じゃないんですよね。けれど街歩きにはいい場所なので、会社帰りに1駅、2駅程度歩いています。

移転後の初出社は19日(祝日)の午後で、翌日からの業務開始の前に、自分の部署の荷物の片付けと、ネットワーク機器の設定確認の手伝いに行きました。

その帰り道。エクササイズの時間が足りなくてアクティビティのリングが達成していないためちょっと歩くことに。当初は勝どきまで歩く予定が、台風の影響で風が強く橋の手前でUターン。一番近かった築地駅から電車に乗って帰りました。

夜の築地本願寺。
2022091901

2日目は新橋駅まで歩き、日本橋に用があったので銀座線を使って帰りました。

3日め、無印良品銀座まで行きたくて銀座方面に向かい、その途中で通ったのがここ、GINZA SIX。旧松坂屋銀座店と隣接する銀座六丁目の商業地区を含む区画の再開発で建てられたビルですが、2017年のオープン以降全く足を運んでいませんでした。松坂屋銀座店に行っていた理由が、地下に無印良品があったからなので、今ははっきり言うと利用する目的がないのです。ごめんなさい。
2022092101

そして4日目。オフィス移転後の悩みのタネが、前のオフィスに通勤した時と比較すると運動量が減ったこと。前は電車の乗り換えも2回だったし、駅からの道のりに坂や階段が多かったのですが、それが減ったということなのかも。そして新オフィスに興味がなくて動き回らないから、終業後の運動量がいつもの半分。なので帰り道を歩いて運動量を稼いでいます。問題は天候ですが、この日は晴れていたので快適に帰れました。

まずは晴海通りに出て歌舞伎座へ。
2022092201

晴海通り沿いをまっすぐ歩いて隅田川テラスへ。見える景色は月島のマンション群。
2022092202

勝鬨橋を渡って隅田川の向こう側へ。
2022092203

橋の途中で見えた築地大橋。
2022092204

私が前回勝鬨橋を渡ったのは、トリトンスクエア内の企業に勤めていた2014年4月14日でした。当時はまだ築地大橋は姿を現していませんでした。たまたま通った時に撮った夕方の景色がこちら。(それから1ヶ月もしないうちに架けられていたなんて。)
20140414

築地大橋の整備を手がけたこちらのサイトによれば、2011年から橋の下部が着工され、特徴的なアーチ部分の架設工事が行われたのは2014年5月8日だったようです。(この橋に携わった企業のサイトには、その時の動画も載っています。)

新大橋通りと環2通りの交差点をストリートビューで見ると、2018年までは築地市場の青果門だったところが、築地市場の営業終了により取り壊され道路になっているのがわかります。築地大橋の向こう側の橋がなかった辺りを見ても興味深いです。2010年には建物があったのに取り壊され、その跡地に橋が架けられている。画像で街が変わっていく姿がうかがえるのは面白いです。

さて、今度はこの築地大橋を渡って見たいと思っています。

| |

2022/09/07

脳内再生のBGM

実際に聴いているわけではないのに急に頭の中で曲が流れることがないですか。浮かんで来る曲はなんでこの曲?っていう物が多く、何でか知らないけれどぐるぐると頭の中を支配する。当然ですが過去に聴いたことのある曲です。ちょっと前は歌謡曲が多くて「津軽海峡冬景色」とか「ジプシー・クイーン」とか。それは阿久悠さんの書籍を読んだり、明菜ちゃんのライブ映像を見たりしたからですね。きっかけはある。

しかし最近のはそういう外的要因はなくふと頭に浮かんだ感じ。ずっとぐるぐるしていたのは、U.K.のDanger Moneyに入っている曲でした。このアルバム、キャッチーで聞きやすいけど1曲1曲はちょい複雑な構成の曲ばかり。だいたいは脳内再生できていたのですがやっぱり原曲を聴きたい、ということでちょっと聴きました。

リリースは1979年3月ですが、たまたま(?)今のコロナ禍にはマッチしているジャケットになってます。

 

このアルバムはジョン・ウェットン、エディ・ジョブソン、テリー・ボジオのトリオ編成。実際にアルバムを聴いたのはリリースよりもちょっと後なんですが、リリース当時から広告などでこのジャケットは見かけて認識していました。Rendezvous 6.02 の憂いのある感じが好きでリピートするうちに他の曲にもはまりました。プログレッシブジャンルの曲って、曲の構成を覚えて音が体に馴染むともう面白くてしょうがないですが、このアルバムも歌メロ間のインストルメンタルの展開を楽しんで聴けるアルバムだと思います。脳内でぐるぐるしていたのは何故か3. The Only Thing She Needs ~ 4. Caesar's Palace Blues ~ 5. Nothing To Lose あたりの曲。

少し曲を聴きたくなったと思ったらプログレ色強いアルバムだった。ウェットンの声は良い。

 

ついでに、このアルバムのリリース直後の1979年4月にはQUEENが来日しています。U.K.も同年5月に来日しているらしいです(アルバムリリース直後、早いよね)。招聘元「音楽舎」だったんだ。以前あったプロモーターで86年に倒産してますね。(その年のDioの来日公演が中止、チケット代が払い戻しされなかったということが話題になっていました。)事務所は代々木辺りだった覚えがあります。この年の来日の頃はまさかバンドもプロモーターもその後に消えるとは誰も思ってなかったでしょう。

| |

2022/09/03

1969-2022

再開発で消えた歩道橋の姿を記録に残すために。

港区の八幡町(はちまんちょう)歩道橋は、桜田通りにかかる歩道橋でした。
位置でいうと、オランダヒルズ森タワー手前と、再開発で壊される前はヒカリ薬局や翁寿司などの店が建ち並ぶ商店街にかけて架けられていました。架設年度は1969年らしいので東京タワーよりも後ですね。この付近は神谷町交差点と麻布台一丁目の信号まで横断ができないので、この途中で向こう側に渡りたいときにすごく不便です。2015年頃から2018年の間は、現在NCOメトロ神谷町ビルと繋がっている1番出口がビルの建て替え工事のために閉鎖されていたため2番出口からしか出られず、すごく混雑したし不便だったのを覚えています。道路の向こう側に行きたい人が、車通りがないのを見計らいながら渡ろうとしているのをよく見かけました。そういう人は歩道橋は使わなかったかもしれないけど、この歩道橋は人知れず役に立っていたと思います。私もよく便利に使わせてもらっていました。

神谷町駅を出てすぐあたりから麻布台にかけた一帯が再開発のため解体され、建設工事が始まってからだいぶ時間が経過しました。昔このあたりに何があったかを思い出すのも困難になるほど記憶が薄れています。ある意味、この歩道橋がだいたいの位置を思い出せる目印になっていました。しかし7月7日20時で通行不可となり撤去されるお知らせが出されました。この辺りに新たに交差点が設置されるようです。この古くて錆び付いた橋を、再開発と共に取り去りたいのだろうな・・・

2022083101

7月7日の朝の様子です。
2022083102

7月7日の19時40分に、利用できるのもこれが最後かなと思いながら歩道橋の上から撮影した建設中のビル。
2022083103

まだ姿はそのままありますがシートがかかっています(7月14日)
2022083104

階段部分が無くなっていました(8月15日)
2022083106

そして現在。橋桁と橋脚はおそらく8月20日~22日の間に撤去されたと思われます。(23日が出勤日でその時に気づきました。)脚台の辺りは覆われてはっきりとは見えないのですが、橋脚が切断された丸い跡がチラっと見えました。そのうち壊されて無くなるのでしょう。
2022083105

毎日見てきた歩道橋なだけに、無くなったのを初めて観た瞬間の違和感が半端なかったです。見晴らしはよくなったけど何かが足りないような感じがしました。きっとそのうち見慣れてしまうのでしょう。今は、この写真の郵便ポストが昔を思い出す目印に変わりました。昔このあたりにアビスカというインド料理屋さんがあって、翁寿司とその店の間に道路がありました。そんなこともおそらくいつか忘れてしまうのかな。

再開発が完成する前にこの辺りは勤務地ではなくなるけれど、そうなってもたまに遊びに来ると思います。

| |

2022/08/30

ハピバでケーキ

年のせいか最近は以前ほどスイーツ(洋菓子)に興味がなくなった私。生クリームたっぷりのケーキがダメになりました。だけど今日はケーキを買って祝いたい松潤の誕生日。

なので、大丸東京のヴィタメールでケーキを買って食べました。多分右側のやつ(ミロワール・カシス)は去年も食べたかも。なぜなら紫色だから。
左はシュマン。この2つ、どちらも甘酸っぱくてさっぱりしてておいしかった。

誕生日おめでとう。

20220830_wittamer

| |

2022/08/27

東所沢へ

26日に角川武蔵野ミュージアムに行ってきました。

この日は大宮通院の日で、午前9時30分からの診察予約で午前中には終わる予定でした。その後大宮LOFTに行くのまで決めていましたが午後はまるっと空いていました。気にかけていたのは、ところざわサクラタウンの角川武蔵野ミュージアムで開催されている岩合光昭さんの「こねこ」展。場所が遠いので諦めかけていたけれど大宮からなら家からよりも近いだろうし、写真展は9月4日まで。天気もそんなに悪くない。今日行かなきゃ!と思い立って急きょ目的地を変更。帰宅のための上野東京ラインではなく、東所沢駅へ向かうために京浜東北線のホームへ移動。

東所沢駅は武蔵野線沿線です。所沢という名前から最初西武線沿線を想像してたけど違った。武蔵野線を利用することがめったにないので駅名を聞いてもどの辺りなのか想像がつかなかったけど、マップを見てようやく理解。所沢市って思っていたより広いんですね。隣は新座市、清瀬市、東村山市で、少しだけ位置関係が把握できました。以前やはり岩合さんの展覧会を観に狭山市立博物館に行きましたが、それよりもだいぶ東京寄りで、気持ちが急に楽になりました。

岩合さんの写真展「こねこ」は4階のエディットアンドアートギャラリーで開催。9月5日からは「世界ネコ歩き2」展になります。
2022082601

角川武蔵野ミュージアムは東所沢駅を出てすぐの道路を右に進み、西松屋の横の東所沢公園を通り抜けると見えてきます。公園の緑が気持ちいい。公園を抜けると交通整理のおじさま方がにこやかにお迎えしてくれます(笑)
2022082603

ところざわサクラタウンと名付けられた文化複合施設 。右の建物は角川武蔵野ミュージアム、左はジャパンパビリオン。奥はオフィスやショップ&レストラン等の複合ビル。
2022082602

左手になぜか大魔神像。奥は武蔵野坐令和神社。
2022082604

4階のエディットアンドアートギャラリーの隣にあるブックストリートに続いている本棚劇場。ここ、紅白で観たことある(笑)
2022082605

時間が許せば1 DAYパスポートを買って存分に楽しみたかったのですが、KCMスタンダードチケットでの入場でした。ゴッホ展を観なかったのはチケットの都合ですが11月までやってるし、次の「世界ネコ歩き2」のためにまた足を運ぼうかな。26日は空模様が微妙だったので雨傘を持って出たのに全く出番なく、予想に反してむしろ日傘が必要でした。これだけが失敗。

| |

«劇場版ねこ物件